バイクナビ ZUMO 396 | ぐりんぱ&おれんぱのパワーブログ

ぐりんぱ&おれんぱのパワーブログ

グリーンパワーUBE と オレンジパワーUBE のスタッフが、日々お店の情報を書き込みます。

 GPSといえば、やはりガーミンですね!

GARMIN のバイク用ナビ ZUMO シリーズ

以前はホンダアクセスとのコラボで、Gathers M G3 というモデルもあって、

いろいろお世話になっていたのですが、今はスマホの進化で多くの方はバイク用ナビは使用せず、

スマホで充分じゃん!という方が多いと思います。

個人的には、お客様とのツーリングでは案内役が多いので、ナビは携帯頼みとはいかず、

高熱や雨でも安心で、通信費の心配もない専用ナビを使用してます。

少し前に新登場となった、ZUMO 396 !

Wi-Fi での接続が可能になったり、スマホの音楽を聞きながら、ナビの音声案内を確実に聞けたり、

ルート設定がパソコン上で出来て、しかも経由地の登録がたくさんできるので、大好きなくねくね道を

目一杯組み込んでも、1日のルートがきれいにまとまります。

など、たくさん魅力的なポイントがあるし、今まで使っていたユピテルナビも地図データが古くなり、

買い替えが必要だったので、今回はZUMOをチョイスして使ってみることにしました。

 

さらにコンパクトになって無駄な場所は取らず、でも操作性は悪くないサイズです。

 

操作は説明書なしでも感覚で操作できるほど分かりやすいです。

 

車のナビを使い慣れていれば、特に問題なく使えそうです。

ただ、地図の表示は決して見えやすいとは言えません。

少々大ざっぱな感じですが、基本的に画面を見ながら運転するのは危険なので、

主に音声ナビを聞きながら走るということを考えれば、耳で聞いて、ぱっと画面を

見るだけと思えば、地図上の道路の表示幅は、広いほうが瞬間的に分かりやすい

という良い点はあります。

 

地図表示の綺麗さや、カラーリングは、ユピテル BNV-2 のほうが上で、

まっぷる地図を見慣れている方は、ユピテルをおすすめします。

今バイクナビを買うとすれば、このどちらかだと思いますが、それぞれに長所短所はありますね。

ユピテルナビの良いところは、オプションのレーダーアンテナを付ければ、レーダー探知機能を

付けることが出来ます。さらに取締エリアが近ずくとお知らせしてくれるので、無理のない運転を

心がけることが出来ます。ただし、ルート設定は経由点の登録が限られるため、詳細なルートでの

ツーリング利用にはあまり向いていません。

 

その点、ルート設定に関しては、ZUMOはベースキャンプというソフトを使って、

パソコン上で簡単に経由地をたくさん登録して、詳細に設定出来るので、

前もってルート作成をして出かける場合には、非常に便利です。

また、作成したルートをZUMO所有者であれば共有出来ます。

ロングツーリングが多い方や、ツーリングを企画するリーダー的存在の方にはこちらをおすすめします。

前日にルートを考えて、にやにやしながら想像を膨らますことが出来ます。

 

こんな感じで、お店の情報や画像を地図に貼り付けることも出来ます。

少し慣れればルート設定が楽しくなりますね♪

 

それぞれのナビの良いところを両方使ってやろうと欲張ると、こんなことになります↓

ちょっとやりすぎですが、ユピテルのレーダー探知機能も捨てがたいので、

両方使うことにしました!

なんだか忙しいハンドルまわりになってきました(^_^;)

 

ステーはラムマウントのガソリンタンクベースを活用して付けることにしました。

この状態で走ってみましたが、ちょっとレイアウトの変更は必要ですね…。

でも使い勝手は悪くないです。

突然の雨でも安心です!

ただ、このスマホは防水でないのを忘れてました(^_^;)

次回のツーリングまでには、もうちょっとマウントステーの配置を工夫したいと思います。

 

ちなみに今回のツーリングでは、ZUMO用の電源を取っていなかったので、

内臓の電池でどのぐらい持つかやってみましたが、ルート案内利用で約4時間は持ちました!

突然他のバイクに搭載して走っても、休憩時に充電したりすれば、問題なく使えそうです。

 

さて、みなさんもバイク専用ナビを使ってみませんか?

 

最近ラムマウントのパーツをいろいろ購入している店ちょ~でした。