横浜の木々も色づき本格的な紅葉。
木枯らしも吹き本格的な冬が近づいています。
 
週末、いつもの釣行。
餌釣りでカレイでも狙えればベスト。
アジ狙えればベター。合格
 
先週より少し温度が下がり、最低気温が10℃を切り
風が時より強く吹く感じだったので
風表のふれーゆの餌釣りは諦め。
残念。
 
鶴見川HOMEでシーバス調査。
短時間釣行ですウインク
 
HOMEは珍しくモロ西風強風で川の流れと風が一致。
水面は波紋が荒く立ち口笛
濁りも結構きつい。
目視できる範囲ではベイトなしショボーン
 
ここも風表なのでダウンジャケットを着込んでスタート口笛
表層から底までレンジを刻んで短時間ローテーションでサーチ。
1巡目異常なし爆  笑
 
2巡目表層。
エリテンでセイゴのショートバイト。
魚はいる模様。
 
エリテンで粘り、沖目でゴンとHIT!
重いが・・・
走らない?
浮かんでこないが・・・
突っ込まない?
 
割とすんなり取り込み完了。
見事なハーモニカ喰い口笛
ルアーが真横に、口が目一杯拡がった状態。
これで走れなかったのねチュー
 
可愛そうなので外してからパシャリ。

 
 
 
秋らしく状態の良いJUST60cm。
1時間で釣れて任務完了。合格

 

 
秋の魚は確認できたので
体温低下がなければ粘る所ですが・・・
風で体温が奪われ撤収です。
 
湾奥、
工業地帯に囲まれた川面も冬到来です。あせる
10℃を切ると本格的に防寒しないと苦行になりますね、風表。
 
のんびり長時間の夜釣りはシーズン終了かな。
少し寂しい。
 

穴子狙いに切り替えますか。。。

 

■潮回り:
小潮、下げ8分
 
■釣果:
シーバス×1
 
■2017年お魚カウンターあし

現在10目
→シーバス×47
→アナゴ×21
→メバル×4

→カマス×1

→キス×1

→イシモチ×1

→メジナ×1

→メゴチ×1

→コノシロ×1

→マゴチ×1

→(ドチザメ×1)

→(アカエイ×3)

 

 

AD
3連休初日。
イナダ祭りに乗り遅れて、初イナダは遠く。
 
勇んで初日早朝にふれー○裏へ。
 
暗いうちはシーバス・太刀魚狙いでワインド等を試すも魚信なし。
 
 

 
 
明るくなって
メタルジグ・弓角投げ倒すも・・・
当たりなし笑い泣き
 
周りも釣れてないね。

確認できたのは1本のみ。

 

イナダさん接岸しない1日だったのか?

シーズン終了なのか?

 

 
4日
イナダを諦め、珍しくアジでも狙おうかと夕方から出撃。
準HOMEのふれー○へ。
途中、上州屋で竿受けを新調し、アミコマセを買うつもりが
店舗閉鎖びっくり
 
16時過ぎに釣り場に着くも
イナダ・アジ狙いの釣り人であふれていますキョロキョロ
15分程釣り場見学していたら
奥のベスポジに入れ替わりで入れました音譜
 
チョイ投げでアナゴ狙い1本砲撃。
そうこうしているうちに風が急激に強くなり
「爆風」状態。
おまけに投げ竿でサビキをやろうと思ったら
ホリデースピンの穂先が折れてる(泣)ガーン
 
