日本橋西川でタオルテイスティング体験 | the daybook.

the daybook.

のんびりゆるりといきましょう。今日もいいことありそうな。
日常のあれこれをゆるゆるとつづります。最近台湾熱再燃中につき、中華ネタ増加気味。コメントはお気軽にどうぞ。


テーマ:

 

日本橋西川の「towelier(タオリエ)」ブースで、タオルテイスティングを体験してきました。

towelier(タオリエ)」とは、タオルとソムリエを合わせた造語で、ソムリエが料理や好みに合わせたワインを提案するように、好みや気分、用途に応じて最適なタオルを提案するショップ。

 

まずは、「感触」から。

 

 

泡のようなホイップ構造に織り上げたふわふわの肌触りで吸水性も抜群、わたしもは愛用している「fuwapple(フワップル)」のほか、「moussepuff(ムースパフ)」「watairo(わたいろ)」「しあわせの今治ガーゼ」など、それぞれ特長のあるタオルがずらり。

いずれも今治タオル、同じく東京西川の自社ブランドなのに、ブランドによって結構手触りが違うのが面白い。

 

 

色々試してわたしが選んだのは、ふっくら感が心地よかった、「moussepuff(ムースパフ)」。

ちなみにこの「moussepuff(ムースパフ)」、洗うたびにさらにふっくら柔らかくなるのだとか。

カラフルなボーダー柄も、気分を上げてくれそう。

 

 

東京西川では、東京西川は、肌状態や気分によって化粧品を変えるように、毎日使うタオルも、心やお肌の状態に合わせて選び方や使い方を変える「タオル美容」を提唱しているそう。

タオルの肌触りを変えるだけでなく、香りを変えて楽しむ提案も。

 

 

吸水性も体験できます。

 

 

カラーバリエーションもたくさん。

日ごろ、タオルは数色常備していて、気分によって色を変えたりしていましたが、これからは肌触りのバリエーションも増やしたい。

普段はどっしり厚手のタオルが好みだけれど、疲れた日にはふわふわ柔らかいタオルの肌触りでリラックスしたり・・・とかね。

 

 

ハンドマッサージのサービスも。

ちなみにここで使われていたのは、「fuwapple(フワップル)」。

 

 

お土産に、最初のブースで選んだ「moussepuff(ムースパフ)」のコースターもいただきました。

 

 

それぞれのブランドの肌触りや見た目の違いはもちろん、アイテムも色々揃っていて、これからはタオルをもっと上手く選んで、上手に使いこなしたいなー、なんて思いました。

 

東京西川の今治タオル「moussepuff(ムースパフ)」

東京西川の今治タオル「watairo(わたいろ)」

東京西川の今治タオル「しあわせの今治ガーゼ」

東京西川の今治タオル「fuwapple(ふわっぷる)」

※東京西川様にご招待いただき、イベントに参加しています

greenさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス