ロシア大統領ウラジミール・プーチンが、暗号通貨こそ“未来”だと言う

 

 

【訳者注】訳者は、ビットコインについて、それが紙幣も中央銀行も廃止する通貨だということ以外に、よく知っているわけではない。しかしこれが、New World Orderの世界支配の手段である米ドルを、廃絶に追い込む通貨だとして、あえてプーチンが大胆にも国運をかけ、「一夜にして」政策転換を決定したというところに、感動して訳さざるを得なかった。翻訳の上の不備はご容赦を願いたい。

リビアのカダフィ大佐が殺されたのは、米ドルを脱して、アフリカだけに通用する通貨を作ろうとしたからだと言われ、JFK暗殺の背後にも、彼がFed(連邦準備銀行)に対抗して、米財務省発行の紙幣を作ろうとした事情があると言われる。ケネディは見えない糸でプーチンにつながり、トランプも深いところで、プーチンにつながっているように見える。

 

 

Jay Greenberg, www.neonnettle.com

December 20, 2017

 

speaking at the annual conference in moscow  putin said bitcoin end dominance of the us dollar

 

プーチンは、モスクワで行われた年次大会で演説し、ビットコインはアメリカのドルの支配を終わらせると言った。

 

 

 

 

ロシア大統領ウラジミール・プーチンが、「ビットコインは地球の財政の未来である」、それは「New World Orderを滅ぼす」力を持っていると宣言した

http://www.neonnettle.com/tags/vladimir-putin  http://www.neonnettle.com/tags/new-world-order

 

モスクワで行われた年次ニュース大会は、数時間引き続いて行われ、幅広い話題に及んだが、プーチンはそこで、暗号通貨(cryptocurrency)は、「世界の、アメリカ・ドルと中央銀行への依存を終わらせる」潜在力をもっていると言った。

 

なぜ、ロシアは、そのようなUターンを切ったのか?――暗号通貨には心配があって、つい昨年、ロシア政府の数人の高級官僚が、ビットコインは「わが経済にとって危険」で、「国家安全保障上、脅威である」と、断定した後ではないのか?――と訊ねられると、プーチンはこう言った:――

http://www.neonnettle.com/tags/Russia  http://www.neonnettle.com/tags/putin

 

「人々が疑わしく思うのは、その根底にある価値が直接、見えないのだから、自然のことです。それは彼らが、これは人工のもので、価値があるはずがないと思うからです。

 

Fiat(通貨)もまた人口のものですが、人々は、銀行がそう言っているのだから、それには価値があるのだと信じています。https://en.wikipedia.org/wiki/Fiat_money

 

「ビットコインは、その価値を決定する銀行を必要としません。それは人民のための通貨だからです。

 

「中央銀行を終わらせることによって、米ドルの支配と、フェイク戦争や市民暴動やグローバリストのアジェンダを通じて、絶えず押し寄せる、New World Orderを滅ぼすことができます。

 

「それはロシアだけでなく、あらゆる所の人々を解放することができます。

 

「それは新しい自由な世界における、地球的財政の未来です。」

 

Viceによれば、ロシアは、ビットコインや、他に生まれつつある暗号通貨のハブ国家として、先制的に自己を確立し、世界のビットコイン採掘ネットワークの、ほとんど3分の1を中国から獲得する、大胆な計画を推し進めている。

https://news.vice.com/en_us/article/3kp5pk/russia-is-going-all-in-on-bitcoin-and-everyones-got-a-theory

https://www.bloomberg.com/news/articles/2017-08-08/putin-s-aide-seeks-100-million-to-rival-china-in-bitcoin-mining

 

政府から私企業に至るあらゆる人々が、ブロックチェーンと、ビットコインを動かすテクノロジーを取り入れており、しかも彼らは、それを前代未聞のスピードでやっている。

 

アナリストたちによると、ロシアの突然の取り組みが始まったのは、201763日で、これは、大統領ウラジミール・プーチンが、サンクト・ペテルスブルグの国際経済フォーラムに参加したときであった。

 

プーチンがここで、Lenexpo Exhibishon Complexの廊下で、思いがけず出会ったのは、Vitalik Buterin、すなわち、「ビットコイン」のライバル「イーサリアム(Ethereum)」を創設した、ロシア‐カナダ人プログラマーであった。

https://cointelegraph.com/news/suddenly-vladimir-putin-meets-vitalik-buterin-endorses-ethereum

 

「この出会いの後、どうやら彼にひらめきが起こったようです」と、ロシアの経済専門家Tom Luongoは言う。

 

「これはロシアの金融と銀行サービスを急速に推し進める方法でした。彼らは今、彼らの全経済を効果的にディジタル化しようと動いています。」

 

そのアピールは明らかである。世界中のあらゆる大きな金融機関が、巨額のカネを、暗号通貨の研究につぎ込んでいるだけでなく、ある専門家によれば、正しい条件であれば――そしてロシアは正しい条件を持っているのだが――ビットコインの採掘は、「石油採掘より10倍もの儲け」になり得るのだという。

 

トム・ルオンゴの説明では、プーチンは、暗号通貨がまったく危険なものではなく、それどころか、国家の経済を、オイルやガスから離れて、多様化する潜在力を持つものだと、直ちに理解したという。

 

ロシアはこれまでのところ、主として、マーケットのリーダーであるビットコインと、ブーテリンの創り出した「イーサリアム」に焦点を置いている。

http://www.neonnettle.com/tags/bitcoin

 

