2012-06-10 05:56:13

自信がない

テーマ:励ましと癒し

むつ市在住のシンガーソングライターで全国的にも活躍している“板橋かずゆき”さんが、店を訪ねてくれた。「是非、会いたい」と先日、突然電話があった。それまで面識もないし、失礼だが知らなかった。もっとも下北に深く関わりを持つようになってから数年しか経っていないので、ままだまだ多くの人を知らないのだ。東京でのコンサートの後、わざわざ訪ねてくれた。とてもうれしかった。


青森物産ショップ むつ下北  素人店主の奮闘記


ご覧のように板橋さんは目が不自由だ。知人に手をとられながらやってきた。お話をしたが初対面とは思えない感覚がした。ひととなりがそうさせているのだろう。包容力のある方だ。がっちり握手をして体をさすりながら別れた。


夕方、店を仕舞う準備をしていたら、突然、ひとりの女性。よくお買い物に来て下さる下北大好きなTさんだった。聞けば、「今日はまっすぐ帰りたくないので、ふらっと訪ねた」という。これは何かあるなあ~と察し聞いてみた。仕事のことで自信をなくしているという。


板橋かずゆきさんの歌のひとつに、「辿りつく場所へ」というのがある。


いつも僕は何をやっても のろまで失敗ばかり


誰かに抜かれても笑われても 急ぐことはできない


特急列車のひとたち いくつも駅をとばすよりも


各駅停車たまには途中下車 急ぐ旅ではないだろう


いつか辿りつく場所は同じだから 今はゆっくり進んでいこう


小さな駅の寂れたベンチ 一人腰掛けてふと思う


自信をなくすことなんかない。人は皆違うのだ。誰が優れていて誰が駄目だということはない。私もしょっちゅうなくしているが、いつも『人は皆違うのだと』と言い聞かせて自信を取り戻している。


みんな自分の能力や性格にあった仕事が出来ればいいが、世間はそれを許さない。現に私も悪戦苦闘している。『好きなことができていいですね』とよく言われるが、いつも逃れたいと思いながらやっている。そんなもんだ。

Tさんからメールが届いた。『少し自信をとりもどしました・・・・・・・』


板橋かずゆきさん

http://www.youtube.com/watch?v=ZseNaSCr45U








AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-11-25 05:59:09

私のこころを見透かしたメール

テーマ:励ましと癒し

先日、下北沢で開店した一夜限りの下北居酒屋で友人のNさん(和顔愛語 )にバッタリ会った。そのNさんから昨日メールが送られてきた。Nさんはいつも笑顔を絶やさない。そして褒め上手だ。いつも前向きだ。いま次へ向かってチャレンジ中だ。


そんな、Nさんは良くメールで「こんな良い本があったよ」とか「こんないい話があったよ」と、まめに連絡をくれる。それが、何故か私の心を覗いているかのようなタイミングで来る。いつも不思議に思う。


今回も、仕事のことで逡巡しているところに、まさに心を見透かしたようないい話を抜粋して送ってくれた。


言葉は時に心を強くしてくれたり、行動を起こす機会をつくってくれたりする。ただ、その気持ちを長続きさせるのが難しい。いかにそこで生まれた気持ちを強く持ち続けるか、成功の道へ進むか否かの分かれ道だ。凡人の私は直ぐに忘れてしまう。そんな気持ちを奮い立たせてくれるのがNさんのメールだ。


チョット心が萎えている方はご一読を・・・・・・・・・

以下、ほんの一部抜粋。



斎藤一人さんのいい話を受けて・・・・・


何かやろうとするとき、やる前から「できない」、とか「難しい」とかいう人がい
る。頭だけで考え、行動をおこさないタイプだ。
つまり、「現状維持の姿勢」の人。
できない理由はいくらでも出してくる。
そして、結局は動かない。

その反対の、「現状を打破する姿勢」の人は、どうしたらできるかを考える。
何を解決すれば、できるかを考える。
たとえ、解決すべきことが何百とあろうと、それは関係ない。
そして、一歩でも前に進む。

物事は、やってみて初めて分かることがほとんどだ。
行動する人は、どんな仕事の中にも、どんな環境の中でも、そこに楽しみを見出すこ
とができる。

一人さんは、今の自分の仕事は、流れでやっているという。

理屈で考えず、自ら動く人は、その流れに乗ることができる。
そして、たくさんの仕事から呼ばれるようになる。

我々は、自分が仕事を選んでいると思っているが、ほんとうは仕事から選ばれている。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2011-07-19 19:55:02

