「美肌と地球環境を考える」美容と共に、今できることは? | Green planet with Kids

Green planet with Kids

地球のために私たちができることを
親から子供たちの未来へ

Green Planet with Kids 主催

第5回 ディカプリオの「地球が壊れる前に」上映会

アフリカコンゴの熱帯林・生物多様性を守る西原智昭博士と、

土に還る石鹸を作る 須田コノミ先生とのトークショー開催のご案内

 

 

今年の夏〜秋の異常気象、日本各地で度重なる台風による歴史的水害、

2018年はイギリスでの寒波による積雪

2019年には、フランスでの猛暑・・・

私たちはちょっと自分たちの我を優先させて

地球のエネルギーを奪って生きてきてしまったようです。


 

そんな今の地球と人間の関係、その状況を知ることができる映画がここにあります。

かつて皆がタイタニックで魅了されたレオ様ことレオナルド・ディカプリオが

自身の人生をかけて取り組んだ渾身の作品

「地球が壊れる前に」〜ディカプリオの黙示録〜です。

 



 

上映会の前後には、星槎大学共生科学部・特任教授の西原智昭先生が、

この映画から地球の現状と今日の熱帯林で起きている問題点、

世界的規模でのエコロジーへの企業の取り組み、

一人一人のできることをわかりやすく解説してくれ

またご質問にも答えてくださいます。

 

 

我々人間の過剰な欲求行動のためにこの地球の大自然を

このまま無くしてにしていくのは、心苦しいばかりです。

 

「私たちにできることは?」

一緒に考えていく機会であるトークショー



メディカルハーブソープの製造している須田コノミさんにお話をいただきます。

この映画で取り上げられているパームオイル
(パームは化粧品においては豊富なグリセリンを有効成分として利用できるほか

石鹸などに食用ではショートニングとして、植物油脂の一部として広く活用されています。)
は、頻繁に環境問題について警鐘が鳴らされています。
パームオイルの産地は現地の労働者も、動物たちも、環境もひどい状態だからです。

 

それらの犠牲の上で、無意識に消費している私たちですが、
実は、そんな部分も見越し、地球にも、美容的にも、人道的にも
クリーンな土に還る石鹸作りをされているのが、須田コノミさんです。


 

すべてのパーム油が悪い訳ではないのです・・・!!


というコノミさん。

 

(詳しくは・・・当日、乞うご期待!)

 

映画の中で、ある科学者が

「まだ間に合います。人間が最善だと思えば、

必ず成し遂げる力があるとー信じています」

と言っております。

 

まだ間に合うの言葉に賭けて、

少しでも多くの方に地球の現状とこの行先、

そして私たちが、企業が、政治が

これから何をどうしていったら良いのか?に気づき、

この上映会では地球への見方や意識がガラリと変わることでしょう。

すべての地球の人に観て、感じて、考えていただきたい機会です。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

日:  2020年2月9日(日) 

時間: 16時30分〜19時30分(16時10分〜受付)

場所: 渋谷宮益坂 NEOヴィジョンスタジオ  

〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1丁目11−3 第一小山ビル 3F

【JR渋谷駅ご利用の場合】宮益坂口(ハチ公改札)側から出て下さい
【地下鉄メトロご利用の場合】B3出入口
※エレベーターは宮益口エレベーター23出入口または、20a出入口がございます。

 

参加費: 2000円 

(内訳:上映会費用無料 トークショー2000円飲み物&スペシャルソープのお土産付!)

 

子供(字幕が難しいです。小学4年生〜18歳対象)

 料金は無料(お土産無し)です。

また、乳幼児のお子様連れは無料ですが混雑時には、お膝の上での観賞をお願い致します。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

お申込みはこちら

 

https://resast.jp/events/402121

 

 

ーーーーーーーーーーーーーー

 

西原智昭博士 
プロフィール:

 

1989年から約30年、コンゴ共和国やガボンなどアフリカ中央部熱帯林地域にて、
野生生物の研究調査、国立公園管理、熱帯林・生物多様性保全に従事。

星槎大学共生科学部・特任教授。
国際野生生物保全NGOであるWCS(Wildlife Conservation Society;ニューヨークに本部があり)

の自然環境保全研究員。
NPO法人アフリカ日本協議会・理事。京都大学理学部人類進化論研究室出身、理学博士。
(詳細はhttps://doctor-nishihara.com/を参照下さい)
現在の最大の関心事は、
(1)野生生物・森林生態系および地球環境保全
(2)生物多様性と文化多様性の保全のバランスへ向けた模索
(3)「ヒトの原点の生き証人」「自然環境保全の先駆者および担い手」としての先住民族の再価値付け
(4)認証制度に基づいたライフスタイルの見直しへの提言
(5)これらに関しての情報提供と教育普及である。

著書 「コンゴ共和国マルミミゾウとホタルの行き交う森から」

 

 

 

地球と共存した美を追求・

メディカルハーブソープクリエイター 
須田コノミ:
プロフィール


武蔵野美術大学 基礎デザイン学科をすぐに中退し、渡米。
海外のアートカレッジにて、エスモードカレッジ時代には、

ジャラモード新人賞を獲得するなど、

デザイナー・講師としても関わる20代。

 

その後、3人目の出産後の体調の変化より、肌の痛みや痒みが止まらなくなり、

ステロイドと痒み止めでの治療では治ら無かったことをきっかけに、

以前渡仏の際に出逢った手作り石鹸を自ら作り始める。

3年で薬と離れ、5年で掻き傷が消える経験を通じ、

自身の手作り石鹸を製造から販売まで考えるようになり、

石鹸製造販売マイスターとなる。


一般財団法人ハンドメイド石鹸協会(HSA)会員・講師、

石鹸製造販売マイスター
JMA公認講師(日本メディカルセラビー協会・メディカルハーブ・薬膳認定講師)

現在は、メディカルソープの製造のほか、
WSや石鹸協会会員シニアソーパーとして活動中。

 

須田コノミ製造:Soap Elementsの自然石鹸について

Soap Elementsの自然石鹸は、100%自然素材のみで、水質を汚染することなく、

人や動物にも地球にも優しい「土に還る石鹸」です。
原料に使われる油脂は、各生産国においてフェアトレードで且つ、

精油、芳香蒸留水まで、オーガニック。

そして、すべて手仕事でつくられるこの石鹸は、

地球の自然にインスパイアされた色鮮やかさや形状が製品の一因となっています。

 

須田自身が、すべて原料の現地に足を運び、時に収穫まで行う、

サステナブルで自然環境、使う人、作る人、収穫する人、共存するもの

すべての幸せとつながって生まれる、究極のプレミアムソープ。

須田コノミの生き方の結晶とも言える逸品です。

 

instagram:soap_elements
Facebook: organicsoapelements

 

 

 

 

 

解説・講師:西原智昭先生

 

ゲスト:須田コノミさん

 

 

後援 NPO法人アフリカ日本協議会 

 

 

 

主催 GreenPlanetwith Kids

STAFF

小柴寿美子(副代表・司会・ディレクター)

宮西里沙・福井千鶴・宮西淑子・加藤れいな

星野まりな(代表)

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

過去の開催・関連記事一覧

 

第80回屋台大学 企画・講演コーディネート「国産シルクの生き残りをかけて」
https://youtu.be/VYFPJkUNMSg

第4回 2019年7月23日 親子ワークショップ「ゴリラの先生にしつもん!」

& 自主企画上映会「地球が壊れる前に」

https://ameblo.jp/greenpwk/entry-12505180930.html

第3回 2019 年 3 月 13 日 トークショー「地球に優しくミニマムで満足な生き方とは?」

&自主企画上映会「地球が壊れる前に」

https://ameblo.jp/greenpwk/entry-12446686567.html
Web マガジン・10 年先の私を作る~発酵美~に第3回の詳細なレポート掲載!

http://haccobe.com/report-talkshow-beforetheflood/

第2回 2018 年 12 月 17 日 自主企画上映会「地球が壊れる前に」

https://ameblo.jp/greenpwk/entry-12426695360.html

第1回 2018 年 11 月 30 日 自主企画上映会「地球が壊れる前に」

https://ameblo.jp/greenpwk/entry-12423191125.html