チェーン、スプロケ交換 | ぐりんぱ&おれんぱのパワーブログ

ぐりんぱ&おれんぱのパワーブログ

グリーンパワーUBE と オレンジパワーUBE のスタッフが、日々お店の情報を書き込みます。

こんにちは。イッシンです。
Ninja250用のチェーンを交換しました。この純正とは1000Kmでさよならです。

今回購入したのはDIDレース用チェーン ERV3にしました。


限られた排気量では、抵抗が少なく軽量なチェーンが良いのではないかなと思い選択してみました。
レース専用と謳っていますが、排気量の条件付きで公道走行可能になっています。一般車両は600ccまでです。

チェーンコンバート(チェーン、スプロケットを細くする)も考えましたが、耐久性に疑問が残るのと、サーキット走行会、ツーリング、

スーパーへの買い物などオールマイティに使用している僕のバイクには向かないであろうと思い選択から外しました。

チェーン交換と一緒にスプロケットも交換してます。商品はXAM(ザムと読みます)のプレミアムシリーズ。
このスプロケットですが、耐久性などを求めてカシマコートがされています。
カシマコートは硬質アルマイト皮膜に自己潤滑機能を持たせ、耐磨耗性の向上を目的とした
アルマイトのようで、なんのこっちゃ、という話ですが、詳しくは株式会社ミヤキさんで検索してみてください。
凄く簡単に考えると、耐摩耗性の向上、低フリクションが期待できそう。
アルミスプロケットのメリットでもある軽さを残しつつ、
弱点の耐久性を補うという事なのかなと思い選択しました。
実際に交換して、加速などは変化は感じにくいですが、減速時、エンジンブレーキがかかる為
クラッチを握って減速するとビックリ。スーっといきます。これは純正と違うなと思います。


250ccという排気量は部品を交換すると体感できるのが面白いですね。
大型バイクの皆さん、小排気量も面白いですよ!じゃまた。