タイ政府に提出するタイ語の書類、例えば結婚届や、出生届、登記簿などは、ただ翻訳するだけであれば、何の問題もなく翻訳できます。

しかし、いざ申請となった際、政府側の担当者や弁護士、税理士によって、やり方、受理の基準がが大きく違うため、想像を遥かに超えて時間がかかることが数多くございます。

弊社でも完全に把握できているわけではなく、詳しくは、御社、あるいは、個人のお客様お一人お一人が依頼をされる事務所、代行所の担当者と細かく打ち合わせをしながら、どの書類の翻訳が必要か、翻訳証明書にはどのような文言が必要かお決めいただく必要がございます。

予めご了承の上、ご依頼の際は、余裕を持ってご依頼くださいますよう、お願い申し上げます。