皆様、こんばんは。

 

 

個々の力を引き出し魅力あふれる人財へと導く
人材育成コーチの扇谷ちかです。

 

 

CAを辞めた頃なので、

既に6-7年ほど前の話になりますが、

少人数の座談会のような企業説明会に参加したことがあります。

 

 

その説明会が終わった時に、

ものすごいストレスと疲労感。

 

 

通常 説明会等は、

あらかじめ時間が決められていますが、

 

 

開始時間は

説明をされる方の到着待ち

 

 

いつ始まるか分からない状態で、

もう間もなく…と何度か伝えていただきましたが

かなり待たされたように感じました。

 

 

更に

何時に終わる‥という情報がなく

 

 

どのような仕事なのか

興味がもてるような仕事内容なのか

続けられる環境なのか

人間関係はどうなのか

 

 

関わったことのない業界で仕事をする上で必要な情報を得たかったのですが…

 

 

説明もよく分からないまま

仕事をする環境として良い印象を受けることは

残念ながらありませんでした。

 

 

双方向というよりも

ほぼ一方通行

同意を求めているような話をされても

言葉を挟んだり質問する間を与えてはいただけず

 

 

疲弊した一番の理由は、

同じような内容が繰り返され

終わりが全く分からず

途中で具合が悪くなった方もいたほど。

 

 

終わりなき説明に

何時に終わる‥という情報がないと

それぞれ予定や都合もあるので困ってしまいます。

 

 

ミーティングでも

時間の設定がなく

一方通行だったり

話の内容が掴めないと

下を向く方が増えたりしますよね。

(職位が上にいけばいくほど話が長いような…)

 

 

ミーティングや打ち合わせ、

面談であっても

 

 

その人数の多い少ないに関わらず

時間の設定と

何のために実施しているのか‥

事前に準備しておくことが重要です。

 

 

発言をする際も1分程度にまとめられるよう意識し

長くなる場合は、

同意を求めたり質問がないか確認する間を挟んで

双方向を意識することも必要です。

 

 

 

今回は、詳しい説明はしませんが

要点をまとめたり、話すことが苦手‥という方は、

ホールパート法やPREP法を使い伝える練習をすることも

様々な場面で役に立つので調べてみてくださいね。

 

 

 

最後までお付き合いいただきありがとうございます。

 

 

暑かったり寒かったりと体温調整が大変な季節ですが

体調を崩さないよう気を付けてお過ごしくださいイチョウ

 

 

 

 

       フォローしてね…

 

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
       にほんブログ村