イーサリアムは、ビットコインの市場資本化の、3分の1以下しか持ないものの(290憶ドル対930憶ドル)、多くの専門家は、そこにはより大きな未来があると見ている。それは金融世界で広範囲に利用されており、銀行や他の機関がこれによって、賢い契約を結んでいるからである。https://coinmarketcap.com/  

https://www.coindesk.com/information/ethereum-smart-contracts-work/

 

「この出会いの直後に、政府は、暗号通貨に軸足を替え、そして、これは画期的な変化をもたらすかもしれないテクノロジーだから、我々はその研究を始める必要がある、ということになったのです」と、脅威情報会社Recorded Futureの研究員、Andrei Barysevichは話した。

 

mobile application for bitcoin operations at the first cryptocurrency exchange point in moscow

 

 

 

モスクワの最初の暗号通貨取引での、ビットコイン操作用の携帯器

 

 

 

 

 

ロシアの軸足替えは、一夜にして起こったようだ。

 

国有の開発銀行VEBは、イーサリアムを基礎にしたプロジェクトを開発中である。ロシアの億万長者ビジネスマンのBoris Titovは、確実な投票を約束するブロックチェーン計画を始動させた。ロシアの中央銀行は、Masterchainと呼ばれる、独自のディジタル通貨を開発中であり、またBurger King Russiaは、そのレストランを促進するための通貨を考えている。

https://www.coindesk.com/ethereum-foundation-strikes-deal-russian-development-bank/

https://due.com/blog/russian-political-party-launches-first-ever-blockchain-social-project/

https://cointelegraph.com/news/burger-king-russia-releases-its-own-whoppercoin-powered-by-waves-platform

 

あるロシアの起業家は、うわさによると、彼の計画の特許を申請し、BitcoinEthereum、そしてEthereum Classicというブランド名の、ウォツカを発売する予定だという。

 

10月にプーチンは、彼の政府に対し、暗号通貨採掘を規制する法律を設け、さまざまなディジタル資産の法的な定義を確定するように、要望した。これは、この産業がどう展開するかについて、クレムリンにより大きなコントロールを与える動きである。

https://www.ethnews.com/putin-instructs-government-to-prepare-legislation-on-token-offerings-cryptocurrency?utm_source=MIT+Technology+Review&utm_campaign=bf2e0377b5-chain_letter&utm_medium=email&utm_term=0_997ed6f472-bf2e0377b5-154374569

 

Russian Miner Coin (RMC) は、プーチンのインターネット・オンブズマンDmitry Marinichevと共有の会社だが、この会社がいま、1億ドルの資金を募って巨大な倉庫を建設中で、そこにはビットコインの採掘だけを目的として、昼夜を通じて働く特殊なコンピューターが、ぎっしり詰まる予定である。https://www.bloomberg.com/news/articles/2017-08-08/putin-s-aide-seeks-100-million-to-rival-china-in-bitcoin-mining

 

この新手は、ロシアが始めたものではない。なぜなら中国がこの分野では過去2年間、支配しており、現在、世界のビットコインのほぼ60%を、採掘している。

 

このMiddle Kingdomの努力は、十分に報われている。1ビットコインの価格は、2017年初頭の1,000ドルから、今これを書いている時点で、新記録の2万ドル近くに跳ね上がっている。

 

ロシアはこのゲームに参加しようとしており、世界中の他のほぼどんな国よりも、競争上、優位に立っている。ロシアの電気は安価で豊富である――特にシベリアのような地域では。そのために、四六時中莫大な計算をする倉庫が、安いコストで経営できる。

 

アンドレー・バリセビッチは、現在の、政府のコントロールする電力価格であれば、ロシアはビットコインで大儲けをする機会を持っていると言っている。

 

「キロワットあたり2セントという電気があるならば、石油を採掘するより、10倍もの利益になります。」

 

しかし、プーチンの姿勢に、誰もが賛成するわけではなく、一部の専門家は、ロシアの突然の暗号通貨への興味は、アメリカの経済制裁の最新ラウンドと、重なっていると言っており、好意的なエコノミストでさえ、それは、回復しつつあるロシア経済に、打撃を与えると言うかもしれない。http://www.msnbc.com/rachel-maddow/watch/-crypto-currency-may-help-russian-oligarchs-beat-sanctions-1019606595624

http://edition.cnn.com/2017/08/02/politics/donald-trump-russia-sanctions-bill/index.html

 

特に、ロシアの大胆な暗号通貨への興味は、米政府の注目を免れなかった。

 

アメリカの財務省は声明を発し、ロシアの暗号通貨の採用が増加したことは承知しており、ロシアは絶えず、「展開する傾向と、制裁を回避する新しい潜在的な方法」をモニターしている、と当省報道官は言った。

 

ロシアの、ビットコインやイーサリアムのような、ほとんど匿名の通貨に対する情熱は、ロシアの財政問題が、これ以上、注目されたことがないという時期に起こったものだ。

 

安全保障コンサルタントで、元CIA役人のMarc Johnsonは、初期の兆候を見る限り、それは全体として「誠実な」ものだと言っている:――

 

「ロシアのブロックチェーン共同体には、このテクノロジーが独特の可能性をもつために、その成功を心から願っている、多くの誠実な人々がいる。」

 

                                ――以上