アンバサダーを務めさせていただいている

カジテックさんから

夏色ビタミンカラースナップが届きましたラブ

 

image

見ているだけで元気が出るカラーですね

この地方も昨日梅雨明けして(こんなに早くてちょっと心配だけど・・)

ギラギラと太陽が朝から照りつけてますアセアセアセアセ

 

 

先日告知したクールバンダナもやっとこさ完成しました

 

 

 

スナップに合わせて夏らしくて可愛い生地をチョイス

前回の事前告知ではデニムを使いましたが

ビタミンカラーのスナップには夏らしい生地が似合いますよね

 

 

それにニット方が肌触り良くて 程よくフィットするので

ニット生地にしました

 

 

 

 

 

生地の種類は赤とこの黄色

 

ピンク

の3種類となっています

 

 

 

 

裏側に保冷剤を入れるポケットが付いています

吸水速乾性、通気性のあるメッシュ生地です
スポーツウェアなどに使用される
型崩れしにくい高機能メッシュ生地ですが
ストレッチなので保冷剤を入れるとカタチが崩れる可能性も考慮し
 
 
 
 

ポケットの入り口に芯を貼ったり

 

ポケット底は負担がかかるのでダブルステッチにしたり

少し工夫をして強度を上げています

 

 

スナップは前回の企画同様

自由に選んでいただけるスタイルにしたいと思います

 

 

明日インスタ内で応募を開始します

 

もちろん生徒さんも応募OK!

生徒だからダメかも・・・と思っている方、遠慮無くご応募下さいね

 

 

 

 

 

やって参りました!

プレゼント企画

 

 

・・・の事前告知(応募はまだだよ~)

 

 

 

1年に4回

アンバサダーを務めさせていただいている

カジテックさんから季節カラーのプラスチックスナップを頂いて

それで作品を作るんですが

 

 

 

沢山頂くので、使い切れないし、せっかくなら皆さんに還元したいと思い

インスタ内でプレゼント企画にしています

 

 

 

前回の春色スナップはこの着せやすいタンクトップでした

 

 

 

今回もミーティングの時に

夏色スナップのお話をうかがって

そろそろ考えなくちゃ~って

(まだ届いてはいません)

 

 

 

付け衿作ってみたり (プラスナどこ?滝汗

 

 

後にもない・・・ 作ってみたかっただけというのはナイショニコニコ

 

 

後を前にすると、ちょっとさみしいから真ん中に飾りでプラスナ付けようかな・・

image

いやいや!飾りもいいけど、

やっぱりプラスナじゃないと!っていう使い方したい

 

 

 

 

ならば結ぶタイプでなく、プラスナでとめる付け衿にしたら・・・

image

かわいいけど、ピンとこんなぁ~

 

 

 

 

服もいいけどね

夏は薄めのタンクトップとかが多いから、

あんまりプラスナの良さが発揮できないのよね

 

 

 

むむむ・・・・・チーン

 

 

 

 

 

 

で、コレにしました!

クールバンダナ

 

 

裏に保冷剤を入れるポケットが付いてるバンダナです

image

 

 

保冷剤を後に回してもかわいいラブ

 

 

じゃあ前はどうなってるかというと

 

 

付け衿みたいでしょ

前も後もかっこいいクールバンダナ爆  笑

 

 

 

もちろんこのスナップはカジテックさんのプラスチックスナップ

次回作るときは衿を丸にしてもかわいいかも~

 

 

 

クールバンダナで結ぶタイプやマジックテープタイプは

サイズが限定されない所がいいよね

 

 

でもマジックテープ嫌いなワンちゃんとか

結ぶのに手間取っちゃったりってのもあるかもしれないから

 

 

 

今回はこれにき~めた爆  笑

 

 

 

今回は試作品だから自分の好きな生地で作っちゃったけど

夏色スナップが届いたら、その色に合わせて生地を選びま~す

 

 

 

インスタ内での企画なので

いつになるかわからないけど

もし良かったらちょくちょくチェックしてみてください

 

 

 

犬服教室 Cocha★9 コチャナイン 愛知県 岡崎市

 

 

でけた~っ飛び出すハート飛び出すハート

 

 

やっと出来ました爆  笑

 

 

 

犬服補正講座のテキスト

全89ページ

いつの間にか超大作になってしまいましたキラキラ

 


 

背表紙 ふふふっ 会話してるわ

image

 

 

中身をちょい見せ

 

 

 

補正講座は「犬服研究科」の中の1講座となります

私が犬服講座を始めた時からやりたかったこと

 

 

それがこの「犬服研究科」を作ることなんです

 

 

犬服ってまだまだ歴史が浅いし

犬服で困っている事も知らないだけでたくさんあるだろうし、

もっともっと良い物が出来る可能性を秘めていると思うんです

 

 

 

ただ、それを私ひとりで、どうにかするのは不可能

 

 

 

飼い主さんのライフスタイルや好みはもちろん

犬種や年齢、性格が違うだけで、必要となる洋服のカタチや

求められる機能も違います

 

 

 

基本的な補正をこの講座でやっていきますが

その中で生徒さんが今直面している困っている事

こういった時はどうしたらいいのかな?なんていう疑問

こんな物を作りたいという希望

 

 

 

それをみんなで共有して

意見を出し合い、試してカタチにしていく

 

 

 

みんなで研究していくというスタイル

私もその中ひとり

 

 

犬服を自分たちの力でもっとよりよい物にしていく

それが「犬服研究科」です

 

 

今私がやっている「皮膚炎ワンコのためのお洋服」もそのひとつ

 

 

 

補正講座はそのスタートで

この先、研究が進めば講座を追加していく予定です

 

 

 

「研究なんかしたくない!ただ、補正したいだけ!」という方が

大半ですよね

 

 

それでいいんです!

