granja rural (記憶に残る野菜)京都のニゴ農家 

granja rural (記憶に残る野菜)京都のニゴ農家 

京都の山間の亀岡市で兼業農家をしております。
25(ニゴ:2日間農家、5日間会社員)農家です。

幼少期から嫌いであった人参をひょんなことから栽培することになりました。

京都の人参屋さんことグランジャルラルです。

 

当農園はご存知の通り、

人や動物、自然に優しい農業をコンセプトに人参を中心に栽培しております。

 

 

人だけでなく、最近は市販の野菜を食べない犬などの動物が

当農園の人参を食べるといったことがあります。

動物は匂いやその他感覚で体に合うか合わないかを見分けているのでしょうか。

果たしてそのようなことがあるのか不思議に思います。

 

動物の行動を解明することは難しいですが、

実際に当農園で栽培する人参「京都の香る人参」の

成分分析と人参内部に含まれる残留農薬の結果を紹介します。

 



①成分分析  *一般的な人参と比較

・糖度:9.4

・ビタミンC約135%

・抗酸化力約136%

・硝酸イオン 1/18

 

糖度

 特に高めるような栽培はしておりませんが、夏場が9以上、冬が10以上になります。

ビタミンC

 とても高い結果となりました。

抗酸化力老化、病気予防)〜

 最近注目され、体内の活性酸素を減らし老化の進行をおさえる働きがあります。

 活性酸素は体内の病原菌等を減らす役目もありますが、多すぎると老化や病気の原因になると言われています。

硝酸イオン

 ガンや血液異常に関係するとされる物質で、レタス、ほうれん草など葉物野菜に特に存在します。

海外ではその基準値が決まっておりますが、日本は基準がないため高い場合があります。

 野菜の生長には窒素成分が必要ですが、窒素成分の多い肥料(化学肥料、有機室肥料)を土に混ぜると

 生長は促進される反面、この硝酸イオンが野菜内部に蓄積され毒性が高くなります。

 また、苦み、害虫を集める物質の分泌、地下水の汚染の原因と様々な影響を持ちます。

 

 ②残留農薬 *人参内部に含まれる残留農薬を調査

  450種類の残留農薬が全く検出されず

 除草剤や農薬など一切使用はしてませんが、より安全性を担保するために調査しました。

 一般的に使用されている農薬が約200種類、農林水産省が許可している農薬が約800種類らしいです。

 

当農園は、特別、何かの成分を高めるような栽培はしておりません。

より安全で普通に食べられる人参(野菜)を栽培するようの心がけてます。

農地が移転してもされなる自然に近い栽培の探求をしていきます。

 

9月中旬ごろ収穫予定の人参の予約販売が始まっております。

ご予約は以下のサイトよりお願いします。

https://granjarural.official.ec/

 

■■□―――――――――――――――――――□■■
自然のテーマパーク
granja rural(グランジャルラル)


【電話番号】
090-2060-4868

【住所】
〒621-0263
京都府亀岡市畑野町土ヶ畑

【営業時間】
010:00~16:00

【定休日】
不定休のため、以下農園専用LINEアカウントにてご連絡ください。
https://lin.ee/xBjI6Gx
■■□―――――――――――――――――――□■■




引用元:京都の人参屋グランジャルラルの「京都の香る人参」〜成分分析・・・・
京都府亀岡市の標高400m以上にある自然そのままの古民家農園で

 

「農業と自然体験」

を8月よりオープンします

 

私たちが農業で大切にしている

〜人や動物、自然に優しい農業〜

で重要な土づくりを一緒に体験します。

 

山や川で自然のままに遊びます。

 

遊びのプログラムやする事を

こちらから全て決めるのではなく

 

自然にあるものだけで何をしますか?

自然環境を壊すことなく遊びましょう!

