まだ若い・・ゴビヤールのロゼ | ワインな日々~ブルゴーニュの魅力~

ワインな日々~ブルゴーニュの魅力~

テロワールにより造り手により 変幻の妙を見せるピノ・ノワールの神秘を探る


テーマ:
ワインな日々~ブルゴーニュの魅力~
J.M.ゴビヤール エ・フィス ブリュット・ロゼ NV
購入日    2012年11月
開栓日    2012年12月2日
購入先    ウメムラ
インポーター 豊通食料
購入価格   2980円

テレビを付けると選挙に関する報道ばかりである。
前回の選挙から3年半、わたしも学習して、政治家が歯が浮くようなことを言っていても、
斜に構えて聴くようになっている。

先週になって「卒原発」を掲げた未来の党という新党ができて、
まるで3年半前の民主党とそっくりのマニフェストを出してきた。
なるほど、小沢一郎という政治家は、こんな形で選挙を戦うつもりだったのか、と思った。

かつて自民党幹事長を務めた小沢一郎がバックにいる政党が、東京都知事選では
社民党と同じ候補を支持し、総選挙では社民党と選挙協力している。

勝谷正彦というコラムニストは、いつもテレビ番組で元社民党の田嶋陽子と正反対の主張を
しており、きっと社民党を大嫌いだと思うのだが、熱烈な小沢信者である。
さっぱりわけが分からないが、外から見えることだけからは分からない事情もいろいろ
あるのだろうか。


さて、六覚燈でお馴染みのゴビヤールだが、ウメムラさんで安く売りに出されていたので
ちょっと購入してみた。

毎度のブリュットのミレジムものもかなり安く出ているが、
昨年六覚燈で開けてもらった際の透明感が今でも忘れられない。

おそらく新しくデゴルジュマンされたものと思われ、まだシャバシャバしていて
水っぽく感じる。

シャンパーニュには飲み頃があり、それは1本1本異なるのだが、ヴィンテージや
デゴルジュマンが表示されていないと、開け頃が分かりにくい。

こんな普及品のシャンパーニュにまでうるさいことを言うな、と言われそうだが、
半年して開けると明らかに別物になっていたりするものもある。

あと2本購入したが、これまたお蔵入りである。
しばしば忘れていて、2年後に発見して老けていたりする。
それを考えると、1人で評価できる酒の種類なんて、たかが知れている、と思う。


griotteさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