連続してトラブルに心折れるも
シーバスロッド手持ちで
買い置きしてあったブルーベリーの香りのコマセを投入。
 
はてなマークブルーベリーの香りのコマセって釣れるのかしら??
 普段サビキもアジもやらないので解らない
 
1時間粘るもアジにも見放されるえーん
体温も低下して撤退。ダウン
 
※アジ専門の方は結構良い型のアジをポツポツと
釣り上げてました。アジ釣りは繊細ですね~。
 
 
移動して
鶴見川HOMEで1時間短時間シーバス勝負。
風は強いが
濁りもきつく、下げの流が効いている。
水面は風で波打ち活性は高いと見た。
 
先週、反応の良かったルアーを選択して投げる。
 
10分経過。
 
コウメのレッドヘッドで40CM弱。ウインク
稲田さんに振られ続けても鈴木さんは優しいニコニコ
 
 
邪道アーダで同じサイズを釣り上げ2本目。
 
その後、
ミスバイトやショートバイトが頻発するも載せられず。
 
シャロー状態になって
表層ルアーを選択。
スーサンでまったく同じサイズの3本目。
 
 
秋のサイズは引き出せませんでしたが・・・
アジ・イナダに振られた身には
満足の1時間でした合格
 
しかし風表の釣りは寒さを感じる季節になりました。
のんびり餌釣りも防寒が必要ですね。。。
 
■釣果:
イナダ×0
シーバス×3
 
■2017年お魚カウンターあし

現在10目
→シーバス×46
→アナゴ×21
→メバル×4

→カマス×1

→キス×1

→イシモチ×1

→メジナ×1

→メゴチ×1

→コノシロ×1

→マゴチ×1

→(ドチザメ×1)

→(アカエイ×3)

 

 

AD
週末、台風目前。
釣れる可能性があるうちにとイナダ再挑戦チュー
4時にふれー○到着。
さすがに雨。人が少ないねσ(^_^;)
 

 

暗いうちは・・・・

太刀魚とかカマスとかイメージしてルアーを投げるも

何も起こらず( ̄_ ̄ i)

 

 
明るくなって
真面目にルアーを投げ倒す(*`ェ´*)
 
前回の反省から
小さ目のジグを投げたり、
巻きスピードに注意したり、
アクション変えたり、
雨に耐えながら投げ倒すも・・・
魚信を得られず(T_T)
惨敗。
 

周りは3,4人に1本持っている感じですかね。。。
台風前の荒食と言う訳にはいかないようで。
 
飽きて、休憩。
ぶっこみサビキで遊んでいたら
まさかの魚信チュー
デカアジかカマスでもかかったかな~と音譜
期待の数秒・・・
まさかのコノシロ笑い泣き
残念。
 
一応、坊主逃れと
一応、初物と
一応28cmあったので持ち帰り
 
塩焼きにしたら、意外にも、イケました口笛
 
今年は青物終戦かな~
そろそろ貧果を脱出しないと
餌釣りに戻りますかね。。。
シーバスはシーズンだけど
流れ的に美味しい魚が釣りたい、今日この頃合格
 
■釣果:
イナダ×0
コノシロ×1
 
■2017年お魚カウンターあし

現在10目
→シーバス×43
→アナゴ×21
→メバル×4

→カマス×1

→キス×1

→イシモチ×1

→メジナ×1

→メゴチ×1

→コノシロ×1

→マゴチ×1

→(ドチザメ×1)

→(アカエイ×3)

 

AD

今年は湾奥でイナダの釣果を聞きますが

黒潮の大蛇行が影響しているのでしょうか?

だとするイナダを都会の海で釣れる10年に一度の

大チャンスラブ

 

ってことで金曜日、

大潮の潮周りに期待して

まずは、ふれー○へGO
夕方、明るいうちはイナダリベンジウシシ
 
常連さんが1本持っているのを確認して
 
ジグ、バイブ、弓角を速引きするが
1時間、空振り笑い泣き
 

あっという間に暗くなりイナダタイムは終了。

 

 
暗くなり、カマス狙いでルアーを変える
 
カームでヒットも足元でバラシえーん
当たりが遠退き
アジングも試すが釣れない。
 
奥に入ったアジングマンはポツポツ
小さいながらもアジをコンスタントに
連続で上げているので、腕の違いショボーン
 
釣れる気がしないので
鶴見川ホームに移動。
 
1時間勝負。
下げの流れがあり、連日の雨で濁りも十分ウインク

 

 
川面は雰囲気、充分。
 
スーサンでゴン!
トルクのある抵抗口笛
おしい、ぶっ太い59CM
力強い秋の魚。
 
 
余裕ができて・・・
ルアーボックスの中で
「釣れたことのないルアー」選択しつつ
ローテーション。
 
邪道アーダで43CM

 

これまたまだ魚を見たことない
コウメで34CM

この日はコウメに結構ショートバイト多発しました。

 

