こだわらなければこれでよし・・ボーモン | ワインな日々~ブルゴーニュの魅力~

ワインな日々~ブルゴーニュの魅力~

テロワールにより造り手により 変幻の妙を見せるピノ・ノワールの神秘を探る


テーマ:

ボーモン・デ・クレイエール グラン・プレステージ・ブリュット NV
購入日    2007年2月
開栓日    2007年10月2日
購入先    かわばた
インポーター モトックス
購入価格   2950円

遅れついでに、少し前に開けたシャンパーニュも記録しておく。
このボーモンさんは非常に良心的な造り手で、質が高いのに価格は驚くほど安い。
そして味わいは常識的。
当たったRMに見られるような、ちょっとひねった粋さというのはこれにはない。

4月に開けたときには開栓早々に少し甘さを感じたのだが、今回もほぼ同じ。
これでブリュットなのだから、わたしはやっぱり甘さは最小限でいいのだ。
協同組合ものなのだそうで、価格も極めて安く、こだわらなければこれでよし。
まだシャンパーニュの方がブルゴーニュより深刻ではない。

griotteさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス