五葉松 管理方法 | グリーンスケープのブログ

グリーンスケープのブログ

2005年より中目黒でスタートした
植物を中心としたインテリアショップ
コケ玉、ミニ盆栽、オリジナルの盆栽鉢などを扱い
都会生活の中でも四季を感じながら心豊かに暮らしたい
そんな思いを、季節のインテリア商品と共にご提案しています


テーマ:

五葉松

他の松に比べると高山性の植物で、本来は涼しい場所に

自生しています。暑さには強いですが、

あまり日差しが強いと根が傷みますので、日差しの強くなる

5月以降は半日陰や日よけの下で管理しましょう。

 

週に1~2度、希釈したハイポネックスで葉水をすると

葉色がよくなり、元気に育ちます。

 

<管理場所>

春は成長期ですので、出来るだけ長く屋外で管理してください。

夏は午前中程度、後は半日陰。

冬は霜の降りない軒下などで十分な陽を当てて下さい。

 

水やりは一般的に、春・秋は1日1回、夏は1日1~2回。

冬は2~3日に1回と言われますが、

大きさ、排・保水性によって回数を変える必要があります。

 

鉢の表面が乾いたら、

底穴から水が流れ出るまでたっぷり与えます。

 

<苔玉の場合、水やりはこちらから>

 

<芽摘み(みどり芽摘み)>

5月頃、房の中央から新しく伸びる芽の中で、

著しく伸びすぎた芽を摘みます。

他の短い芽の長さに合わせて、指先で折って処理します。

※鋏で切ると枯れ込むことがありますので、手で摘みます。

※新芽が伸びない場合は、日照不足が考えられます。

 

 

<松の葉> 内側から順に

1)今年新しく伸びた葉  

2)去年伸びた葉  

3)一昨年伸びた葉

 

*3)秋になると葉が枯れて、茶色くなり落葉します。

*2)房のバランスや葉の状態で一部抜いて処理します。

   (10月~11月頃)

*1)大切にそのまま残します。

 

ひらめき電球松の葉は、こよりの様にねじりながら抜き取ります。

 

<肥料> 梅雨と夏場を除いた4月~9月間に与えましょう。

      ※ハイポネックス等の液肥の場合は、週に1度。  

 

 

グリーンスケープで扱う五葉松の中には、

八ッ房性(房の多い)品種もあります。

 

銀八ッ房五葉松

葉の裏が白く、全体が銀色に見え、

渋みが魅力の五葉松です。

 

 

 

 

 

 

 

 

グリーンスケープさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