普段、シンペン中心で釣ることが多く
珍しくミノーとバイブで釣果を上げられました照れ
まだ在庫と化したルアーがあるので次回に期待。
皆さん結構魔界で買ったものの
釣果のないルアーで多いですねよ!?
「魚よりルアーマンが釣れるルアー」ガーン
 
3人の勝者達↓
 
音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜
 
イナダ挑戦本番の日曜日、早朝。
 
台風前の前線で連日の雨ですが・・・
期待に胸ふくらませイナダ挑戦2nd
 
さすがに雨で釣り人もまばら。

 

 

 
奥はベスポジに一人だけルアーマン。
隣に陣取り
暗いうちは・・・
太刀魚狙いでワインド試したり
カマス狙いでルアーを選択したり
 
大潮直後だし○
台風前にはシーバスが荒喰いすることあるし○
潮当たりの良いポジションも確保できたし○
PR系の大き目のジグも購入したし○
リールはシーズン前に新調したハイギアタイプだし○
 
期待だけが膨らむ口笛

 

 
カームでHIT!
お、カマスか?
塩焼きが頭に浮かんだら
銀ピカの回遊セイゴでしたチュー
 
 
明るくなって雨が断続的に続く中
そろそろ時合か?プンプン
 
メタルジグ・バイブ・弓角をローテーションしながら
投げ続ける探るも当たりを拾えないえーん
 
後から隣に入ったベテラン地元釣り師2人は
メタルジグでポツポツとイナダを釣り上げている様子。
 
なんとなく参考にして
ジグを小さいものを試したり
カウントダウンしてから慣れないジャークを試したり
 
7時過ぎまで投げ倒すも釣れません、イナダムキー
ルアーの動かし方が下手で見切られているのでしょうか???
 
「連敗」ガーン
 
甘くない青物。
 
ベテランは何気なく釣り上げている様子に見えるのだけど
まあ、
釣れていないルアーマンの方が圧倒的に多い様子ではある。
 
4本上げているルアーマンが居たので聞いてみたら
メタルジグでもバイブでも表層で来たらしいキョロキョロ
 
いろんなレンジ投げて見たのだけれど・・・
 
初心者の反省として・・・・ひらめき電球はてなマーク
多分、いろんな要素でジグがイナダに見切られたのだと
→弓角はハリスが短かったのかな?
→ジグは小さ目でジャークが効いたのかな?
(ほぼトゥイッチとただ巻きだったので)
 
青物初心者には師匠が必要ですね。。。
今シーズン中に何とか1匹は釣りた~い合格
 
■釣果
 シーバス*4
 イナダ*0
 
■2017年お魚カウンターあし

現在9目
→シーバス×43
→アナゴ×21
→メバル×4

→カマス×1

→キス×1

→イシモチ×1

→メジナ×1

→メゴチ×1

→マゴチ×1

→(ドチザメ×1)

→(アカエイ×3)

 

今年は湾奥でも珍しくイナダの釣果がちらほらと・・・
かねてより国府津海岸辺りで青物参戦したいと考えていたので
チャンス到来!
早起きが苦手な自称ルアーマンも参戦を決意プンプン
 
2時起床して雨も上がっていたのでそのまま
ふれー○出陣。
 
 
 
潮回りは余りよくない。
波紋が青白く光り、水質も先週同様期待薄。
 
 
暗いうちは、サバ餌砲撃2本でいつものまったりアナゴ狙い。
当たりは皆無。
 
ちょい投げ竿は放置してルアーをセットして
カマス狙いでランガン。
釣り場を徘徊もあたりを拾えず
釣り座に戻ると・・・
投げ竿が海に引きづり落ちてるガーン
 
 
これは・・・
奴か大穴子か・・・
 
はい、
やはり貴殿でしたね。
 
3週連続の出勤お疲れ様です。笑い泣き
 
 
カマスらしい魚影はチラホラと確認できるも
ルアーに反応なし、
ぶっこみも反応なし。
 
早朝。。。
 
俄かイナダ師が徐々に増え、釣り場はルアーマンだらけ。
明らかにシーバス狙いとは異なる状況に期待が膨らむ。
 
タイムアタック本番スタート!
隣のルアーマンがイナダを釣り上げたのを皮切りに
チラホラとイナダが周りでヒットチュー
 
途中、雨が降り出すも粘り投げ倒す。
メタルジグ・バイブ・ワーム
速巻きやらトゥイッチやら試行錯誤。
4度ほどお障りはあるもヒットせずえーん
・・・
時合終了。
 
はいBOZUガーン
 
小雨の中、休み休み、粘ってアタックするもHITせず。
 
イナダをぶら下げて岐路に着く勝者を見送る。
 
都会の海でイナダなんて羨ましい。
太刀魚の釣果も確認。
 
釣り場全体で10本以上は上がっていた感じですね。
腕の差でしょうか。
久々に悔しい参戦プンプン
 
青物挑戦、
チャンスはまだあるかな~。
リバーシーバス大型狙いよりも、
次回、イナダリベンジを誓う。
 
思えば、
数年前、
釣りの魅力にハマッたのもサバ釣りからでした。
 
■釣果
 BOZUえーん
 

■2017年お魚カウンターあし

現在9目
→シーバス×39
→アナゴ×21
→メバル×4

→カマス×1

→キス×1

→イシモチ×1

→メジナ×1

→メゴチ×1

→マゴチ×1

→(ドチザメ×1)

→(アカエイ×3)

 

シーズン真っ只中のシーバス釣りにも飽きて・・・
 
昼、子供の英検のお供任務も完了し、
秋の夜長をまったり餌釣りの鈴の音に癒されようと
鶴見HOMEに出かけました。
あわよくば、太刀魚狙い。
 
今年は湾奥でもイナダも上がっているせいか
釣り場に到着した15:30
ここ、ふれー○も人が溢れています。
釣り座がありませんえーん
 
普段、魚も釣れないけど人も少ないHOMEグラウンド
だったのだけど東扇島のような人ごみショボーン
 
まったり派のおいらには向かない釣り場になってしまったのか。
マナー違反やゴミが溢れる釣り場になりませんように。。。
 
30分程釣果を観察した後入れ替わりに釣り座を確保。
浮きを流すスペースがないので
太刀魚は早々に諦め
イソメでチョイ投げ砲撃開始。
 
蟋蟀の鳴き声が秋を感じさせてくれますが・・・
肝心の鈴がなりません。
チュー
水は波面が青白く光って、赤潮まじりっぽいですね。
 
 
「月明かり」と波面の夜景は綺麗。
雲間に月が見え隠れするので
夜景も時間とともに移ろい飽きません。照れ
 
 
人が帰り始めて
サバ餌砲撃も追加。
 
しばらく異常なしチュー
1時間程、暇な時間が流れ・・・
隣のルアーマンに型のいいカマス!
 
早速、ワームを投入すると一投目で
カツンと良型カマス!
、も5秒でオートリリース笑い泣き
その後も適当に投げ釣りの合い間にルアーを投げるも
反応なし。
 
回りはカゴ師が多く
アジ、ウミタナゴがチラホラ上がっていますが
シーバス他の魚は上がっていませんね。。。
 
 
 
30分程経過して
待望の「ちりりん」!
穴子かな~
 
鈴の音は癒されます。
そしてドキドキ。
お、引きが違う。
 
上がって来たのは夜に出会うのは珍しいキス。
結構、良型20cm弱。
テンションUP
おねがい
 
その後は続かず・・・
鈴すらも鳴らない
鉛筆穴子に仕掛けをぐちゃぐちゃにされて
 

納竿。。。

 

シーバスに飽きて、食卓に上がる魚を狙ったのですが

お約束の貧果爆  笑

 

■釣果:

 キス×1

 穴子×1

 

■2017年お魚カウンターあし

現在9目
→シーバス×39
→アナゴ×21
→メバル×4

→カマス×1

→キス×1(NEW)

→イシモチ×1

→メジナ×1

→メゴチ×1

→マゴチ×1

→(ドチザメ×1)

→(アカエイ×2)

 

いよいよ秋が本格化ですねニコニコ
 
9月末はHOME出撃も出遅れてロッドを振らずに帰宅。
誰しもがサイズを期待して釣り場はアングラーで一杯。
 

 
 
先週は同僚YさんSさんと鶴見川で粘るも一人だけBOZUえーん
二人は各々2匹、1匹づつGET
ボラの群れがガヤガヤうるさいくらいの状況
濁りも入り良い感じだったが
自分だけセイゴのバラシ2度のみ。
 
