C-HR内装です、ここまで出来るんですっ!! | Grazio&Co.社長日記

テーマ:

 

解は出来ていますひらめき電球

 

 

トヨタが生み出した

 

世界戦略SUV

 

”C-HR”

 

 

大ヒット作となりましたアップ

 

 

 

がっビックリマーク

 

 

 

あくまでも 高級車 では

 

ありませんよね。

 

最も購入するオーナー様にも

 

そういう側面の期待感は

 

恐らく無いと思うんですあせる

 

 

 

やっぱり C-HRの魅力 って

 

そこじゃないですしね。

 

 

 

・・・・・でもですね

 

思いました、あたすひらめき電球

 

 

 

 

C-HRが弊社にやってきて

 

およそ1年半。

 

 

 

やっぱり見慣れてくると

 

 

(う~ん・・・もうちょいアレだよなぁ汗

 

 

 

毎回思うようになり。

 

 

 

最初はその美しすぎる

 

まるで ”ショーカーそのまま”ハッ

 

のような造形美。

 

 

とか

 

 

期待を良い意味で

 

裏切りまくる

 

旋回性能とか、キビキビと

 

進んでいくピックアップとかキラキラ

 

 

 

 

納車からだんだんと

 

満足度が上がっていくアップアップ

 

 

 

という印象だったんですよ。

 

 

 

 

でも、ここへ来て

 

気になり始めたのが

 

 

「インテリアのチープさ」

 

 

でして・・・アセアセ汗

 

 

 

 

やはり クルマ好き たるもの

 

あっちこっちへ出向いて

 

まぁ、見なきゃ良いのに

 

色んな車見るでしょはてなマーク(笑)

 

 

 

新しい車やMCモデルなど・・・

 

 

を見ているうちにですね

 

 

 

(C-HRもう少し手を入れよっか・・・

 

さすがになぁ・・・)

 

 

 

と、なっていきまして爆  笑チョキ

 

 

 

 

で、

 

 

 

 

こんな風にしてみました照れ花火

 

 

 

率直にどうですかねあせる

 

皆さんが知っている

 

 

”C-HRインテリア”

 

 

の雰囲気じゃないでしょはてなマーク

 

 

 

ズバリビックリマーク

 

最も意識したことは

 

 

「C-HRを高級車仕立てに」

 

 

ということでしたキラキラ

 

 

 

 

 

 

このインテリアは

 

「ウッド&レザー」

 

を全面に推しまして、

 

トヨタでいうと純正でも

 

ここまで素材感を押しだしているのは

 

センチュリーくらいか。

 

 

 

間もなくやってくる

 

”新型クラウン”

 

でも純正の状態では

 

ここまでの素材感はなく、

 

・・・最も

 

「Aピラーパネルのレザー仕様」

 

なんて

 

それを言ったら世界基準でも

 

片手で足りるかもしれないしあせる

 

 

 

 

「リコリスブラウン」

 

というC-HRの純正が採用している

 

色調のトリムを

 

最大限まで近似させまして、

 

それを使用。

 

 

 

ウッドに関しまして

 

少し前までの

 

Mercedes ”AMGパッケージ” や

 

BMW ”M-SPORT”

 

なんかに採用されていた

 

 

「ブラックアッシュ」

 

 

系のウッドトリムを使用しましたキラキラ

 

 

 

 

ちょっとウッドに関しては

 

わかりにくいかもあせる

 

 

 

ダッシュアンダーのレザー

 

はわかりますよねグッド!

 

 

何度かお伝えもしていますが

 

助手席ドアの一番端

 

から始まるダブルステッチラブラブ

 

 

 

 

2本線がカーブを描いて

 

また直線。

 

で、またコーナーを経て・・・・・

 

 

 

と流れていく光景は

 

信号待ちの一瞬であっても

 

オーナーの心に刺さるはずです。

 

 

 

 

 

センターセクションはこの感じ音譜

 

 

本当は

 

”シフトノブ=ブラック”

 

”シフトブーツ=ブラック”

 

でも良かったんだけど・・・

 

 

 

とにかく 「国産車離れ」 したい

 

って言うことと

 

 

圧倒的

 

 

な異質空間にしたかった。

 

極めてわかりやすく。

 

 

 

 

なので、日本車ではあんまり

 

見ることがない

 

”茶色いシフトノブ”

 

”茶色いシフトブーツ”

 

に意図的にしていますグッド!

 

 

 

 

そしてその後ろ

 

「センターアームレスト」

 

 

これも純正意匠を踏襲した

 

”ダイヤキルト仕様”

 

音譜

 

 

 

弊社デモ機はMOPシートなので

 

ダイヤキルト無いんですけどねあせる

 

 

 

 

アームレストの 触感 は

 

是非体感してもらいたい花火

 

 

純正が割とカチカチじゃないすか(笑)

 

 

 

”高級車然”

 

とした肘を置いた時の

 

あの独特の感じを

 

再現したつもりですグッド!

 

 

 

 

 

 

運転席を開けて

 

乗り込もうとすると

 

まずは

 

”スタートボタン”

 

”ステアリング”

 

に眼が行く。

 

 

 

見慣れないカラーなんですよ、

 

それもレザーだし

 

ステッチも入っていて。

 

 

 

(おいっ、これは・・・ハッ

 

 

 

と挨拶代わりのセクションですかね爆  笑音譜

 

 

 

 

 

その後、

 

シートの側面にダブルステッチ

 

を見ることと思います。

 

 

 

よくよく見てみると・・・・・

 

 

 

(ここも革じゃんかよっおーっ!ハッ

 

 

 

という感じで、

 

良い意味で多くの方の

 

”既成概念”

 

を超えてくるのではないか

 

・・・というか

 

超えてほしいな

 

と考えておりますチョキ

 

 

 

 

自社の製品ですので

 

それは悪く言うことはない・・・・・

 

んですがあせる

 

 

 

 

でもね、

 

 

 

 

世界に名だたる高級車

 

 

所有するオーナー様が見ても

 

恐らくパートによっては

 

 

 

(まぢか・・・トヨタでこれはてなマークおーっ!あせる

 

 

 

と、内心思って頂ける

 

そのくらいの領域でご用意を

 

させて頂いているつもりです、

 

本気で(笑)

 

 

 

 

 

「どこに出しても恥ずかしくない」

 

 

 

どころか、

 

そういうスーパーモデルの

 

オーナー様も

 

 

「これ・・・どこではてなマーク

 

 

 

思わず聞いてしまうような

 

そんな質感、本物を

 

皆様にご提案してまいりますキラキラ

 

 

 

 

 

 

とにかく僕のテイストでは

 

あるんですが、

 

新型クラウンの試乗車

 

とかに乗せて頂くと

 

もう C-HRインテリア の

 

雰囲気に慣れてしまっているので

 

 

 

(おい・・・まぢでかえーん汗

 

 

 

と、

 

あちこちを見て、触って

 

思ってしまう自分がおりますびっくりあせる

 

 

 

 

 

愛車の室内が高級であって

 

不足はない

 

 

 

 

というのが僕の意見。

 

 

内装を変えたから

 

走りが変わるわけじゃないのでパー

 

 

 

どうせなら

 

こんな素材に囲まれて

 

愛車への想いを

 

更に深めて欲しいですラブラブ

 

 

 

 

 

ぜひご参照下さいキラキラ

 

 

 

 

 

 

 

でわ。

 

 

 

 

 

Grazio&Co. C-HR 「インテリアセレクション」

http://www.grazio-co.com/chr/chr_select.html

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Grazio金田さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス