先生)卒業生のゆきさんですけど

今日の気分はどうですか?
 
 
→普通です笑
でも
昨日ほどは愛に溢れてはないです。
普通です。
 
愛の存在であることを思い出す
 
いわゆる
覚醒体験のようなものは何度もあるのですが、
それは強烈なので
いつもたいていまた平常に戻ります笑
 
でも、愛への戻り方は
 
すぐに思い出せるようになりました。
 
自分よりもっと大きな存在を思い出すのです。
 
それが本当の自分なんです。
 
 
でも自分の中にまだ未消化な感情が残っていると
 
そちらに引っ張られる力が強いので
 
愛に触れてもすぐに元に戻ってしまうんじゃないかと感じています。
 
 
元々、私は感情の起伏が激しくて
極端な性格でした。
 
何か一つが嫌になると
何もかも全て嫌になり
やさぐれが止まらない性格なんです。
 
実は自愛学校に入学する前日ぐらいまで
8ヶ月…(昨年夏から)
泣き暮らしておりましたウインク
 
 
先生)えっ!?滝汗8ヶ月もですか?
 
 
→はい。悲しみが止めどもなくて
夜になると涙が枯れるまで泣いてました。
 
そして 朝になりまた目が覚めると また
胸が痛くて泣いていました。
 
 
 
先生)何が悲しかったのですか?
 
 
→理由はありません。
 
 
きっかけは、魂の仲間と突然
会えなくなった事ですが。
 
まるで心を裂かれたように
思いました。
 
そのせいで何もかもできなくなって
しまって、、、
ただ悲しみにくれてました。
 
 
でも途中からは
どこからこの悲しみが来るのか
わからなくなりました。
 
本当に?私の?と思うほど
どんどん湧いてくる悲しみなんです。
 
 
ただ胸が痛くて。
 
涙って、ものすごい量でするんですよ!
ほんとに!笑
いや、ほんとに!笑笑
 
ある時、最後に悲しみが最高潮に達して
そして
なくなりました。
 
「あ、終わった。」
 
と静かに思いました。
 
また悲しむ事があるかもしれませんが
多分悲しまないです。
一生分悲しみました。
 
別に出来事の大きさで悲しみの深さが
変わることはないからです。
 
 
先生)それが自愛学校への
入学の理由ですか?
 
 
→はい。そうです。
 
悲しみに注いでたエネルギーを
全部自分に向けたい!って
おもったんです。
 
そしてずっとこだわっていた結果を手放しました。
 
感情は感じきれば
なくなるんだという事も分かりました。
 
何よりも
私って44年間もこんなに悲しみを持ったまま
生きてたんだーと驚きました。
 
 
だって来る日も来る日も悲しみが
どこまでも深くなり続けていきましたから
 
 
先生)それって魂の記憶
前世からのも全てですよね?
 
 
→そうだと思います。本当に理由なく悲しかったので。
実は悲しみの前は怒り💢を
やっていました笑
 
怒りが終わってその奥に
悲しみがあったんです。
 
 
自分と思ってる下に→
 
怒りの蓋があり→
 
怒りの蓋の下に→
 
悲しみがあるのではと思っています。
 
 
自分調べですけど笑
 
 
先生)悲しみの前は怒りの解放
してたんですね。
 
 
→もう怒りはだいぶ前なので忘れかけてますけど
一晩中怒り続けたこともあります。
 
一人部屋で…笑
 
 
先生)すごいエネルギーですね
 
 
 
(つづく)