いつもブログにお越しいただきありがとうございますピンク薔薇



シン・エヴァンゲリオンについての考察を

色々と読んでみて、これは!と感じたので


今日はマリについて書いてみようと思います。




エヴァンゲリオンの世界で

シンジが救世主イエスだとしたら


マリはマグダラのマリア

という見方ができるのですが



そうだとしたら、ぴったり!

シン・エヴァンゲリオン劇場版予告より


マリは″女性″なのにとても強く、

戦闘中も楽観的で飄々としています。


誰に対しても同じように接し

率直で裏表のない性格。

見てて気持ちいいんですよね。







マグダラのマリアのイメージ像って

あまり出回ってないのですが


淑女であることが多くて

映画「マグダラのマリア」より

ルーニー・マーラのマリアは芯が強そうで

とても良かったけれど、それでも

控えめに描かれている印象でした。




イエスはパートナーがいたからこそ

大きなことを成し遂げられたのだろうと

思います。



2人のエネルギーが循環することで

癒し手であるイエスのエネルギーは

枯れることなく拡大できたのですよね。



そのためには

マグダラのマリアも自分のすべてを

解放していたはず。





達観していて、動じず、
シンジくんをいつも見守っていた様子は
まさにマグダラのマリアのエネルギー
感じました。


最後も良かった!





マグダラの書

マグダラのマリアとのチャネリング内容が

本になっています。

 



マグダラのマリア、イシスが好きな方

ツインレイを目指している方もぜひ✨



マグダラのマリアがどんな存在だったのか

イエスとの関係性、性秘術についても

知ることができます。




最後にマグダラのマリアからの

メッセージをご紹介します。



新しい地球への道はシンプルです


罪なし

恥なし

後悔なし


かくあるように

                                         マグダラのマリア




私たちには

罪なし!

恥なし!

後悔もなし!



あなたがそう思えないのなら

私がそれを赦してあげる。




「いい女」像が変わっていきますね♪





こちらもぜひ☆

【シン・エヴァンゲリオン】新しい世界線へ 



★MotherMaryおすすめ★



ヒーリングサロンMotherMaryはこちら▼