2008年08月18日(月) 16時09分02秒

エンブレム博物館~Jリーグ篇~(7)

テーマ:サッカー・バラエティ

何か知らないけど、昨日の深夜に足があまりに痒くて目が覚めまして。

見た目にはたいして腫れてないんだけど、異常な痒さ。しかも刺されたとこ周辺だけじゃなくて足全体が燃えるように痒い…。

ウナコーワ塗って保冷剤で冷やしながら寝ましたが…何だったんだろ…。ダニ?




さて、すっかり忘れていたエンブレム博物館です。実に2006年1月以来(!)

ハードディスクに保存しておいたエンブレム(ってか画像全般)が吹っ飛んでしましまして…あ~悲しい。



で、今回は浦和レッズ


reds


輪郭はオーソドックスな盾形です。盾の形も一番シンプルなアイロン型ですね。


中央のサッカーボールと渦(?)は、「ひとつのボールにみんなが集まる。ひとつのボールからみんなの話題や喜びが生まれ、仲間意識、友情の輪がひろがって、世界とつながる」(レッズ公式より)というクラブ理念を表しているそうです。

下地になっている赤菱は「硬い結束力の象徴」だそうですが、まぁ要は三菱のシンボルですね。素直にそう言えばいいのに。

そしてエンブレムの頭に乗っている建物は「鳳翔閣」。埼玉サッカーの発祥、埼玉師範学校の校舎だとか。

帯の両端に咲くのは埼玉の花、「サクラソウ」。



後ろの赤・白・黒といい、赤菱とボールといい、シールドの中によくまとまったキレイなエンブレムですね。

開幕当初の赤菱だけのエンブレムはなんとも味気ないもんでしたが、こうしてシールドに仕立てるだけでグッとエンブレムらしくなるもんで。

地域色、特にサッカーの盛んな埼玉らしく「埼玉サッカーの発祥」を取り込みながらシンプルにまとまってて、感想としては「よくキレイに作ったなぁ」って感じでしょうか。

好きなエンブレムの一つです。



個人的にはボールの周りの渦が気に入らないんで、他のモチーフにすればよかったのにと思うんですけどね。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007年01月25日(木) 21時07分06秒

’07他所のユニフォーム

テーマ:サッカー・バラエティ

今日は朝練に遅刻してしまいました。

まぁ寝坊したアタシが悪いんですけどね、でも100円罰金なんて聞いてませんよ。

ってかそもそもスクラム組むなんて聞いてませんよ。


キャプテン、ちゃんと皆がいるところで連絡なさいってんだ。



“考察”を“サッカー・バラエティ”に変更しました。

さてさて、1月も下旬に入って各チーム07年用のユニフォームを発表していますが、その中で目に付いたものを独断と偏見に満ちたチェックを入れつつ紹介していきます。

※順不同


名古屋グランパス

http://www.jsgoal.jp/photo/00020300/00020322.html (J’sGOAL)

http://www.so-net.ne.jp/grampus/tool/cgi-bin/topic_disp.cgi?action=details&topic_id=540 (グランパス公式)


今年のユニで一番「オッ」と思ったのがグランパス。

去年までの黒と白のアクセントも好きでしたが、今年のはカッコイイ。シンプルな左右非対称のデザインもちょっとオシャレだしねぇ。

なにやらローマを彷彿とさせないでもないですが。


ヴェルディもこんくらいカッコイイの作ってくれたらなぁ・・・。



大宮アルディージャ

http://www.jsgoal.jp/photo/00020300/00020335.html (J’s GOAL)


何年か前のJリーグ公式ボールみたいなデザインですが、これでなかなかカッコイイ。

袖の“富士薬品”はちょっとアレだけど、シャープな感じでいいんじゃないですか?

ちなみにサプライヤーがロットに変わったんですね。


ヴェルディがコレでもなかなかステキだと思う。



浦和レッズ
http://www.sanspo.com/soccer/top/st200701/st2007012000.html (サンスポ)


胸スポンサーがSAVASになったんですね。さすがにボーダフォンはなかったか。

しかしなんていうか・・・地味ですね。

数年前に戻った感じ?去年のほうがカッコイイと思うんだけどなぁ。

シンプルといえばそうなのかもしれないけど。


ちなみにACL用の胸はDHLですが、こっちのはさらにビミョー・・・。



清水エスパルス

http://www.jsgoal.jp/photo/00020300/00020359.html (J’s GOAL)


これもカッコイイ。

肩や首のアクセントが良いですよね、ぐっと引き締まります。模様が黒になるのって今年が初めてですよね?


