いつもブログをお読みくださりありがとうございます。

 

 

 

こちらのブログを初めて来られた方へ。
私がレイキカウンセラーになった経緯と決意などを書きました。
 
 
 
 
「インナーマリッジ」という言葉を聞いて
どんなことをイメージしますか?
 
 
 
あゆみさんの
「2018年のつくりかた&インナーミューズを解き放つワークショップ」
を受けて来ました。
 
 
このワークショップのテーマは、
自分のインナーミューズ(内なる女性性)と向き合い、解放・開放していくと、
夫とのパートナーシップへの気づきや現実的な変化がある。
というもの。
 
 
日本の女性たちの内なる女性性の開放であり、それがまた女性の集合無意識の解放でもあり、
真の女性性の開放へと、帰結する。
波及効果を意図した、宇宙に応援してもらっているプロジェクト
 
 
私自身は、レイキカウンセラー講座で学んで初めて考えた位で、女性性&男性性などとは、あまり考えたことなどなかった。
私自身の女性性はどうなのか、
夫との関係性も変わっていくのか、
人を導いていくカウンセラーとしても頑張って行きたいので、自分の魂のステップアップとしても体験してみたかったのです。
 
 
 
 
 
私の女性性の程度は、
自己判断ですが、やや女性寄りかなと思っていました。
チェックシートをやってみると、女性性が強いようでした。
 
 
・男性に負けたくない
・子供のころ自己主張がはっきりしていた
・決断力や行動力があるほう
・白黒はっきりしている
・結果を出すのが好き
 
このような男性性の部分はあまり無いですね。
 
 
私は、
今世では、女性性の学びをすることなのだそうです。
 
 
 
 
父親との信頼関係、可愛がってもらったことなどは、自己肯定感を高めるようです。
 
私の父とは、可もなく不可もなく、といった感じでしょうか。
ぶっきらぼうで単細胞で、言葉も悪いですが、娘に優しい面もある。
若い時、男性とのおつきあいがあまり上手にできなかったのは、それは父の悪い影響だと強く思います。
父を軽蔑していましたし、両親との関係性があまりよく無かった。
そんな私が結婚できて本当に良かった〜。
 
 
 
 
さて、女性性が強いとわかった私。
 
あゆみさんの誘導でインナーミューズに会いに行きます。
 
 
 
インナーミューズは、
 
髪がウェーブがかっていて、
ヒラヒラしたドレスを着ていて、
非常に女性らしいヨーロッパの女性。
優雅で優しいイメージでした。
 
 
 
インナーメンは、
 
イメージすると出て来たのが…
 
 
 
釣り人なのです。
 
 
海辺で釣りをしていました。
(私に気づいてもらうのを)待っているそうなんです。
インナーミューズとは別に生活しているようです。
シャイで、恥ずかしそうに笑う男性でした。
 
 
何を待っているか。
 
 
 
インナーミューズと対面してもらいました。
 
 
インナーミューズは、ベルサイユ宮殿のようなお屋敷の大ホールにいました。
 
 
インナーミューズはお召し替え。
 
 
 
宮殿の扉が開いて
インナーメンがやって来ました。
 
 
ここでも釣り人ファッション…。

 
 
メンは、
ここでは不釣り合いだけれど、自分は自分。
この格好を気に入っている。
と言っていました。
(私だったら周りを気にして恥ずかしいと思ってしまうけれど)
 
 
インナーミューズは、そのメンの発言を聞いて、素敵だなあと思ったようでした。
 
 
少し歓談して、気分が変わったようで
メンは自分も着替えようかな、と言いました。
衣装チェンジ!
 
