メーカーズシャツ鎌倉 前人未到の!400番手と300番手 | Genuine Savile Row(本物の背広)のブログ

Genuine Savile Row(本物の背広)のブログ

スーツの解釈は様々です。

このブログではオーダー(カスタムメイド)スーツの話題を中心に私なりの見解を述べていきたいと思っています。


テーマ:

メーカーズシャツ鎌倉が前人未到の400番手シャツを発売しました。では、今までのフラグシップだった300番手と比べてどうなのか、簡単に検証してみました。(条件を同一にするために、いずれも未使用品を用意)
 

どちらもマイクロツイルなのですが、300番手の方が少し大きめの織り柄です。それによって300番手の方が分かりやすい光沢を放ちますので、綿のシャツとしての高級感があります。
 
 

一方で、400番手はきめ細かく上品な雰囲気を持っており、綿のシャツとしてはあまり見たことのない、まさにシルクのような光沢感です。
 
 

手触りはというと、300番手でも十分柔らかいと感じますが400番手は更に上を行く感じです。
 
 
結果、確かに400番手は300番手を超えた存在であることが分かりました。

しかし、300番手が12000円(税別)、400番手が18000円(税別)であることを考えると、300番手はたいへんコストパフォーマンスに優れていると言えます。


したがって、
通常の高級シャツを求める場合は300番手で十分。
最高峰の品質や、1日10着しか織れないという希少性まで求める場合は400番手。
 
そんな選択になるかと思います。

Genuine Savile Rowさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス