嵐の相葉雅紀さんファンブログ・気まぐれゆらゆらノート・ミラクルグリーン

こんにちは。

嵐の相葉雅紀さんが大好きです。
文章は重め。毒も吐きます。

相葉さんファンの方、あるいは、好意的な方のお越しをお待ちしてます。

コンビは櫻葉、天然ズに傾倒。
にのあい、モデルズも嫌いではありません。


テーマ:

最初に言っておきます。
嵐メンは好きです。

ただ「誰が好き」と言った時点で、すでに比較分類は始まってるので 、あくまで相葉くんファン寄りの意見です。

なので、相葉くんオンリーのファンの方のみ、読んで下さいね。
そんな楽しい内容でもないので。
でも、たぶん、読み終えたら、多少はスッキリする…………といいなあ。無理か?

あと、めちゃくちゃ長文です。

※私の目線で見たものを、私の目線で見たまま、モヤったままが嫌なので、まとめてます。
あ。察した?察した人は仲間かな?















読みます?

あなたは相葉くんオンリ一ファンですか?

はい↓いいえ↑

(R18か?笑)














はい。
ちょっと前にあった、にのみーの紅白コメントの話ですね。
モヤリましたね一。
にのみーがいつものノリで(?)、相葉くんはここを失敗した、みたいなことを「まず言う」もんだから、オトしたいネット記者は、大喜びで前回のことを失敗作のように書きたてるっていう。

別に「失敗」というほどのミスじゃないよ?
誰かの名前や曲タイトル間違えたわけじゃなし。(過去の大御所司会時にはあった)
時間が押して、誰かが歌えなかったわけじゃなし。
音声トラブルがあったわけじゃなし。
聞き取れないわけでもなし。
針小棒大
とても小さな小さな出来事を、さも大きなミスのように大げさに書き立てる。
世の中って、いつからこんなにヒステリックで、ねちこく、余裕のない感じになったんでしょうね。
きっとこれを書いた記者や、同意して囃したてる人間は、生まれてから、一切、誤字脱字をしたこともなく、間違ったソースのネタを提供したこともなく、仕事はいつも完璧で、他人の細かなミスも許せないくらいよく出来た人間なんでしょうね

絶対、違うだろ。

自分は出来てるって思う人間ほど、自分のミスに気づいてなくて、他人に迷惑かけてることが多いんだよ。
(なぜなら、人間に完璧は存在しないし、そういう思い込みの激しい人間ほど、物事を冷静に見ることができないから、勘違いが多い。
また、反省のない人間に成長も向上もない)

ま。そんなこと書かずとも、単純に他人をオトしたい(もしくは、どこかから金をもらってる)クソが書いただけの記事に、性悪が集って、ストレス解消してるだけの話でしょ。

ただ………、
問題というか、時々、疑問なのは、
にのみーはなぜいつも、そんな奴らを助長する、喜ばせるネタをすぐ提供するのか。

紅白記事が荒らされてたことぐらい知ってるだろうに、そんな(大して気にするようなことでもない)細かな出来事を揚げ足を取るのか。
にのみーが松本くんとは別の意味で、神経質なのは知ってたけどさ。

おかげで、「メンバーから悪ロを言う了承を得た」みたいに、「前回は完全な失敗」、「メンバーからも同じようになりたくないと言われている」みたいに書かれてるじゃん。

は?

緊張したオープニングで、気になるか気にならないかぐらいの、少し甘噛みしただけで??
言われなければ、さして気になることでもない話で??
どれだけ、世の中、神経質なの?
(噛んだことあるアナウンサーなんて、どこにでもいるだろ)

失敗というなら、あのわけわからん採点方法だけだろ。

自分は不出来のくせに、他人のあら探しが大好きなヒステリック & 心も器も狭い人間がネットにいるのは、もう今までのことで、分かってることなんで、そんな有象無象は置いておいて。

なぜ、そんな奴らを喜ばせるようなことを敢えて言うかなぁ、と時々、不思議でならない。
有名人である自分が発した言葉がどう流れて行くのか、どういう効果を生むのか、その先を見ないのかな。
少し無責任な気がする。30も過ぎて、未だにそれなのは。(顔立ちは関係ないよ。童顔だからと云って、生きてきた年数は差し引きしません)

だから、一般の一部の人に「え?二宮って相葉キライだろ? (他のメンバーには言わないのに) 相葉には嫌味ばっかり言ってるし」って言われるんだと思う。

……にのみーが相葉さんのことを好きなのは分かってることなので、そこは疑わないけど。

ただ、「自分が好きなこと」と「相手を思いやる(相手のためになる、相手のプラスになる)行動ができること」とは別なのかもなあと。

雑誌にドッグイヤーするよりも、余計な一言を言わないでいてくれること方が、どれだけ、(ファンは) 救われることか。

傷つける記者に、傷つける記事の荷担をしないでいてくれる方が、どれだけ、プラス効果を生むか。
自分で相葉さんを貶める記事の手伝いしてるんだよ。
ファンばかりのコンサートやバラエティで、身内トーク的に話すのとは違うんだよ。公の場で他人のミスを挙げるっていうのは。人を辱しめるっていうのは。
ファミレスで言う愚痴やツッコミを会議の場に持ち込んでるようなもんだよ。

