ドローンでの領空侵犯

テーマ:

 

 

 尖閣諸島でシナがドローンを使用して領空侵犯。

 イヤー・・・

 シナも色々考えるもんですね、

 そのシナのドローンに対して、航空自衛隊のF15戦闘機やE2C早期警戒機等4機がスク

 ランブルしたそうですね。

 ちっぽけなドローンであってもいち早く察知し全力で対処する日本政府の態度には、シナ

 も驚いたでしょうね。

  政府と自衛隊の素早くかつ適切な対応に感謝と拍手を送りましょう。

 日本側の対応が何もなければ、ドローンを尖閣に不時着させ、それを口実に尖閣へ上陸し

 てあれやこれや因縁をつけようとしていたのかもしれませんが、日本側の本気の対応に、

 そそくさと退散したようですね。

 シナ共産党は、自国メディアのせいにして責任逃れのコメントを発表したようです。 


 ここまでは日本側の対応は素晴らしかったと思うんです。
 でも、「毎回緊急発進すべきか疑問」や「自衛隊疲弊の恐れも」の見出しの文字も。 
 政府にしろ、メディアにしろ危機意識の迷走感が半端じゃない。

 自衛隊が疲弊しようがやるべきことは断固としてやるべきでしょう。

 政治家も疲弊しろよ・・・

     「毎回緊急発進すべきか疑問」

 これを平気で言える政治家の頭の方がよほど疑問ですよね。 
     「自衛隊疲弊の恐れも」

 なんて他人事みたいにのんきなことを言ってるマスコミは、それを防ぐために今こそ尖閣に

 自衛隊の基地建設を国民にアピールすべきでしょう。 
 尖閣が日本の領土である以上毅然たる態度で他国の干渉を排除し、領土に関する断固たる意思
を示す絶好の機会です。

 それにしても自衛隊、ありがたい存在ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD

ミサイル避難訓練

テーマ:

 

 

今のところ北朝鮮からのミサイルに対してこの国で実行可能なものは避難訓練だけみたい

ですね。

いくら迎撃ミサイルを並べたところで、ボタンを押す決断を下せるのか疑問です。

避難訓練とはいっても、運を天に任せて逃げ散らかす、ついていれば生き残るかも?って

所でしょうか。

心強い限りですね。

果たしてどこに落ちるのか?

付近に落ちたミサイルが、ABCのいずれかであれば、どこへ逃げても無駄なような気が

します。

普通の弾頭のミサイルだったら運が良かったなんてことに・・・

政治家にとって、それをあまり気にしていないような国民はありがたい存在ですよね。

 

それにしても避難訓練などは負け戦の時にやるものではないのでしょうか。

開戦もしていない今やることではないでしょう、相手に間違った印象を与えるに違いない。

今やることは、毅然たる態度でミサイルを撃たせないようにすること。

日本に対してミサイルを撃てばお前の国は間違いなく滅びる、とのメッセージを明確に伝

えることでしょう。

国民に向かって避難を説くより、相手国に向かって手出しをさせないことが大事でしょう。

遺憾の意だけではなめ散らかされます。

その上でこそっとする避難訓練なら有かも。

 

ところで、核兵器の所持は出来そうにないので、それなら浮いた予算を核シェルターに回

していただきたい。

シェルターがあればミサイルに対する事前の避難訓練も現実的なのですが。

迎撃ミサイルよりも逃げ込めるシェルターの充実ほうが今の日本にはお似合いかもですね。

現実的な避難訓練をしているのは政治家だけだったりしてWWW

話が通らない敵対国に対しては、攻撃は最大の防御ですよね。

 

そんな中で、何事も無いかのようにゴールデンウイークへ、色々言っても日本はありがたい

国ですね。

そんな日本に感謝して今日も日の丸の国旗を門前に掲げました。

今日の青空をひとしお青く感じました。

いつものことですが、うちだけです正月ですら国旗を掲げる家はない、寂しいことです。

 

 

 

 

 

AD

久しぶりのあれこれ

テーマ:

 

 

 ずいぶんと間が開いてしまいました。
 この間も新聞テレビは見ておりましたが、安倍政権のおかげでしょうか余り不満もなく
過ごしております。
 でも、東京や大阪はそうもいかないようで、毎日のように新聞テレビが大騒ぎ。
 東京の魚市場の移転に伴うごたごた、大阪の小学校新設に伴うごたごた。
 大変なようですね。
 魚市場の方は、築地はいかにも捨てがたい感があったのですが、このところのメディア
 の大騒ぎのおかげで、豊洲のネームバリューも大いに上がり、流通に際して豊洲のマグ
ロと銘打ってもあまりそん色ない様な・・・
 ごたごたの本質はそこではない、と、言えばそうなんですが。
 このまま安全云々言っていても、どうしようもないのではないでしょうか。
 この世に時間が流れている以上すべてのものに変化は訪れる、絶対案全など有るはずも
ない、危険も又然り。
 今、現場の汚染状況は、偏った使い方をしない限り安全だそうです。
 小池東京都知事もこのへんで肩の荷を一つ下ろしたらどうでしょうか。

 大阪の小学校新設に伴うごたごたの件ですが、米百俵の時とは打って変わったマスコミ
の論調ですね。
 国の将来のため窮乏する財政の中、国家の財産である米を学校建設のために使った。
 米百俵とは、要するにそういうことだと思います。
 いま日本の財政が窮乏しているとは思いませんが、遊んでいる国有地を新たな小学校建
設のため払い下げをした。
 そう言う事だと思いますが、その代価が異常に安いのではないかと野党やマスコミに叩
かれている。
 ここで米百俵のときあれほど持ち上げていたマスコミから、その思いの断片すら出てこ
ない不思議。
 政治家の関与にしても、国の将来をおもんばかるのは政治家の本業、金をもらっての口
利きであれば何をかいわんやでありますが。
 いやいや、この学校は思想的に偏っているとの声が聞こえてきますが、そうでしょうか
日本の教育の偏りは、日教組批判とともに指摘を受けていたと思います。
 このたびの小学校の教育方針が日の丸、君が代を重視した保守寄りの学校であつたこと
が聖なるマスコミの因縁の付け所だったのかもですね。
 それよりなにより、朝鮮学校への土地払い下げの件はどうなったんでしょうか、是非聖
なるマスコミによる不正の解明をお願いします。
 こちらは、米一粒もやる義理はないと思います。
 
 
 
AD