イルカ漁・捕鯨 人道的想いのシェア | グリーンライフ カフェ

グリーンライフ カフェ

ー 人生に革命を起こす、ヒューマンバリューなブログ -

キャロライン・ケネディ駐日米大使は、短文投稿サイトのツイッターで
「イルカ追い込み漁の非人道性を深く懸念している。米政府は反対だ」と書き込みをしました。
国際司法裁判所においては、日本の調査捕鯨は「研究目的ではない」と述べ、
条約違反と認定、今後実施しないよう命令。

私も高い知能を持ち合わせる鯨そしてイルカが殺される非人道性について深く懸念します。
私達は皆くじらやイルカがどれ程高い意識レベルを持ちお互いを慈しみ合い
人間に対してでさえその愛をシェアする生物であるか知っています。

そのような高次の意識を持ち合わせる生命を
この飽食の時代に食料として殺戮するのは
決して人間的な行為ではないと思います。
 

イルカの追い込み漁・捕鯨反対


この星に住む人間以外の何万もの生命体に尊重の想いを持ち、
生命を慈しむ、大切にする道徳心を日本人は行動に移して世界に示すべきです。

なぜ、世界中の人が捕鯨・イルカの追い込み漁に反対するのでしょうか?
それはこれら動物が高次の意識レベルを持ち人間の友として認識されているからです。

以下のYouTube動画などはどれほど鯨が愛されているか、
どれほど鯨の友愛が素晴らしいかが心から伝わってきます。

 

 救出された鯨と人間の微笑ましい出来事
 

このような人道的な想いを、時代遅れの金銭的感覚や自分のお腹を満たす欲望を主張して
無視しようとするのは、世界に日本人の恥をさらすようなものです。

逆に、このようなときこそ、そのような人道的な意見を大切に扱い、
世界に発言や行動で示すことこそ、日本人の人間としての価値を示すことが出来るのです。

世界の人道的な想いを持つ人々に賛同して良い思いをシェアすべきです!

私も捕鯨そしてイルカの追い込み漁に反対します!
 鯨やイルカはもう食料ではありません。
そのような原始時代とは別れを告げましょう。