BACK TO THE MIXTURE | GREEN VESICA PISCES

GREEN VESICA PISCES

緑と光を増やしていこう!


テーマ:
私の大好きなバンドの一つ
 
 
 
かれらのミニアルバムが
 
この間発売されました
 
 
 
なんだか 有名な映画を思い出しそうになる
 
このミニアルバムのタイトル・・
 
 

私的にはとっても彼ららしいって思いました
 
 
彼らを知ったのは去年の
 
ちょうど今ぐらいの時期でした
 

あれから一年か~
 
 
 
このアルバムを聴いて
 
本当に もう 本当に
 

彼らと出会えて
 
彼らを知ることが出来て
 

よかっっっっっっっった~~~~~!
 

って思いました
 

一年前、雨降ってて寒かったけど
 
ライブハウス怖かったけど
 
勇気出して 行ってよかった
 

本当に良かった 
 

去年のあたし えらい!
 
でかした!
 

彼らを知らなかったら
 
今の私にはなってないでしょう
 
 
 

こんな私なので
 

普段だったら 出かけるのも 
 
何かするのも 
 
ギリギリになってじゃないと
 

行動をおこさないのですが
 

彼らにはそんな私に
 

直感で 一歩踏み出す勇気
 
それをやった時に得られる喜び
 

を教えてもらった気がします
 

なので 去年 タダでライブを見せてもらった分
 
これからは 彼らに貢ごうと・・・・
 
 
イヤイヤイヤ
 

貢ぐまでの財力なかった
 
 

でも 応援はしてこうと・・
 
 

こんな私でも
 

応援ぐらいはできます!
 
 
 
そしてライブを観届けることもできます
 
 
 
毎日愛と光を送ることもできます
 
 
私にできることがあるなら
 

なんだって協力したい
 
 
 
何だかわかんないけど
 

彼らの キラッキラのエネルギーの先に
 

ステキなものがある気がするんです
 
 

ま、気のせいかもしれないんですけど・・
 
 
でも

そう思わせてくれる作品が
 

今回のミニアルバム BACK TO THE MIXTURE だったんです
 
 

これを聴いてると癒されます
 
すごく軽くなる感じ?
 

ずっと胃がキリキリするような
 
出来事があったときでも
 
このアルバム聴いてたら
 

痛みがやわらぎました
 
 

だからって 聴いた人みんながそうなる訳ではないと思います
 

創った彼らは 聴いた人がそうなるように
 

とは 意図してないでしょう
 

たぶん・・・
 
 
私がそう感じ取ってしまうだけなんでしょうね
 
 
 
 
 

相変わらず彼らのライブは
 

東京で観るとエネルギーがよくわからないです
 
 

カオス
 

な感じです
 

混沌としてて
 
どこからどこまでが彼らのエネルギーなのか
 

ぜーんぜんわかんないっす
 
 

東京のステージは
 
他の土地でのステージより

彼らにとって もしかして
 

やりにくいんじゃないかな・・?
 
って思ったこともありました
 
 
いや~

やっぱ それはないかな
 

だって毎回
 
きっちりと バッチリと
 
バシッとしたステージを
 
美しく決めているんですもの
 

ほんとうに凄いって思います
 
 
 
彼らはステージ見てても楽しそうで
 
変顔したりして
 
いかにもカンタンそうに
 
演奏し 歌って 踊って
 
そして 笑ってます
 
 

でも圧倒的な一人ひとりの存在感と
 
はっきりとした 音のメッセージを感じます
 

曖昧な音が一切ない感じ?
 
 
なのに色々な音がするんですよね~
 

メンバーは4人しかいないのにねえ~
 
 
 
The BONEZさんの時も書きましたが
 

洗練された音はとても
 
観てて美しいです
 

調和が完璧な感覚っていうのかな・・・?
 
奥行きがあってどこまでも透明感のある透き通った音
 

それが The BONEZさんだったとすると
 
 
 
 
KNOCK OUT MONKEYさんは
 
カオスなのに完璧な感覚で
 
奥行きと広がりが無限な感覚がする音
 
・・な感じかなあ
 
 
そして そこに何故か凛としたものを感じる・・・
 
 
曖昧さがないのに
 
無限な感じという感覚
 
矛盾してる感じがしますが
 
そこが カオスなのかなあ・・?
 
