「イヨマンテの夜」に心臓ぶち抜かれる | 毎週のレッスンがセラピータイム♫

毎週のレッスンがセラピータイム♫

ちょこっとだけなまってるブログ。
青森県三沢市で歌やピアノ教えています。
不登校・障害があるお子さんもご相談ください。
「音楽の先生専用カウンセリング」やってます。

いやーーー

朝ドラ「エール」の最終回コンサート

最高でしたデレデレ



とくに吉原光夫(岩城さん)さんの

「イヨマンテの夜」

には心臓ぶち抜かれました❤️

思わず声出ちゃったもんね。



見逃した方はお昼の再放送を是非✨



朝ドラであれだけのプロの歌手や

ミュージカル俳優さんたちが出てたんだ。

なんて贅沢なドラマだったのでしょう〜



なんかコンサートを聴いていて

ただただシンプルに楽しかった。

本来音楽ってこれでいいんだよな。

と改めて実感。



本当に久しぶりに自分も

歌いたい気持ちになってしまいました。



私自身演奏することから離れて

しばらく経ちますが

離れることで色んなことが見えてきました。



自分が演奏しない事を

なんやかんや言い訳していたけど

その理由を理屈っぽくこね回したり

評論家ぶって講評しようとするのは

シンプルに

怖かったから

なんだなーーと分かりました。





いざ自分が演奏する番になると

今度は自分が言われるんじゃないか

とか思ったら

怖かったんだなー

って。

だから逃げたくなっちゃったんだな。



ああやって、プロとしてステージに

立っている人たちは

もちろん才能もたくさんあるけど

ひとの何倍も努力して

バッシングがあったとしても

自分を信じて

立ちはだかる壁ををちゃんと乗り越えて

掴み取ったから輝いているんだなー

と思いました。





輝く人って乗り越えている人なんだね!



なんかそう思ったら

キラキラ輝いている人に

変な敵対心やジェラシー感じるなんて

なーんて自分はちっぽけだったんだろーな

と思いました。


向き合うのは自分なのだわ。

そして信じるのも自分。


と、朝の15分のコンサートで

ここまで考えさせられました。

やっぱり「エール」ってすごいドラマだった。

ありがとうエール音譜音譜音譜