お墓まいりをしてきました。お願い


我が家の

リフォームに向けて

毎日少しずつ

家の中を片付けていたら

懐かしい本キラキラ

『おばあちゃんがいるといいのにな』と

当時小学1年生だった

次男が書いた感想文が

出てきました。照れ



'[以下抜粋]

ぼくのおばあちゃんも

ことしの4がつに

しんきんこうそくというびょうきで

しんじゃったんだよ。

ぽちゃぽちゃしたてが

あったかかったよ。

おこったかおは

みたことがないんだ。

ぼくがいちばん

ちいさいまごだから

かわいいんだって。

この本のおばあちゃんは

なんさいなんだろう。

ぼくのおばあちゃんは

63さいだったよ。

ぼくがにゅういんしたときは

おばあちゃんが

おみまいにきてくれたから

ぼくも

おかあさんといっしょに

おみまいにいったんだ。

おばあちゃんは

くちにいきをするきかいを

つけていたから

ごはんも

ぜんぜんたべられないんだって。

おなかすいちゃうね。

おねえちゃんは

せんばづるをおってあげたよ。

ぼくとにいちゃんは

ばあちゃん、がんばれって

おりがみにかいたんだ。

みんなのこえも

てえぷにふきこんで

おばあちゃんに

きかせてあげたんだよ。

さよならもいわずに

しんじゃったんだよ。

おそうしきのひ

ぼくもおばあちゃんの

しろいほねを

はしでつかんだんだ。

みんな、ないていた。

てんごくのかみさまが

もどしてくれるといいのにな。

おばあちゃんがいるといいのにな。

いえのなかに

にこにこわらっている

おばあちゃんがいたらいいのにな。

さようなら

おばあちゃん。



時代は移り変わり

長男家の孫達にとっての

私は今

どんなおばあちゃん像なんだろう?(笑)

あや王子が

素振りをしていた時に

私も振ってみたら

それを見たあや王子に

『全然ダメ!

おばあちゃんの振り方!』と

言われてしまいました。😵(笑)

にほんブログ村 子育てブログ 孫育てへ
にほんブログ村