で、とてもかっこいいんですが・・・世界地図がない

清水といえば世界地図、まぁここ数年薄くなってきて、いつかは消えそうな雰囲気でしたけど、やっぱりなくなると寂しいもんがあります。

そういえばオレンジがちょっと濃くなりました?



横浜FC

http://www.jsgoal.jp/photo/00020300/00020330.html (J’s GOAL)


うわ、横縞が・・・これが無ければカッコイイのに・・・。



京都サンガFC

http://www.kyoto-purple-sanga.co.jp/index.php?PAGE=9&ID=7662 (サンガ公式)


おぉ、これはなかなか強そう。

そもそも紫に黒って組み合わせが迫力ありそうですけど、デザインもかっこいい。

金の背番号ってのも合いますね。ただ、赤ラインが邪魔かも。

清水の世界地図みたいな入りかたしてる鳳凰、賛否両論ありそうですけど好きですよ、個人的には。


しかし2ndユニは・・・重いよ、いくらなんでも。黒字に赤パンツってアナタ・・・。

去年の白地に紫タスキ、好きだったのになぁ。


ちなみにサプライヤーはワコール。





カッコイイと思うのは1位エスパルス、2位グランパス、3位アルディージャ、4位サンガ

コレ見てると、やっぱヴェルディのユニフォーム、もうちょっと作りようがあったんじゃないの?なんて思っちゃいます。


しかしアレですかね、左右非対称ってのは流行り?最近やたらと増えてますが。

個人的には嫌いじゃないので良いですけど。




ま、結局は“慣れ”だとか“強いユニがかっこいい”とかありますけどね。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年01月27日(金) 22時08分02秒

エンブレム博物館~Jリーグ篇~(6)

テーマ:サッカー・バラエティ

昨日のスポーツニュースで見たけど草津の小島選手、引退するんですね。

お疲れ様でした。




さて、そんな訳で、続いてはザスパ草津
kusatsu

カタチで言ったら盾形になるんでしょうか?


イヤ、しかしこれは、なんともはや・・・・The Japaneseですね。

果てしなく強烈なインパクト。

外人さんにも好評だろうなぁ。それこそ水戸と同じ、イヤそれ以上の。


さて、由来ですが。

大口開けてるのは伝統芸能の「前口の獅子舞」だそうです。

口の中の三本線はもちろん温泉マーク。


でも、これはJリーグの“地域密着”を地で行くエンブレムだと思います。

「どこの町か」が一目で分かる。要するに地域のシンボルをエンブレムにまとめたわけですよ。

例えば東京でこれをやろうと思ったら、“東京タワー”とか“雷門”とか“高層ビル”とかのデザインになるってこと。

他県の人でも、これならスグ分かるでしょ?


そんな訳でスゴク良いエンブレムだと思う。

ってかそんなに難しいこと考えなくてもケッコウ好きです、コレ。

パッと見は派手だけど色は結構渋いし、カッコよくないですか?

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年01月27日(金) 21時40分20秒

エンブレム博物館~Jリーグ篇~(5)

テーマ:サッカー・バラエティ

今回の山形のエンブレムで画像フォルダの中の画像が100を超えたんですけど、このままだと容量が足りなくなりそう・・・。

皆さん写真をバシバシ使ってますが、どうされてるんでしょう?

誰か教えてください。



さて、エンブレム博物館、今回はモンテディオ山形

yamagata


下の部分の三つの山(白いとこ)は出羽三山、ストライプは最上川だそうです。

ちなみにこれ、J2参加前に公募で選ばれたものなんだとか。


カタチは縦長の楕円(ACミラン系)。


しかし、これまたちょっとアメリカンな感じ(?)で。

チーム名のロゴがドカンと載ってると、ちょっとアメリカ風に見えるんですね。きっと。

仙台しかり、清水しかり、徳島しかり・・・。


まぁ個人的に好きか嫌いかで言ったら(大変失礼ですが)「そんなに好きじゃない」ってとこですかね。


それにしてもチーム名の後ろにボールがボン、ボン、ボンと、なんともわかりやすいエンブレムで。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年01月26日(木) 22時56分40秒

