22系クラウンRS ウォールナット・ミディアムブラウン登場。 | Grazio&Co.社長日記

 

報の通り、実現させましたグッド!

 

 

胡桃の年輪です、

 

ウォールナットです。

 

 

なんだか・・・

 

自分のフィールドに帰ってきた

 

という感じです照れ音譜

 

 

 

読者の方の中には

 

ご承知の人もおられると思いますが

 

これは

 

”福井県T様”

 

からのご用命に端を発したもの。

 

 

「クラウンって、カーボンじゃない」

 

 

という名言キラキラ

 

 

 

 

もちろん、

 

カーボンもアリ

 

だと思ってますあせる

 

 

事実弊社のデモ機は

 

”フルコンポジット”

 

ですしねおーっ!あせる

 

 

 

 

ただ、やっぱりその辺を決めるのは

 

お客様、オーナー様だと思うし

 

僕らはその選択肢の幅を

 

広げることが使命なんだと思うひらめき電球

 

 

 

 

そしてなによりも

 

前回のご紹介時の反響が

 

 

凄まじかった

 

 

のも事実。

 

 

 

 

こんなに反響があるのも

 

異例なのかな・・・

 

という事が僕自身の背中を

 

押した感もありますし、

 

「クラウン」

 

というクルマの存在感を

 

今一度考えさせられる

 

キッカケにもなりました花火

 

 

 

 

で、

 

まずは 王道の トリムからグッド!

 

 

 

 

ウォールナット調の

 

”ミディアムブラウン”

 

からご案内して参りますキラキラ

 

 

 

 

弊社の現在の設定でも

 

”ミディアムブラウン”

 

と表記するトリムはたくさんあって

 

何種類だろうはてなマークはてなマーク

 

LS、RX、LX、セルシオ、ハリアー、

 

プリウス・・・と

 

かなりあるのですが、

 

その中でも

 

 

 

 

 

こちら、

 

「レクサスLX」

 

に採用される仕様でご案内を

 

させて頂くことにひらめき電球

 

 

写真は以前の弊社デモ機、

 

どこまでが純正で

 

どこが製品かはてなマーク

 

 

は割愛しますね(笑)

 

 

間違いなく製品装着車両グッド!

 

 

 

LXの場合は本木目、

 

そしてなぜかはてなマーク

 

このトリムはLXの場合だけは

 

”ダークブラウン”

 

って呼称してるんですよねあせる

 

 

・・・余談ですが。

 

 

 

 

それと、

 

 

 

これも弊社の製品装着車両キラキラ

 

 

かなり古いファンの方なら

 

ご存知頂いていると思いますが

 

プリウス とかで知って下さった

 

ファンの方は知らないかもアセアセガーン

 

 

17系クラウンのミディアムブラウン

 

装着車両ですね音譜

 

 

こうした伝統的な流れも

 

重んじて、

 

まず最初に ”茶木目” から

 

ご提案させて頂こうビックリマーク

 

 

 

と、なりました。

 

 

 

 

 

「シフトコンソールカバー」

 

はかなりの専有面積で、

 

相当な高級感キラキラ

 

 

 

以前のブログでも書きましたが

 

”小物入れフタ”

 

 

”2つのカップホルダー”

 

など

 

「年輪が連続して繋がってる」

 

というこだわりですキラキラ

 

 

 

 

 

こんな感じです。

 

センチュリーさながらの

 

”一枚張り”

 

を彷彿とさせる手法です。

 

 

 

それとともに 有識者の眼 をも

 

一瞬欺く(?)あり得ないヴィジュアルです爆  笑チョキ

 

 

 

 

 

こうした開閉動作などに

 

支障が出ないのも

 

「完全純正交換方式」

 

だからこそ。

 

 

 

メンテフリーでかつ

 

純正部品として疑う余地のない

 

見た目以外の存在感もあります音譜

 

 

 

そうやって

 

ず~~~っと15年位

 

やってきてますチューあせる

 

 

 

 

 

それとマストなこちらのアイテム、

 

「シフトノブ」

 

も今回設定させて頂きました。

 

 

例によりまして

 

本体仕様には複数の選択肢

 

 

設けていますチョキ

 

 

 

 

例えばこちらの写真、

 

ブーツは純正

 

シルバーのダブルステッチです。

 

 

 

それと連動するように

 

”シフトノブにもステッチ”

 

が入っていますひらめき電球

 

 

もはや自然すぎて

 

気づくこともないはてなマークあせる

 

 

 

という領域だけどショック汗

 

 

 

 

 

この本体側には

 

黒革のスムースも、こちらの

 

黒革ディンプルもあります。

 

 

ご用命があれば 白本革 での

 

ご用意も全く問題ありません花火

 

 

 

ただ・・・

 

白革内装のお車には、今後登場の

 

超似合うトリム

 

があるので、もう少し待って欲しいラブラブ

 

 

 

 

シフトノブとシフトブーツの

 

このコーデです。

 

 

”クラウンの内装写真”

 

って見せられて

 

もはやなんら抱く感想もない・・・

 

 

というくらいの画ですよね爆  笑チョキ

 

 

 

良いんですよ音譜

 

最高の褒め言葉ですラブラブ

 

 

 

 

それと、

 

RSではこの部分も純正で

 

カーボン調なので

 

ご用意しました

 

「ウインドウSWベース」

 

です。

 

 

これはフロント用で~

 

 

 

 

 

こちらはリヤ用。

 

 

天面ウッド加飾の下に

 

薄型で敷かれるようにセットされる

 

純正金属調

 

も含まれていますグッド!

 

 

 

 

 

 

こうしてみると

 

確かに目新しさはないかも。

 

 

だけど、問答無用の説得力を

 

感じるのも確かひらめき電球

 

 

古いか新しいか、よりも

 

「良いものは良い」

 

という姿勢かもしれない。

 

 

 

 

革素材のアームレストと段差が

 

出来ちゃったり、

 

ボタンが一段奥に引っ込んじゃったりして

 

押しにくくなった・・・・・・けど

 

我慢しようアセアセガーン

 

 

 

なんてことは

 

一切ありません

 

ので安心して下さいパー

 

 

 

 

 

 

リヤドアに装着をすると

 

こんなイメージです。

 

 

元々はカーボン調なので

 

黒内装だとどうしても

 

色調が単調になってしまって

 

安っぽい汗

 

という印象やご意見になっている

 

気もします。

 

(安っぽくないんだけどあせる

 

 

 

だから色彩感という点で

 

これはもうひと目で認識できるし

 

わかりやすい高級感キラキラ

 

だとも言えると思うんです。

 

 

 

 

これで22系クラウンの

 

室内に不満があったオーナー様も

 

少し打開につながれば・・・

 

 

とにかく自信を持ってオススメする

 

 

本物凌駕

 

 

のウッド調となります。

 

ご検討下さいラブラブ

 

 

 

 

そして・・・

 

 

 

今後は今回登場の

 

”ウォールナット・ミディアムブラウン”

 

に続いて

 

 

 

 

既に準備完了グッド!

 

 

「縞杢調」

 

 

も登場しますし、

 

 

 

 

現在RAV4で展開目前の

 

「バンブー調」

 

も22系クラウンで登場しますチョキ

 

 

 

 

全ては可能性ですよね、

 

クルマいじりに正解なし花火

 

 

 

 

ただ、選択肢はないとですね・・・

 

選びようもなければ

 

方向性もなにもないからおーっ!あせる

 

 

 

 

 

楽しみにして下さいチョキ

 

 

 

 

 

 

 

それではパンダ

 

 

 

 

 

 

 

 

●22系クラウン 「3コートグラフィックインテリア」

http://www.grazio-co.com/22crown/azsh20_3coat.html