白のタキシードに。
 
 
 
2人でワルツを踊ったり、外に出て月を見ながらお話を楽しんだりと、
楽しく、ウキウキした感じでした。
 
しかも、常にリードするのはインナーミューズです。
メンの手を引いて行きます(笑)
 
 
 
宮殿に招待され、釣り人の格好でやってくるインナーメンに苦笑いですが、
彼は物静かではにかみ屋で、自分をちゃんと持っている人なんだろうと思いました。
周りと違っていても、自分さえちゃんとしていたら平気なんですね。
見習いたいところです。
 
そしてそんな人に見守ってもらえたら、どんなに心強いだろう、どんなに幸せだろう。
 


ひょっとしたら、今までは、
インナーミューズだけが、1人で頑張って来ちゃったのかもな。
 
インナーメンは、ミューズが助けを求めるのを「待っていた」のかも。



メンが言うには、
女性性の学びのために、離れさせられていたそうなんですが。
 
 


あゆみさんが、おっしゃいました。
今の夫がメンと似ていたら、ソウルグループが同じなのかも、と。
 
釣りはしませんが、似ている気がする。少しだけ。
シャイですね。自分をちゃんと持っているのもそうかも。
だけどメンと違って皮肉屋ですので、そこは残念なところ。
 
 
 
インナーメンは言いました。
 
私に気づいて欲しいこと。
 
 
インナーメン・インナーミューズと協力して、地球の為に働くこと。
人々を光の方に導くこと。
(自己ヒーリングやガイドさんとの会話の中でも言われます)
 
具体的に今するべきこと、わかってるよね?
気がついたら行動に移すこと。
(なかなかできなくて。その一歩が踏み出せないんです)
 
と、アドバイスもありました。
 
 
 
 
 
今年は、2018年。
2+0+1+8 =11
 
11は、霊性へのゲートで、
本質を開花を助けて覚醒しやすく、目に見えないものに影響を受けやすいのだとか。
 
そして、1+1=2
 
2は、女性性とサポートで、
完全に女性性の時代へ移行するそうです。
 
ちなみに、昨年は1で、スタートの年回りで、
昨年スタートしたことを、意図したことを
2018年で創り出していくことなんだそうです。
 
 
1 のから、2の線・曲線へ。
自分をどれだけ愛せるか、
その関係性がパートナーシップとなって鏡の関係として顕れる。
 
そこで、男性性・女性性の和合が必要になってくるのだそうです。
 
 
 
 
 
 
 
家に帰って来てから、目を瞑ってのぞいてみると、
私のインナーミューズとメンは、まだ宮殿で楽しくお話ししています。
一緒に頑張って行こうね
と、話しています。
 
 
次の日、
ミューズは激しく踊っています。
ワルツでなく、若い子が踊る様なダンスだわ。
傍にはメンがいて、それを見守っていました。




私の中の女性性と男性性が仲良くなって、新しく二人の世界が始まりました。
自分をもっと大切にして、本懐の道にがっつりと突進して行きたいです。
 
夫との関係性も、どう変わるかな?
 
 
 
 
 
またその件については報告して行きたいと思います。
 
 
 
 
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
 
 
 
 
 
 
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
 
 
個別にご相談下さい。

 

病気の子供について

孤独や迷いなど、子育て中の悩み

仕事との両立

ママ友との付き合い

母や娘との関係性

子供の頃の心の傷(インナーチャイルド)

夫とのすれ違い(パートナーシップ)

義父母との関係、義兄弟との葛藤

 

などなど…

 

リボン​​​​​​ リボン リボン

 

 

<モニターお誘い>

「結び」のセッション

 

{334343A6-C7E4-4FC6-8DAD-F1123F968FDF}

 

家族との和を調和し、整えるのが
和合ヒーリング「結び」のセッションです。
〜遠隔ヒーリングもいたします。〜


詳しい説明はこちらをごらんください。

 

 

 

 

遠隔ヒーリング

 

第7チャクラ〜第1チャクラをリーディングし、

遠隔でヒーリングいたします。

 

各チャクラからの様子で感じたことや、

ガイド様から頂いたメッセージなどの内容は

メールにて報告いたします。

 

 

詳しい説明はこちらをお読みください。

 

 

 

ガイド様からの手紙

 

あなたのガイド様にお繋ぎさせていただき、

メッセージをもらいます。

メッセージの内容はメールにて送ります。

 

詳しくはこちらへ。

 

 

 

皆様の魂の成長に、何らかの貢献ができたら幸いです。

 

 



 

こちらまでご連絡ください。

 

rainbow0525tmk★gmail.com

 

(★を@に変えてください。)