エンブレム博物館~Jリーグ篇~(4)

テーマ:サッカー・バラエティ

久々ですね、エンブレム博物館。

今回はまたもや北から、ベガルタ仙台です。

sendai


カタチは幅が広めの盾形。

中央のワシは、チーム名の由来にもなっているアルタイル(彦星)の属する鷲座に由来するそうです。

両脇の星はもちろん“仙台七夕まつり”の七夕伝説、ベガとアルタイルです。

(どっちがどっちか知らないけど)


こういう完全に左右非対称なデザインも珍しいですよね。

(セレッソや大宮のように真ん中で割っているものはあるけど)

しかし、じっくり見てるとちょっとアメリカ風でもある気がする・・・。

根拠があるわけじゃないけど。


正直、個人的にはもうちょっとすっきりしてた方が好きです。

でも真ん中のワシは大好き。カッコイイですよね。

(猛禽類が大好きです)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年10月03日(月) 21時59分16秒

エンブレム博物館~Jリーグ篇~(3)

テーマ:サッカー・バラエティ

怒涛の3連続投稿です。

とはいってもボリュームの少ない記事なんであっという間ですけど。

3回目は同じ茨城県の鹿島アントラーズ

kasima a


こちらはスタンダードな盾形(ちょっと幅広ですが)。

中央の鹿は“アントラーズ”の由来にもなっている鹿島神宮の「鹿」ですね。その下にはチーム名のロゴと、シンプルなデザインです。


個人的には枠を大きくはみ出しているのはあんまり好きじゃないんですけど・・・。

でもシンプルなのは好きです。何しろ見慣れてますしね。

シンプルだし癖もないし、誰が見ても「カッコイイ」と思えるデザインですよね。


ここで、ちょっと豆知識。

J開始時は10クラブでしたが、その10クラブの中でエンブレムを全く変えていないクラブは二つだけ。

ジェフ千葉とこの鹿島のみなんですね。

意外でした?(そうでもない?)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年10月03日(月) 21時41分10秒

エンブレム博物館~Jリーグ篇~(2)

テーマ:サッカー・バラエティ

続けて第2回は少し南に下がって水戸ホーリーホック

mito h


イヤなに、もうわかり易すぎです。説明は・・・一応しときますか?

徳川御三家の一つ水戸黄門で有名な水戸藩のお膝元、水戸をホームタウンにするホーリーホック。

その水戸徳川家の「三つ葉葵」をマスコットの龍で囲んだものですね。


それにしてもわかりやすい。

しかも“地域色”を「これでもか」というほど表していますしね。

しかも結構カッコイイ。

数としては少な目の丸型エンブレムですが、「家紋」という思いっきり和風のモチーフながらエンブレムとして胸についていても自然ですよね。

(まぁ家紋なんて日本の「エンブレム」そのものですけど)


Jクラブの中でも好きなエンブレムの一つです。

外人ウケもするのでは?とちょっと思ってしまったり。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年10月03日(月) 20時59分22秒

エンブレム博物館~Jリーグ篇~(1)

テーマ:サッカー・バラエティ

またまた新企画。

“エンブレム博物館”と題してさまざまなサッカークラブのエンブレムを紹介していこうと思います。



まずは身近なJリーグクラブからです。

第1回は最北端のクラブ、コンサドーレ札幌

consa

由来

北海道に生息する日本最大のフクロウ『シマフクロウ』を象徴的に図案化しました。頂点に羽ばたく翼を持つシマフクロウの盾型の中に、11個の星(結束したイレブン)、勝利を見据える眼光(闘志)、ブリザードを表す白ストライプ(攻撃性)を配し、それらが、ホームタウンを意味するリボンの円弧に根ざすデザインになっております。

コンサドーレ札幌オフィシャルHP より)


形としてはスタンダードな盾形ですけど、マスコットがメインになっているところや星、フォントなどどちらかというとアメリカチックな感じですよね。

他のエンブレムと比べてみても、かなり洒落たデザイン。(・・・と思うんですがどうでしょう?)

「カッコイイ」とか「強さ」とか「歴史」よりも「モダン」な感じと思います。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年08月12日(金) 21時08分46秒

ビッグクラブは必要か?(3)

テーマ:サッカー・バラエティ

③日本の場合(2)


結局のところ、ホーム人口・スタジアム規模・人気・実力・経済力といった条件を総合すると、現在最も(ワールドワイドな意味で)“ビッグクラブ”に近いのは浦和レッズ横浜F・マリノスということになるでしょうか。


国内(リーグ・天皇杯)優勝→ACL出場→ACL優勝→世界へ


という道に一番近いクラブかもしれません。

(まぁ、そんな客観的なことはさておいてヴェルディに国内・ACL(来年)とタイトルを獲ってもらいたいモンですね)


ただJリーグの場合、今まではヴェルディ・マリノス・鹿島・磐田の4クラブだけでしたが、サポーターやホーム人口の多少に関わらず浦和・ガンバ・千葉・広島などタイトル獲得を期待できるクラブも多数あり、まさに群雄割拠といったところでしょう。

(プレミアリーグなどもそんな感じがしますが)



④ビッグクラブは必要か?


そこで本題の「ビッグクラブは必要か?」です。

上にも書いた

国内で優勝→ACL出場→ACL優勝→世界へ


の構図の中に日本のクラブが入りたいと思ったら(別に一つでなくとも)、図抜けた、圧倒的な「エネルギー」を持つ“ビッグクラブ”が必要でしょう。

現に(今の状況で)ACLに出場したとして、勝ち残れるようなクラブはやはりレッズやマリノスでしょう。


・・・・しかし、国内でそれこそ47都道府県に根を張るすべてのクラブ(は無理かもしれませんが)が群雄割拠、優勝を狙ってシーズンを戦う・・・。

そんな姿の方が「健全」と思いません?


つまり、今のような状況です。

このまま(これから加入するであろうクラブも含め)、リーグ全体、すべてのクラブがそれぞれどんどん強くなっていったら・・・・楽しいと思いません?

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年08月12日(金) 08時33分00秒

ビッグクラブは必要か?(2)

テーマ:サッカー・バラエティ

それでは予告どおり(?)、日本の都市、そしてJリーグに当てはめて考えてみます。



②日本の場合

日本の人口100万人以上の都市と、Jクラブの様子を見てみましょう。

まず、日本の大都市(人口100万人以上)を挙げると・・・


札幌
・・・コンサドーレ

仙台・・・ベガルタ

さいたま・・・レッズ/アルディージャ

東京(23区)

川崎・・・フロンターレ

横浜・・・Fマリノス/横浜FC

名古屋・・・グランパス

京都・・・パープルサンガ

大阪・・・セレッソ

神戸・・・ヴィッセル

広島・・・サンフレッチェ

福岡・・・アビスパ


北海道から九州まで、実に12の都市があります。

このうちJクラブがないのは東京(23区)のみ。

ただし東京“都”の範囲でいえば我らがヴェルディFCの2チームがあります。

同じく大阪“府”の範囲でいえばガンバ(吹田市)も加わります。


そしてこの中で5万人クラスの収容人数を持つクラブは・・・


浦和レッズ
(埼玉スタジアム2002/約6万人)

東京ヴェルディFC東京(味の素スタジアム/約5万人)

横浜Fマリノス(日産スタジアム/約7万人)

セレッソ大阪(長居スタジアム/約5万人)

サンフレッチェ広島(ビッグアーチ/5万人)


下記のヨーロッパのように“大都市・大収容スタジアム”という条件から見ればこの5クラブが「ビッグクラブ」の可能性を持っているということになるのでしょうか。


特にマリノス・レッズは観客動員数や成績・経済力から考えても現状で「ビッグクラブ」に最も近い存在なのでは?と思ってしまいます。

しかし、Jリーグになってからこれまで「2強」(もうだいぶ古い響きですが・・・)だったのは鹿島アントラーズジュビロ磐田

この2クラブのホームは・・・


茨城県(人口200万人)鹿嶋市(人口6万人)

静岡県(人口380万人)磐田市(人口17万人)


と、あまり大きな人口をもつわけではありません。


そして平均最高入場者数記録を持つアルビレックス新潟

ホーム、新潟県は人口240万人。

(新潟市は日本海側最大の都市)
と、やはりそんなに多い方ではない。

というように決して大都市クラブ≒「強豪・多数サポーター」という構図ではないようですね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。