→先生!昨日ぐらいから覚醒してしまいました笑

 
先生)そうなんですか?ゆきさんぜひそれを
聞かせてください。
 
 
→とにかくなにもかもが喜びで満たされてるんです。
いちいち楽しー!笑い泣きって叫びながら
生きてる感じです。
 
スーパーで買い物してても喜びそのものです。
 
大げさにいうと
 
息をしていても
 
まばたきをしても笑笑
 
 
先生)それは素晴らしいですね
どうやったんですか?
 
→視点を変化させる!
スイッチの入れ方
そのコツを掴んだんです。
 
昨日はすごい気づきのオンパレードで
 
とにかくうれしいーーーー!
たのしいー!
理由なく幸せー!
幸せすぎるー!って歓喜そのものでした。
 
そして外へ出たなら(スーパー)
色とりどりの
食品たち!
それを並べてくれる人や
お金を計算してくれる人!
 
世界は素晴らしかったんですね。
知りませんでした!チュー
 
そのほかにも
 
願いと叶うがセットであること
(願いの方が叶えられたいから願いが起こる)
 
問いと答えがセットであること
(答えが知ってもらいたいから問いがおこる)
 
与えると受け取るはセットであること!
(受け取るは与える!)
 
そんないろんな気づきがたくさん押し寄せたのです!
 
そして昨夜はそんな歓喜のまま眠りにつきました・・・
 
が!朝、起きて
 
息子のお弁当を作ってたら
 
昨日の奇跡みたいな幸せが薄れてたんです。
 
あーなんか普通ー
 
にいつもの私に戻っちゃったなと思いました。
 
 
と、
 
そこで?
 
ん?と
 
感情を感じてる器の方に意識を向けていったんですよ。
 
 
自分の世界に天気のように訪れる
 
感情や出来事…思考…それらを見ている意識そのもの。
 
 
そしてそこでカチッとロックしちゃうんです。
 
そして、スイッチみたいに
自我の視点にも切り替えられるように
数回練習してみました。
 
そしてパチパチとスイッチを切り替えたりして
遊んでみました。
 
なんか…!なんか!コツをつかめたかも…!と。
 
伝わりますかね?
 
先生)スイッチによって自我の視点そして
本当の自分の視点を切り替えられるようになったんですね。
ゆきさんは
これからはどちらの視点で生きていきたいですか?
 
 
本当の自分の視点です。
全てが至福である。
全てが歓喜である。
人生は美しいタペストリーである。
 
本当の自分
(世界(器)に感情や思考が現れたり消えたりする
のを見ている側であるという意識)で
生きたことがまだあまり
ないのでこっちで生きていきたいです。
 
ここからはこちらの視点で人生を体験してみたいです。
 
それにしても本当に私たちは
歓喜そのものですね。
 
本当に本当に素晴らしい世界だと感じます。
 
 
最後に
私たちは意識で
そして意識は1つであると
ハッキリ断言いたします!
 
繋がってる。
 
切り離せない。
一つ…
 
つまり、何が言いたいのかというと
 
これはすぐに連鎖します。
 
この意識である人のそばにいたり
この意識である人の事を考えたり
この意識である人の声を聞いたり
この意識である人のブログを読んだり
 
 
すぐに今同じ周波数になれます。
 
意識は1つだから。
 
そして意識はすでに覚醒しているから。
 
でもすぐにまた戻ってしまう…のは
 
それは、未完了な感情や
思考の癖に気づいてないから。
 
そちらの呼びかけの声が大きすぎて
すぐに
感情や思考と一体化してしまうんです。
 
それらはただ気づいてほしいと思ってるだけです。
 
そのよびかけに
 
気づいてあげたら
 
向こうから簡単にあっさりと手を離してくれます。
 
 
私も目覚めの一瞥は何度かありましたが
戻ってしまったのは未完了な感情が残っていたからだと思います。
 
でも、感じるべき感情を全部感じてあげたことで
 
自我がすっぽりと空になったんだと思います。
 
 
そして自我の代わりに
 
意識そのものが私を動かせるようになった。
 
 
うまく言えませんが…
 
なんとか言葉にするとそんな感じです。
 
 
これからは実験的に
 
意識のままに生きていってみようと思っています。
 
 
ただ在ることが嬉しいです。
 
 
全ての操縦を意識に明け渡して
 
生きていってみますね!
 
 
どうなるんでしょう???
 
またいつでもスイッチ切り替えればいいだけなんでてへぺろ
(てへぺろりんこ)
 
 
先生)その実験の話も楽しみにしています