希望という言葉

テーマ:励ましと癒し

今日は外商の日だった。定休日だったが、お客様が来店し、簡単な試食会を開いた。下北の名産品「いかずし」をはじめ、好評だった。今後、どうなるかあらためてご報告したいと思う。


希望という言葉にこれまで特別な感心をもたなかった。綺麗な言葉、色紙にふさわしい定番の贈り言葉、くらいにしか思っていなかった。最近、そうではないことに気がついた。気がつくのに随分時間を費やしてしまった。恥ずかしい。仕事、勉強、恋愛、人生苦しいことが続く、でも、それに耐えることが出来るのは、じっと辛抱すれば、やがては明るい未来がやって来る、という希望があるからだ。希望がなければ辛い今の時間を耐えることは出来ない。今の私もある意味、希望があるからなんとかやっている。希望が無ければとっくに萎えている。希望は他人から与えられるものではなく、自らが作りあげるものだ。それは物理的なものであり、精神的なものである。私と同じように皆スタート当初は苦しい。しかしそれを乗り越えないと明日はない。そんな時、苦しい時は苦しいと言えばいいし、辛いときは辛いと言えばいい、言うだけで楽になる。ただ、相手に苦しみをわかってもらおうなどと思ってはいけない。聞いてもらうだけにすればいい。理解してもらおうなどと決して思ってはいけない。


希望は自分で作り上げるものだと言った。向こうから自然にやってくるものではない。自分から動き回らなくてはならない。希望をつくるのは結局自分なのだ。




AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2011-06-28 06:42:57

隅田川の川面に佇む

テーマ:励ましと癒し

昨日は、開店以来、何度かお店に足を運んでくれた、旧脇野沢村(現むつ市)出身の、坂井さんを訪ねた。隅田川沿いにある巨大な白鬚団地の一角で喫茶『カットハウス』 を営んでいる。


青森物産ショップ むつ下北  東京、北の街  往復つれづれブログ


青森物産ショップ むつ下北  東京、北の街  往復つれづれブログ


坂井さんはお店をやっている傍ら、近くの公園や隅田川沿岸のスペースを活用したイベントや催しを企画運営し、地域活性化の活動をほぼ手弁当で行っている。私には応援の気持ちで、ここでの出展を促してくれた。とてもありがたいことだ。


ここの団地はご存知の方もあるかもしれないが、防災の機能を高めるため南北に長く連なる団地として有名だ。住宅でありながら、高度な消化設備を持った施設だ。 この施設は延焼 遮断帯としての働きをすると同時に 非難場所を提供している。


近くの公園を自転車で回り、会場の様子を詳しく説明してくれるなど、ご案内いただいた。お話をしているうちに、弟さんが小学生時代の同級生だということが分かった。故郷の話やこれまでの苦労話などを肴に冷たいビールを飲みながら交わした。


白髭団地に暮らす、白髭の親爺との和やかなひとときであった・・・・・・・





いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2011-06-22 10:45:09

心が落ち着く

テーマ:励ましと癒し

昨日は、定休日だったが、初めての外商のため朝から出向いた。サラリーマン時代は営業だったので朝から遅くまで駆けずり回っていたが、この商売を始めてからはこれが最初だ。うまくいくと良い。

約束の時間より1時間も前に行ってしまった。紹介者のところに相手様は当然いなかった。そこで、最近、ゆっくり探す時間もなかったこともあり、近くにある本屋に行くことにした。久しぶりだ。クーラーもよく効いていたので小一時間、手にとっては中を読み、心地よい時間を過ごした。その中に心がやけに落ち着く本があった。小学館が発行している方丈記だった。現代語訳をしているので、読んでいたらまるで、昔も今も変わらぬことを言っているものだと妙に納得した。ここで綴ったら長々とした文章になるので控える。あらためて購入して読んでみようと思う。



青森物産ショップ むつ下北  東京、北の街  往復つれづれブログ


行く川のながれは絶えずして、しかも本の水にあらず。よどみに浮ぶ うたかたは、かつ消えかつ結びて久しくとゞまることなし。世の中にある人とすみかと、 またかくの如し・・・・・・・・・・・・・


一日、一度は心を落ち着け、古への名文を声に出し口ずさむのも、人生には必要かもしれない。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。