 

オモチャや遊具もない自然の環境で、

それぞれの主観性や個性のままに

行動してもらいます。

 

自然には危険な場所等もあるため、

安全性を確保しながら遊び、学んでもらいます。

 

内容の詳細は添付の資料を見て下さい。

 

また申込み、問合せについては、以下のLINEアカウントまで

@granja-rural

 



 



 



 

■■□―――――――――――――――――――□■■
自然のテーマパーク
granja rural(グランジャルラル)


【電話番号】
090-2060-4868

【住所】
〒621-0263
京都府亀岡市畑野町土ヶ畑

【営業時間】
010:00~16:00

【定休日】
不定休のため、以下農園専用LINEアカウントにてご連絡ください。
https://lin.ee/xBjI6Gx
■■□―――――――――――――――――――□■■




引用元:【京都府亀岡市の古民家農園】農業と自然体験がオープンです!
この投稿をInstagramで見る

* * * 農業を通じて野菜を栽培することは 何の意味があるのかふと考えること があります。 考えても答えが出ないのを知っていながら * * 人から聞かれたとき、チラシを作るときの 文言は表面上のことのように感じることも * * 写真のような単なる野菜の枝葉ですが 何度育てても不思議と惹きつけられます 畑にしゃがんで見ているだけです なぜずっと見ていられるのか * * 『自然』の神秘性なのかも知れません 庭園や公園など維持された自然とは違い 予測できない変化を起こす野菜や自然 この予測できない特徴に魅了されるのではと考えます * * 子供の頃に山と川が居場所になったのも 自然の神秘的な要素に吸い込まれていたのではと推測します * * 野菜を育てることと子供の時の自然に 共通点があるのではないでしょうか * * 研究者によると 人と自然はなんらかの心理的なつながり を有していると述べられてます 興味ある分野なので論文を読みあさってます☺️ * * * * #granjarural #グランジャルラル農園 #京都の山にある古民家農園 #京都の人参屋さん #家族で自然の農業体験 #自然素材を一緒に集めて農を知る #自然農業を知れば子供たちはかわる #農業を通じて自然で遊び伝えたいこと #京都の亀岡市 #人参の収穫体験 #自然に近づける人参栽培 #形や大きさよりもひとつの野菜が恵み #野菜の風味は子供が将来へ伝える #記憶に残る野菜

記憶に残る野菜®︎(@granja_rural)がシェアした投稿 -

この投稿をInstagramで見る

* * * 8月から自然を通じて子供たちへ伝える体験が オープンしました。 いつもお世話になってるご家族、 お友達が来てくれました * * 自然そのままの環境で自分たちで遊びを考えます わたしが幼少期だった頃とは違い 遊ぶ道具が増えた生活環境に慣れ 何もない自然にいくと遊び方に戸惑います * * 川の石や砂、流木、石の裏の生物観察など 遊び方はいっぱいあるけれども1から生み出す 自然遊びが難しいのか興味が湧かないのか わたしの小さな記憶の押し付けなのか 後者だと感じ その違いに戸惑うおっちゃんでした😅 * * どちらが正しいとはないけれども 毎日自然で遊ぶことしかない環境で育ったおっちゃんと 何でもある環境で育った子供たちとの違いでした 子供たちへ伝える考えは少しカッコつけだったのか 逆に教えてもらったことに嬉しく思います * * メンバーと再度打ち合わせをしまして 単に自然という広い領域に放つのではなく * * 人は食から 食は農から 農は自然(土)から この流れに沿う経験を子供たちへ見直します * * * * #granjarural #グランジャルラル農園 #京都の山にある古民家農園 #京都の人参屋さん #家族で自然の農業体験 #自然素材を一緒に集めて農を知る #自然農業を知れば子供たちはかわる #農業を通じて自然で遊び伝えたいこと #京都の亀岡市 #人参の収穫体験 #自然に近づける人参栽培 #形や大きさよりもひとつの野菜が恵み #野菜の風味は子供が将来へ伝える #記憶に残る野菜

記憶に残る野菜®︎(@granja_rural)がシェアした投稿 -