彼のファンではなく、
彼のコンビファンでもない自分は、それを「ツンデレね♪」と甘く、都合良く、判断してあげることができません。
一種、世の中ナメてるとか、非常識にしか見えません。
(まあ、実際は別にどっちでもええねん。相葉ファンにとっての論点は「それが相葉さんの評価を落とすか否か」ってところだから)

一時期、何でもかんでも、とにかく「それ言っとけ」みたいに相葉さんをバカ呼ばわりしてた時期があったけど、
(そういえば、うちの弟にもあったなぁ……。高校くらいの時。思春期?
「人を馬鹿にする人間が、一番馬鹿なんだよ。だから、無闇に人に馬鹿って言うな。あんたは馬鹿じゃないでしょ?」と諭し続けた記憶がある。
↑ただし、無礼者は別。無礼者には、あらゆる暴言で返していいと思うのが、正論ではない、パンナコッタ・クオリティ)
……そのとりあえず、何でもかんでも、話の語尾につけるくらいの勢いで、バカ呼ばわりして、とにかく、強調しまくった結果、世間にイメージが定着し、スタッフからのイメージも定着して、おかげで必要以上に下に見られて、今でも、しんどい企画を持って来られる一端になってると、個人的には思ってる。
(バカなゲストにまで、バカ呼ばわりされるくらいに)

たぶん、あの時期、過渡期みたいなもんで、ツッコミ役がいると思ったんだろうし、一種、自分の役目だと、思ってたのかもしれないけど。
でも、バカしか言えないツッコミは何も面白くないし、人を傷つけるお笑いなんて、最低の部類に入る。

(ただ、相葉さんとしては、可愛い弟がキャンキャン喚いてるくらいの感覚だっただろうけど)

世間は身内ではないのでね。
放った言葉には責任があって、それを都合良くフォローしてはくれない。

結果、その言葉の責任を取らされたのは、なぜか相葉さん自身っていう不条理。


もう少し遡って、何かのインタビューで読んだけど、大野くんとの話で、何かのドッキリ?企画で。
にのみーがメンバーを驚かせるという企画かな?
それで、血糊かなんかをロにしてて、大野くんの目の前で吐血するという、悪趣味なドッキリをやったらしいけど、大野くんがさっと青冷めたのを見て、
「あ。これやっちゃいけないんだ」と
思った、と言ってたけど、
前で誰かが顔色を変えたり、傷ついたのを目にしないとやってはいけないという自覚が湧かないんだな、と思いました。

何ていうか。
そういう方面には鈍感というか、
人の痛みに鈍いっていうか、
きっとほとんど言われたことないだろうけど、バカな子なんやなって、フツーに思いました。
(それが、過去、本人がイヤな目に遭って、友達ができなかった一端になってる気もする)

機転はきくし、独特の発想もある。
そういう面では確かに賢いんだろうけど人としての賢さって、そういうところだけで測るもんじゃないし。

あと、「面白いことを言う」のは意外と簡単って言う人もいて。
要するに、ポイントがあるのね。
普通とは逆のことをいうだけ。
勿論、かけあいや間の取り方も大事だけど。
直近だと、マナブくんの、天然自然、野生の果物を取って食べろ、と言われて、「添加物や着色料の入ったものしか食べられない体」って言うように。
天然自然=体に良い物のイメージ
→から、その逆。(食べたくないから) 人工物しか食べられない。と言う。
普通は体に良いものを人は食べたがるのに、体に悪いものを食べたがる人間、というギャップが笑いを生む。
※実際は、自然のものが人間の体に悪影響を及ぼすことは多々あります。
「自然」は「自然」であって、人間のために存在してるわけじゃない。
(肌に良いとされるホホバオイルで、成分強すぎて、敏感肌の友人の手、めっちゃ荒れたしね)

別に本人が(ネタで)言ってるように、「人としての何かが欠けてる」とは思わないし、(だって、お腹弱いし、怖がりだし、気にしぃだし)、優しい面は優しいと思う。

ただ。
何もかもが、自分のペース、自分中心なんだろうなと。
「好き」と思うことと、「相手が喜ぶことができる」のは違う。
これ嬉しいでしょ、が、いつも的外れ。
相手のことが、掴めてないから。
(たぶん、大野くんの方が相葉くんの喜ぶプレゼントとかできると思う。相葉くんは「その気持ち」だけで喜ぶ人ではあるけど)

