ワインな日々~ブルゴーニュの魅力~

テロワールにより造り手により 変幻の妙を見せるピノ・ノワールの神秘を探る


テーマ:

フィリポナ クロ・デ・ゴワセ ブリュット モノポール 1991
開栓日    2006年7月20日
購入場所    弘屋
インポーター 玉喜

今日の午後大雨の中、CDショップで久々にCD数枚を購入した。
ヨハンネス・オケゲム 世俗音楽全集(LPはあり、CDも多分すでに保有しているが、あえて購入)
ラフマニノフ交響曲第2番 アンドリュー・リットン指揮ロイヤル・フィル
(この俗っぽい曲のCDは1枚もないことに気付いて購入。なるだけロシア臭のない演奏を選ぶ)
ブルックナー交響曲第3番 クナッパーツブッシュ指揮 Bavarian State Orchestra 1954
(クナの3番は何種類もあり、未保有の可能性があるため購入。きっとダブりだろうな。)
クナッパーツブッシュ その生涯の秘密(DVD)(これは稀少な映像)
武満徹 鳥は星型の庭に降りる 他 オールソップ指揮ボーンマス響
(この人は20世紀最大の天才作曲家である、とわたしは信じる)

我ながら偏った音源収集者であると思う。
クナッパーツブッシュの第3番で最も有名なのは、英デッカに残した53年のウィーン・フィル
とのスタジオ録音である。
昔から宇野功芳もベタ褒めの演奏だが、わたしはこの録音はまったく好きではない。

同じウィーン・フィルで、1960年ころのライヴ録音が最近オーストリア放送協会から出てきたが、
こちらの方がずっとスケールも大きく、録音状態もひけを取らず、数段優れた演奏と思う。

物議をかもしているのが、1964年のミュンヘン・フィルとの最後のコンサートのライヴである。
事前に真面目に練習しているのか、と思うほどオーケストラの統制が取れておらず、
テンポも異常なほど遅く、普通の人間なら指揮者の良識を疑う。

この演奏、評論家を含めて褒めている人を見たことがないが、実は一番面白い。
第4楽章の終結部では、冒頭のテーマが強奏されて締めくくられるが、
そこでは音楽が極端に速度を緩め、止まってしまう寸前となる。
まともなリズム感を持っている音楽家には、こんなにひどい演奏は不可能だ。ほとんどビョーキである。
ここまでめちゃくちゃな演奏は当然他の指揮者では聴いたことがないが、こんなものが後世に
残されているのだから、クナという指揮者は相当に幸せな人間である。

CDショップに寄ったあと、今日は弘屋に繰り出した。それを書こうとしたら話がそれた(それすぎ)。
今夜も、クナの1964年の録音みたいにすごい夜だった。

最初に供されたのがこのシャンパーニュである。
オーナーシェフの菅沼さんから、シャンパーニュとしては珍しいモノポールで、シャルドネです、
と説明を受けたが、あとで調べると、シャルドネとピノ・ノワールのブレンドらしい。

確かにエチケットには、堂々と畑の名前が謳われている。
モノポールのシャンパーニュは、これ以外にはクリュッグの「クロ・デ・メニュル」しかないそうだ。

栓を開けただけではっきり漂う芳香、濃いめの黄金色。
口に運ぶと、予想通りの濃厚でどっしりとしている。
去り際に蜜のような甘い残り香を舌の上に漂わせ、驚くほど余韻も長い。
ちょっとアペリティフに、という爽やかな泡ものとは明らかに一線を画す、重量級のシャンパーニュ
であった。

あとで価格を調べると、このヴィンテージでも何と20000円前後もする。
価格を聞いて納得する、という程度の価値観しかわたしに無いのが恥ずかしいが、
これほど深遠なシャンパーニュは、確かに経験が無い。

しかし、今夜このあとで開栓したワインを考えると、これは単なるプレリュードであったわけである。
わたしが知る限り、ワインに関してはこの店は、というか菅沼さんは、
六覚燈にも引けを取らないと思わせる実力があるとよく分かった。

CDショップに寄る前に、阪神百貨店のワイン売り場で、ソムリエ(と思われる)Kさんと
30分以上ブルゴーニュについて意見交換してしまった。
大阪にも、ワインに正面から取り組んで真面目に仕事をしている人物がいる、ということが
今日はよ~く分かった。

それにしても・・・弘屋おそるべし(続く)。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

griotteさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。