補正したいって事は困っているからですもんね

困っている事を共有してくれる事が研究材料のひとつとなるので

むしろ大歓迎飛び出すハート飛び出すハート

 

 

 

 

補正講座はある程度犬服を作れると理解が深まるので

ベーシックかステップアップ講座を受講後に受けられる講座にする予定です

 

 

 

 

 

近日モニターさんとの講座を開始予定なので

その後決めたいと思いま~す

 

 

犬服教室 Cocha★9 愛知県岡崎市

 

皮膚炎のワンコのためのお洋服作りプロジェクト

今回で7回目となりました~拍手拍手拍手

 

 

試作品第3号も出来上がりましたよキラキラ

 

 

その1はこちら

 

前回はこちら

 

 

 

今日は試作品も終盤ということで モフに試着してもらいました

 

 

横から~

 

前から~

試作品1号、2号は同じ生地で代わり映えがしなかったので3号はアイスちゃんでソフトクリーム

 

 

 

 

基本的な仕様は2号と一緒ですが、変えた部分をご紹介照れ

 

 

 

まずは1つ目、ネック部分

基本のカタチは同じです

 

 

 

前回は矢印の部分に縫い目があったんですが

(2枚の生地を縫い合わせていた)

1枚の生地にすることにより縫い目を無くしました

どの部分でも言える事ですが、縫い目があると、その部分が伸びにくくなります

今回のような超ハイネック自体、着せにくいカタチなので、こうすることにより

首回りが伸びて着せやすくなると思います

 

 

 

 

2つ目、袖口のリブを無くしましたチュー

 

 

前回までの袖口

袖口にリブ(別布)を付けると必然的に縫い目が出来ますが

皮膚の刺激にならないように外側に縫い目を出していました

 

 

 

昔じゅなちゃんにお作りしたロンパースは皮膚が落ちないように

袖口を締める目的でリブを付けていましたが・・・

 

 

 

よくよく考えるとリブ無しでもそこまで落ちないような気もするし

 

 

この部分って顔をこすったりする時に

当たる可能性がある部分だから、この出っ張りはない方がいいかな・・・

image

ということでリブをやめ、余計な縫い代を無くしました

 

 

 

 

3つ目は前回「股~お尻」の部分が短くて、シッポがギューってなってたので

image

 

 

 

型紙を補正してみました

・・・・・が写真では差がわからな~いアセアセ

実際には3号の方は、かなりゆとりがあります

 

 

 

 

そしてもちろん「パッカーんキラキラ」は健在です

image

今回はモフにモデルになってもらい

脱ぐ所の動画を撮りましたがアメブロでアップできない(ナゼ?)

 

 

 

インスタにアップしておきます

 

 

 

 

 

とりあえず、この試作品3号をじゅなちゃんに着てもらい

カタチやサイズが大丈夫か?もっと改善したい所があるか?など

フィードバックしてもらおうと思います

 

 

 

犬服教室 Cocha★9 愛知県 岡崎市

皮膚炎のワンコのためのお洋服作りプロジェクト

 

 

その1はこちら

 

 

 

前回のお話

 

今回は試作品第2号の紹介の続きです

前回は袖回りのカタチやエリ、縫い目を改善したお話でしたが

 

 

 

今回はキモとなる「脚まわり」のこだわりです

 

 

 

前々から頭を悩ませる「ロンパース脚入れ問題」

ロンパースって上を着せてから、後ろ脚を入れるから

結構着せづらい洋服のカタチ

 

 

 

 

 

ただサイズを大きくしただけだと、脚の付け根が大きく出てしまったり

脚が抜けやすくなったりと、なかなか難しいところ

 

 

 

 

以前介護が必要なワンちゃんや、腰が悪いワンちゃん用に

「パッカーん」を考えて

 

 

 

 

1号もそれを採用して作ったんですよね

image

 

 

でもこれって・・・・

ボタンが足首にあると当たって痛いかも・・・

 

 

 

これはMサイズだけど、SSサイズとかで小さくなると

きっと痛いかな・・・

 

 

 

 

ということで

小さいプラスナにしてみました

image

1号が13㎜を使ったのに対して

2号は9㎜を使いました

 

 

 

 

でもね~

できれば、細い足首にスナップがないのがベストなんだよねショボーン

・・・で考えましたよ 

 

 

 

 

ポクポクポク チーーーン電球

 

 

 

 

 

 

とにかく脚入れがしづらい原因は

パンツの脚入れ部分が小さいから上差し

 

 

できるだけここを広くしておけば

足首の部分が「ぱっかん」しなくても良くない?

 

 

 

 

でね、脚の根元はプラスチックスナップだけど

足首の方は縫い止めてみました

 

 

脚入れする時は上のスナップを外せばここまで開きます

こっちの方が良くないですはてなマーク

 

 

 

もちろんプラスチックスナップは1万回の脱着テストや、

引っ張りテスト、お洗濯試験など数々の検査機関のテストをクリアした

カジテックさんのプラスナップ

 

 

 

 

着用回数が多い物なので、生地も副資材もしっかりした

安全な物を使います

 

 

 

これで大体の枠はできました

 

・・・が一つ問題が

 

 

 

 

今回ベースに使用した型紙の股ぐりが小さい感じ

ロンパースやパンツであるあるですが

股ぐりが短くてシッポがギューってなっちゃう

 

 

 

 

これはまた補正しなくちゃですね

 

 

 

 

 

補正して試作第3号ができたら、

じゅなちゃんに着てもらえる日も近いな!