勿論、長年一緒にいる、という経験則から分かることもあるし、コンビ売りもしてるから、その様相を壊すわけにもいかない。
でも、経験則から外れたクイズはほとんど当ってないし、(kinkiの正解率の凄さを見たことあるため、比較してしまう)、
これ好きでしょ、これ喜ぶでしょ、の、にのみーの提言が、いまいちピンポイントで当たってる感じがしない。
分かってる風で、実はお互い、相手のこと分かってないと思う。
(まだ、相葉さんの方がにのみーのことを理解してると思う)

大体、喜ぶツボが分かってたり、相手が思いやれるのなら、たぶん、ああいう発言にはならないと思う。
そして、普段からそんな相手なら、相葉さんはもっとデレると思う。
まぁ、男同士だし、恋人でもないんだから、そこまで分かり合う必要はないと思うけど。ポイントがある程度、合えば。

つまり、家族みたいなもんなんだろうな、と。
家族なら、友人や恋人とは違って、多少合わなくても、仕方ないな、家族だし、と思ってしまう、緩さが生まれる。よほど、相性が合わない限りは。
その上、相葉さんは年上だし。
兄はある程度、弟のオイタは許容する(せざるを得ない)立場だし。

にのみーはつまり、相葉さんが好きなだけ、なんだよね。それが、相手のためになることが出来てるか、とは別。
だから、相葉さんのファン(の一部)は時々、イライラ、ハラハラさせられる。
好きと言いつつ、どうなの?それ?っていうことをよくするので。

ただ、相葉さんのファンは溺愛系が多いので、その過剰な感情を差し引いても、
一般の人にまで、「何でそんなこと言うの?嫌いなの?」と発想させるってことは、やっぱり、どこか的外れな部分があるんだと思う。やってることが。

前に、にのみーが「喧嘩したら、嵐は終わり」と言っていたけど、それは自分のことを言ってるのか?とふと思いました。

相葉さんからは、にのみーの傷つくことや嫌がることはしないと思う。
なので、もし、何かあるとしたら、にのみーの方から
にのみーが甘えすぎて、もしくは、相葉さんの勘所を読み間違えて、怒らせることをした時だけだと思う。
怒らせて、喧嘩したら終わり。
(が、元々、なかなか怒らない人だし、怒ったとしても、家族的なものに、相当愛着を持つ人だから、壊れることはないと思うけど)

にのみーのことは嫌いではないけれど、とりあえず、間接的に相葉さんを傷つける記事に手を貸していたので (そして、それを理解しない。この調子だとネタとして言い続けそう。何の思いやりもなく。相葉さんは紅白で色々言われてることに、思うことあったり、やりすぎなくらい反省する人なのに)、がっかりしました。
にのみー、もう30も過ぎた大人なのになぁと。

ただ、それはファンの個人的な合う・合わない、なので、肝心相葉さんは、きっと何とも思ってないでしょう
いつものように、外用「ツッコミにのみー」で会見してるなと。ただただ、頑張れと。で、お兄さん風を吹かせる相葉さんに「いらない」といつもの弟役。
いつもの定型。
そんでもって、相葉さんはにのみーが繊細なこと知ってるから、イヤなツッコミはしない。(元々しない)

……けど、相葉さん、泣くのがイヤな人だから、その話、あんまされたくないだろうな。


何かな。
世間向けのネタもいいけどさ。
それ面白くないって思う人、結構いるから。
相葉さんの嫌だなってところ、つついてまで、披露する必要のあるネタなの?って思うから。
もうちょっと、違う成長あってもいいんじゃないの?って思う。

つくづく、自分は相葉さんファンなんだなーと思いました。
相葉さんが逆をしない(にのみーの嫌がることをしない)から、余計に。

ふふ。
何か愚痴で終わっちゃったな。
嫌いではないけど、合わないんですよ。
ただ、「好きだと思うのに何で?」という疑問に対する答えは出たかな。

「好き」はあくまで自分の欲求であって。
そこからどんな行為をするかは、その人の性格の問題だからね。
良くも悪くもマイペースで、自分のペースを壊す環境は苦手だったり、「人がどう思う」があまり気にならないんだろうね。
「だってそれ、オレの本当じゃないし」……と思ってるかどうかは知らないけど。


紅白、どうしようかなぁ。
採点方法も改善されてると思うし、前回より当たりも弱いし、にのみーならきっと上手く回すよ。(心配なのは、むしろ、大野くんや松本くん)  
キツイこと言っても、愛だね❤️とデレて、甘やかしてくれるファンもたくさんいることだし。

私一人くらい、見なくてもいいかな。
























読みます?

あなたは相葉くんオンリ一ファンですか?

はい↓ ・ いいえ↑

(R18か?笑)






















AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

パンナコッタさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。