留守中の対処方法 | グリーンスケープのブログ

グリーンスケープのブログ

2005年に中目黒でスタートした
植物を中心としたインテリアショップ
苔玉、ミニ盆栽、オリジナルの鉢などを扱い
都会生活の中でも四季を感じながら心豊かに暮らしたい
そんな思いを、季節のインテリア商品と共にご提案しています

 

盆栽 / 苔玉 

 

    

数日留守にするのですが、

水やり・置き場所はどうしたらよいですか?

 

季節や気温、鉢や苔玉の大きさににより異なりますが、夏は3~4日、冬は1週間を目安にし、下記の方法で対処しましょう。

 

バケツやトレーなどに水をはり、鉢や苔玉の3分の1が水に浸かるようにします。

春から秋は、屋外の風通しのよい、熱がこもらない日陰に置い下さい。
 

冬、雪が積もる地域の方や、観葉植物など寒さに弱い植物は室内に置きましょう。

 

 

 

 

鉢や苔玉の数が多い方はこちらもお勧めです

 

 

 

 

長期の不在で水やり(灌水)できない場合

 

自動灌水の設置もお勧めです。タイマーで設定した時間に水を与えてくれるので安心です。

 

 

 

 

 

 

特に夏は、ベランダやお庭の日当たりが良い環境の方(一日中、日が当たる環境)

は、遮光ネットなどを利用することをお勧めします。

年々、夏の暑さが厳しくなっています。ご自宅の環境に合わせて対応しましょう!