こんにちは、高嶋れい子です。

 

自己紹介はこちら

今の私に至るまでのStoryはこちら

 

 

 

このところセッションに来てくださる方が嬉しい報告をしていくださることが多くて

「盲点を突かれた感じだったのが今はすごく腑に落ちていて」とか

「自分の知らない自分を見ました」

という感じで再度ご予約していただくことが増えてます。

 

なんとも、嬉しい限りの今日この頃です。

 

 

 

そんな今日の私は肩こりがひど過ぎてもう、サロンパスの匂いしかしない「ウィンターグリーン」のオイルを肩にヌリヌリしました。

 

 

 

 

 

効果抜群なんですが、もうサロンパスの原料はこれなんじゃないか、というくらい湿布のにおいがします(笑)

 

 

 

 

 

 

「自分らしく」

「自分軸」

「私らしさ」

 

そんな言葉が注目されるようになったのっていつからなのでしょう。

 

 

それだけ世の中に選択肢が広がっていって迷うからこそ

「自分はこれ」というものをはっきりさせたくなってしまうのだと思います。

 

 

私もこのブログの中でも何回も書いたと思います。

自分軸が整った!とか

自分らしく生きていく決意をした

とかそんなことを。

 

 

 

でもね、なんかそれって違う気がするのですよ。

 

わざわざ定義するまでもなく

今もうすでに自分が持っていて

自分の中にあるものだから。

 

そしてそれはとても言語にして表せるものではなく

一人一人全く違うものだから

表す必要もない

 

そんな風に感じます。

 

 

 

 

 

今日読み終わった本で

『不思議なキリスト教』という本があります。

 

 

 

 

出版されたのは2011年・・かな?

 

 

 

私たち日本人にとってはキリスト教ってそんなに身近なものではなく理解しがたいことも多いと思うのです。

 

それを、本当に丁寧に、疑問に一つ一つ答えて、現代の西洋社会のバックグラウンドにあるキリスト教的な思想の理解を深めてくれる一冊です。

 

 

 

これを読んでわかったのは

 

私たち日本人は相当に西洋思想からかけ離れたところにいる

ということなのです。

 

 

 

今の世界の中心が西洋(アメリカ・ヨーロッパ諸国)であるということは(今のところはね)その国々が2000年も前から信仰してきたキリスト教というのは、その世界の思想に私たちが思う以上に深く根付いているわけなのです。

 

 

そもそも、「西暦」という数え方がイエス・キリストの誕生を起点にされているわけなのだから、世界の仕組みはキリスト教に影響されまくっている。

 

 

それにくっついて日本も近代化してきたわけですが

私たちはどうやっても日本人的なんですよね。当たり前なんですけども。

そして私たちは日本人で日本に住んでいるから、当たり前過ぎてなかなかそれに気づけない。

 

 

私も仏教や神道を特別に信仰しているというわけではないのだけれども、日本人的な思想として、モノや自然に神様が宿っているとかそういうことは自然に受け入れている。

 

でも、一神教であるキリスト教には全くそういった概念がないわけで、神様の存在がぜったいで、他の神様の存在も認めないのです。

 

 

そう考えたら私たちがこの国に住んでいて日本人として生きているというのは、割と世界的に見てメジャーではない思想の持ち主なのかもしれない。

 

 

 

ちなみに、私も幼稚園はカトリック系で、「天にまします我らの神よ・・・」とお祈りしたのをよく覚えています。

 

その時、子供用の聖書をもらったのですが、もうちょっと大きくなってから読んだら全然思想が理解できなくて、「???」となったことを覚えています。

 

え、神様なのに普通に人の悪口言ってるわ!!みたいな^^;

 

 

 

キリスト教が嫌い、というわけではないですよ

 

 

 

もっと言えば、私たちには固有に受け継いできた「魂」というものがあるわけで、それがずっとずっと昔から経験してきたことは今のその人を形作っていると言えます。

 

そして、この世に生まれて経験してきたこと全てがその人のバックグラウンドです。

 

 

誰にも経験し得ない、その人だけのもの。

 

 

 

多神教を信じ、物や自然の中に神を見出し神と共存し

1600年ほども一度も「国」が変わることなく続いてきた日本の中で暮らし

何世紀もかけて受け継いできた魂を持って生まれてきたこの世で

何度も困難をくぐり抜け喜びと悲しみを繰り返してきた人生は

あなたのものでしかありません。

 

 

そんなことを考えると

 

「自分らしさ」

 

など考えるまでもなく

 

今までのバックグラウンドが全て備わっている

それがあなた自身で

あなたはあなたでしかない。

 

 

 

もう、そういうレベルの話だと思うのです。

 

 

 

自分らしさや自分軸がないと思っていてそれを探したり見つけにいく

その行為自体が自分軸を失っているということになりませんか?

 

 

 

自分らしさや自分軸は探さなくったて手元にあります。

あなたは、あなたでしかないのだから

 

ここにいけば見つかりますよと言われても

見つけられるのは自分の内にしかないはずです。

 

 

 

 

私がセッションにエッセオンシャルオイルを使っているのには理由があります。

 

世間ではオイルはリラクゼーションのためのものという意識がまだ根強いかもしれないのですが

 

元々は古代エジプトの時代に司祭や聖職にあたる人が儀式の際に使用したり、自身の霊性を高めるために使用していたものだったりしたのです。

 

そのくらい、100%純度の高い、精妙なエッセンシャルオイルは

人間の奥深くにまで作用し、潜在的に眠っている自分(の魂)を呼び起こしてくれるものでもあるのです。

 

 

 

ま、オイルもただのツールですから(笑)

最後は自分の問題になるわけなんですがね。

 

 

 

自分て何?

自分らしさって何?

と思っちゃった方はぜひ会いに来てくださいね。

 

 

 

→この話題に関してもうちょっと突き詰めて今日のメルマガで書きました♡

バックナンバーも読めますのでこちらから登録してくださいね。

 

 

 

人間を《探求》する
高嶋れい子 Reiko Takashima 
人間の本質的な幸福を探求し続けています。自己紹介はこちら


人間の感情と本能にダイレクトに反応する高品質なエッセンシャルオイルを使用して、人間の本質に働きかけるセッションを提供しております。
芳香が魂に響く『言葉と香りのセッション』



英語コーチとしての経歴を生かして英語のご相談にのっております。
30ページ超のPDFレポートもプレゼント
英語の悩みが無くなるセッション



最近力を入れているメルマガでは魂の話など、もっと濃いことを書いています。
バックナンバーも読めます♡