C-HR 「Aピラーひねり技」(笑) | Grazio&Co.社長日記

テーマ:

 

さい部品こそ精巧な感じラブ

 

 

片手の手のひらに充分乗る

 

くらいの部品です。

 

C-HRのAピラーのパネル。

 

 

 

 

 

元々純正だとこうなっています。

 

外板のAピラーを跨ぐように

 

して、

 

ドアミラー側へ三角の意匠。

 

フィンが造作されている場所です。

 

 

それを元々は

 

”SHIBOTORI”

 

の一環として

 

 

 

こうして グロスのブラック へ

 

生まれ変わらせるご提案でしたキラキラ

 

 

 

でもこれは、

 

”2トーン”のときに有効かもしれないけど、

 

”単色ボディ”

 

の時は、そもそも

 

Aピラーの一部を黒が横切る

 

事自体が変じゃないのかあせる

 

 

 

って言う意見もあって

 

こうしてみたわけですひらめき電球

 

 

 

 

上が純正。

 

下が今回の新作ですキラキラ

 

 

 

そして実際に070車両へ

 

装着してみた例がこちら↓

 

 

 

確かに・・・・・・汗

 

 

こうして装着をしてみると

 

すごく自然ですひらめき電球

 

 

 

 

こうだったものが

 

 

 

 

このような見た目になります音譜

 

 

 

 

 

ちなみにワンカットで

 

見ていただきますと~

 

 

 

 

 

こういう変化ですグッド!

 

 

 

 

そしてもう一台、

 

”8T7ブルー車両”

 

でも同様の比較を行ってみましたひらめき電球

 

 

 

 

 

やはりブルーの時も

 

Aピラー状を横断するように

 

”黒シボ素地”

 

が介入しますあせる

 

 

 

 

こうすると部品のチリ目こそ

 

残ってしまいますが、

 

やっぱり自然な感じがしますキラキラ

 

 

 

側面の三角形の部分も

 

光沢が増して艷やかになっています。

 

 

 

 

 

いいですよねラブラブ

 

 

 

もちろん、部品の最下部に

 

見えている

 

”ゴムモール”

 

も純正と同じ再現を行って

 

 

「いかにも純正部品」

 

 

のように感じられる

 

ヴィジュアルを意識しておりますアップ

 

 

 

 

 

 

こちらもワンカットで見て頂きますと~

 

 

 

 

 

 

こんな感じの変化となりますキラキラ

 

 

 

 

 

今回ご紹介したのは

 

一例として

 

「070」 と 「8T7」 の車両でしたが、

 

もちろん

 

 

 

 

カラーは純正設定色全てご指定が

 

可能となっておりますクラッカー

 

 

 

交換もとっても簡単ですし、

 

ちょっと人とは違う

 

 

「指摘の出来ない美学」

 

 

をご堪能頂けたら

 

とってもうれしいですゲラゲララブラブ

 

 

 

 

 

 

 

ぜひご検討下さい。

 

 

 

 

 

●Grazio&Co. エクステリア純正然 ページ

 http://www.grazio-co.com/chr/chr_ex_std.html

 

 

 

 

 

 

Grazio金田さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス