シャープ、化合物太陽電池で世界最高変換効率43.5%を達成。集光型太陽光発電(CPV)開発へ | 再生可能エネルギー GreenPost

再生可能エネルギー GreenPost

再生可能エネルギー、自然エネルギー。世界中から話題を集めています。

------------- - Heuristic Life - 発見的生活の提案 -------------

 シャープは、記録を更新し、化合物3接合型太陽電池で世界最高変換効率43.5%を達成したと発表しました。今回開発された、化合物太陽電池セルは、インジウムガリウムヒ素をボトム層とする3つの光吸収層を効率よく積み上げることで製造されています。

 シャープは、この太陽光発電セルを使い、化合物太陽電池の用途とされてきた人工衛星などの特殊用途だけでなく、小面積の太陽電池セルで発電できる集光型システムに応用することを目指すとのことです。

 世界各国で開発されている集光型太陽光発電(CPV)にも、新たな再生可能エネルギーの分野として注目していきましょう。

プレスリリース / シャープ、2012年5月31日
集光型化合物3接合太陽電池で実現 集光型太陽電池セルで世界最高変換効率43.5%を達成

再生可能エネルギー GreenPost
-----image : 同リリースより
" シャープは、レンズで集光した太陽光を電気に変換する集光型化合物3接合太陽電池セルで、世界最高変換効率 ※1 43.5%※2を達成しました。

化合物太陽電池セルは、インジウムやガリウムなど、2種類以上の元素からなる化合物を材料とした光吸収層を持つ変換効率の高い太陽電池です。今回開発した太陽電池セルの基本構造は、インジウムガリウムヒ素をボトム層とする3つの光吸収層を効率よく積み上げる当社独自の技術を採用しています。

このたび、3つの光吸収層で集光された太陽光を効率良く電気に変換できることに加え、受光面の電極間隔を最適化し、電気抵抗を最小限に抑えることで、世界最高変換効率※143.5%※2を達成しました。

再生可能エネルギー GreenPost
-----image : 同リリースより
.......... "


関連
太陽電池セルで集光時世界最高効率43.5%を達成-----NEDO、2012年5月31日

シャープが最高効率の太陽電池を開発、3接合で43.5%-----EE Times,2012年06月01日

シャープ、化合物3接合型太陽電池で世界最高変換効率36.9%を達成-----ソフトエネルギー、2011/11/07



参考エントリー
東大とシャープの研究グループ、量子ドット太陽電池の理論的な変換効率を75%にする仕組みを解明-----ソフトエネルギー、2011/04/27

産業技術総合研究所、米国立再生可能エネルギー研究所(NREL)と共同で、集光型太陽光発電システムの発電性能の検証実験へ-----ソフトエネルギー、2010/07/01

集光型太陽光発電 / 自然エネルギーの世界-----自然エネルギー、2010/07/15





・Naverまとめ : GreenPost - しなやかな技術研究会 2012/6/1 -日版

しなやかな技術研究会 まとめ





おすすめエントリー
福島県エネルギー課、再生可能エネルギーデータベース、地図を公開-----ソフトエネルギー、2012/6/1

東京メトロ、東西線妙典駅のホーム屋根に280kWpの太陽光発電の整備計画を発表-----ソフトエネルギー、2012/05/31