おまけに自分史上最大のBIG ONE(アカエイらしき?)をかけて
ドラグ鳴りっぱなしびっくり
5分格闘の後、なんとかフックアウト。
浮かせられず、姿すら見えず・・・
粘った挙句に深夜帰宅。
 
温度が急激に下がって、毎日コンディションが変わる状況。
木曜日、大潮の下げとマズメが重なる好条件で
リベンジ出撃。
平日なので90分1本勝負。
 

 

 

開始10分ワームにドスン!重っつ!
またもBIGONEアカエイ笑い泣き
 
先週の悪夢が蘇ります。
 
 
格闘の末、なんとか外して・・・
 
当たりもないし、水は透明度バッチリで
ベイトも見かけず
BOZUがチラ付き始めた頃
 
アルデンテで34CM一本照れ
 
 
その後、カームで36CM追加。
順調。
 
あとはサイズアップ狙いだが、
 
不発。
 
秋のシーバス、
雰囲気はあるもサイズを出せません。爆  笑
 
来週は太刀魚でも狙ってみますか・・・
 

■釣果:

 シーバス×2

 

■2017年お魚カウンターあし

現在8目
→シーバス×39
→アナゴ×20
→メバル×4

→カマス×1

→イシモチ×1

→メジナ×1

→メゴチ×1

→マゴチ×1

→(ドチザメ×1)

→(アカエイ×2)

 

敬老の日を含む3連休。
台風接近中で釣りができるのは金曜日のみ。
 
先週、河口は状態が良く、行けば釣れると・・・
釣れるとわかっていると逆に他のターゲットを狙いたくなる
天邪鬼。グラサン
 
でも折角の連休も、台風接近でチャンスは1度っぽい。
 
結局、鶴見川河口にエントリー19:00
多少濁りも入り、水質と潮位は良さそうだけど・・・
ベイトのざわつきもなく
五感で感じる活性は先週より少し低下気味か。
 
 
まず、今年、鶴見川で無双状態のカームでサーチ。
5分でミニセイゴ。
 
立て続けに兄弟サイズ。2本目。
お兄さんかお父さんを連れれてきなさいという感じ爆  笑
 
ルアーチェンジを繰り返しいろいろシンペン・ミノーを投げるも
ショートバイトやらが続いているうちに当たりが遠のき
 
またカームに戻すと
またチビセイゴ
 
 
ブログのビジュアル的によろしくないので笑い泣き
ルアーを変えるとフックが浅かったりミスバイトだったり
泳ぎなのか、カラーなのか、レンジなのか微妙にズレが
あるみたいでショック
HOMEで実績の高い、エリテン・ヨレヨレ・ワンダーでは
魚の感触を味わえず・・・
 
カームに戻すと即効でミニセイゴチュー
 
 
暫くして
 
「グンっ」重みの載ったアタリ!
アルデンテででやっとまともな標準サイズ40cm
 
やっと出たので
釣れたルアーは投げないルール導入照れ
フィールでセイゴ。
 
 
ルアーチェンジであれこれ投げるも
魚を引き出せませんでした笑い泣き
秋のビックサイズはどこに行ったのでしょう??
春先のようにミニセイゴばかりの鶴見川HOME
 
 

■釣果:

 シーバス×6

 

■2017年お魚カウンターあし

現在9目
→シーバス×37
→アナゴ×20
→メバル×4

→カマス×1

→イシモチ×1

→メジナ×1

→メゴチ×1

→マゴチ×1

→ドチザメ×1

 

久しぶりのブログ更新爆  笑
8月末にふれーゆでホゲッタのは内緒。
 
秋の気配漂い。
秋シーズンの調査に大黒方面にGO。
 
大黒HOMEは先行者多数。
多分今年はアジが好調なのでアジンガーだらけなんだろう。
 
移動。
鶴見川河口HOMEも先行者あり、見切り。
 
再移動。
 
 

 

SF高校前の長大な河川敷きにエントリー。
ここは余り自身の釣果は良くないのだけれど・・・
 
100Mくらいのんびりランガン。

 

 
とりあえずセイゴで坊主逃れ。口笛
IMG_20170911_081258203.jpg
続けてヒットもセイゴばらし。
結構、この時期でもセイゴの群れがいる様子。
 
サイズUPを狙い下流に移動。
異常なし爆  笑
 
 
鶴見川HOMEに移動。
また先行者グループがいるのでTV見ながら車で待機。
先行者数人が上がった後の20:30頃エントリー。
IMG_20170911_081258073.jpg
 
目視できるベイトはいないものの
風でよい感じでざわつく波面・水位・水色は良い感じ。
「秋の気配」が漂い、五感で感じる期待感おねがい
うん、いけそう。
 
10分程で
エリテンにヒットも乗らず。
魚はいるね。
 
その後、
スーサンで重さを感じるフッコの当り・・・
慎重に引き寄せ・・・タモ入れでバラシ。笑い泣き
SHIT!
 
そのままスーサンで丁寧に流れを探ると・・・
 
HIT!フッコ
乗りました!
軽いけど。
 
上がって来たのは・・・・
 
長細いね。。。
 
なんと、フィッシュイーター「カマス」
 
 
 
そうでした鶴見川HOMEは毎年、秋に此奴が来ますウインク
40CM弱の丸々した「ゴン太カマス」
塩焼きのお土産確定です。ニコニコ
 
鶴見川ではパール系の表層ルアーでカマスの実績が高いので
しばらくローテーションに入れて投げるも
この日カマスは1匹だけでした。残念。
かなり積極的なフィッシュイーターなので
いれば果敢にアタックしてくるはず
入っている個体数が少ないのでしょう。
 
暫くして隣にカップルのルアーマンが入り・・・
交替で投げている。チュー
コースが限定されたので
軽いジグヘッドにワームでデッドスローに探っていると・・・
 
ドン!
 
載ったね。照れ
 
元気に抵抗して久々の重さを味わせてくれたのは
プロポーションの良い60CMオーバー
ワーム丸のみです。
水位が下がり5Mのタモでギリギリ。なんとか確保。
 
 
潮位も浅くなり、時間もまだまだあったのだけど
気配ムンムンの釣り場に後ろ髪ひかれながら
せっかく良いカマス釣れたので
下処理をしようと帰宅しました。
 
「オータム」シーズンイン。
まだまだ釣れる機会は多そうです。
 
PS:
カマスは脂がのって塩焼き最高でした。
子供達も味を分かっているので数分で蒸発。
写真取れませんでした(><) 
 
 

■釣果:

 シーバス×2

 カマス×1

 

■2017年お魚カウンターあし

現在9目
→シーバス×31
→アナゴ×20
→メバル×4

→カマス×1(NEW)

→イシモチ×1

→メジナ×1

→メゴチ×1

→マゴチ×1

→ドチザメ×1

 

夏休み、今年のお盆は弱い雨が降ったり止んだりが続き消化不良チュー
今年は冷夏と言っていいのかも知れませんね。
休み前に計画した国府津→大磯の青物遠征も中止していつもの
のんびり防波堤釣りです。
 
11日山の日は時折霧雨の降るふれーゆで短時間釣行もホゲ笑い泣き
ふれーゆから見るつばさ橋が霧でサンフランシスコみたいでしたニコニコ
 
13日は夕方ジグサビキ→イソメ投げ釣りでまったりとふれーゆ裏で釣行。
 
1時間程で47.8cmくらいの穴子ウインク
ホゲ回避。
 
しばらくして鈴の音がチリン口笛
今年初めてのイチモチ。
元気よくグーグー、鳴いています。
小さいのでリリース。
ふれーゆのイシモチは群れで回遊することが多いのでその後に
期待するもあたりなし。。。
 
回りのカゴ釣りにもアジは来ていない様子。
 
夜中弱い雨が降ってきたので後ろ髪引かれながらも撤収です。
今年は爆釣に巡りあわないな~爆  笑
俺らの短い夏は終わりました。
 
あーどうせなら、国府津デビューしたかったな~。
この夏のうちに聖地デビューを誓いたい。
 
 
 
 
 
 

■釣果:

 アナゴ×1

 イシモチ×1笑い泣き

 

■2017年お魚カウンターあし

現在8目
→シーバス×29
→アナゴ×20
→メバル×4

→イシモチ×1(new)

→メジナ×1

→メゴチ×1

→マゴチ×1

→ドチザメ×1