 
 
 
 

だからたまに 彼らのライブ観てて
 
底の知れない感覚に陥って
 

ぞっとする瞬間があったりします
 

 まあ それも込みで
 

かれらは カッコいいのだと思います
 
 
 
 
 
 
 
一応言っておきますが
 

これは ロックの話ですからね
 

クラッシックとかジャズとかそういう音楽の話じゃないですよ~笑
 
 
 
 
あともう一つ言っとくと
 
これは私が感じただけの感覚的な話です
 
だからって真実とは限りませんので
 
簡単に信じないでくださいね
 
 
 
彼らは東京にちょくちょく来て
 
ライブしてくれるので
 

それが今の私の楽しみの一つになってます
 
 
鬼忙しくても
 
多少体調が良くなくても
 
このブログを更新してなくても
 

彼らのライブだけは 行く様にしてます 笑
 
 
そうマニフェストしてるから
 

えらいもんで
 
スケジュールも何とかなるんですよね~
 
 

最近の私のテーマは
 

このスケジュール管理だったんですが
 
これは時間の法則との関わりのワークになってくるんです
 

この宇宙に存在する数多の法則の中でも
 
時間の法則は結構扱いやすい法則の一つだと思います
 
 
たまに ヒトはこの法則たちに操られたりしますが
 
それはヒトとして 絶対にあってはならないこと
 
 
と 私は思っています
 

法則は 法則ですから
 

私たちが扱うものであり
 

それらに 操られるなんて
 

本末転倒 もいいところ
 
 
 

なんてね
 

な~んて 偉そうに言ってますが
 
私も操られそうになったことあります
 
 
しかも何度も 笑
 

法則にも意識があるので
 
これが中々・・・・ね
 
 

損得で考えてると
 
これらに付け込まれますので
 
気を付けたいところですね~笑
 
 
 
 
 

さて この時間の法則ですが
 

これをステージ上で完璧に使いこなしてる方達がいます
 

そう

KNOCK OUT MONKEYさんです パチパチグッド!
 
 
エネルギーがわかんなくったって
 
 
その辺りのことは
 
 
なんとなくわかります
 
 
 
 
彼らのステージを観てると
 
明らかに 時間がのびたり縮んだりしてるのがわかります
 
 
 
 
彼らはステージ上では
 

はっきりとした 今ここ
 
というのを意識してるように感じます
 

実はスピリチュアル的にいうと
 

今ここ という感覚は
 

少し未来を指しているのです
 
今を認識した時点では
 
それは既に過去なんだっていう・・・・
 

マニアックな話になるので

ここでは 詳しくは説明しませんが
 
 
 
まあ1秒にも満たない ちょっとした未来なんですが
 
 
 
それでも そこに意識し集中し続けるのは
 
結構大変です
 
それをやってのけてる彼ら・・・
 
 
すごい集中力だと思います
 
 

しかもそんな集中力を発揮しながら
 
会場の雰囲気まで 感じ取って
 

ライブ中に 
 

皆の顔みてたらやっぱりこの曲やりたくなった
 
とか言っちゃって 予定と違う曲をやったりしてました
 
 
 
すごいな~って思いました
 
 
 
 
ライブ中の彼らの脳波を測って欲しいです
 

脳みそ何パーセント使ってるか検証してほしいです
 

きっと覚醒シータ派になってると思います 笑
 
 
 
 
 

そんな彼らだからこそ
 
時間の法則を使いこなすことなど
 
簡単だし そんなこと 意識もしてないだろうし
 
ハッキリいって 使えたからって・・・何?
 
って感じなんでしょうね
 
 

使えたら色々と便利なんですよ!
 
睡眠時間を3時間しかないところを
 
8時間寝た感覚に伸ばせるし

逆に

移動に10時間かかるところを

3時間ぐらいの感覚に
 
縮めることもできます
 
 
 
時間の概念は実は錯覚なんだってことが

最近 物理学で科学的に証明されましたね
 
 
みんなで使ってるから
 
この世界での時計の針は

止めたりすることはできないけど
 

個人の時間の感覚は
 
個人で伸ばしたり縮めたりは可能なんです
 
 
 
 
 
よりも使えるっしょ!!笑
 
 
ちなみにシータヒーリングでは
 
この法則を使いこなすには必要な徳があるといわれています
 
誠実さとか信頼とか親切さとか・・・
 

ほかにも色々とありますが
 

これらを既に彼らは持ってらっしゃるということなのでしょう
 
 
 
そしてこれらは恐れや疑いがあったら
 
使えないので
 
 
彼らは少なくともステージ上では
 
何も恐れてないし 何も疑ってない ということが
 

証明されてるんだなあ って思いました
 
 
しかも まだまだ発展途上な彼ら
 
 
彼らを観てると
 

人類って進化してるんだな
 

ってなんだかホッとするんです
 
 
 
 
 
癒されます とっても 
 
彼らの存在に
 
 
 
 

愛と光を送ります
 
 
 
 
 
 
 

越石ゆり子さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス