1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /
2005-01-31

情報の二極化により情報格差が広がっていく

テーマ:さくぶん
2005年1月31日号の日経ビジネスの、
経営者の眼「「情報の2極化」という”火種”」
という記事に眼が留まりました。

今回は伊藤忠商事会長の丹羽さんで、
キーワードは「情報の2極化」「情報遮断」でしょうか。


現在、情報の2極化と呼べるような状況が広がっており、
情報のある者とない者の情報格差が生じている。
このうち、ない者の側では、
外界との情報遮断が発生しており、
経済格差や認識の相違など、リスク化要因となっている。
情報を得るためには、
・インターフェイスを持ち
・場へ参加する
ことが必要であり、
インターネットに代表されるように、
インターフェイスは充実してきた。
しかしながら、場へ参加する意思がなければ、
情報の2極化は避けられない。


こんな感じの内容ですか。
まとめるのが下手になっている。。。
結局、情報のある者というのは、
情報を獲得する意思のある者である、
それについては同感の部分があります。

一方の情報のない者、
つまり情報を獲得する意思のない者については、
一体どうするべきかという話にはなります。
丹羽さんの記事では、
「会社では全社員集会を開く」
という手段をとっているようです。
では社会ではどうなのか?

ここでふと考えてみたいのが、
昨日知人と話していた内容です。
「若者にマスコミが相手にされなくなっている」
そういった内容でした。
従来の社会を考えるならば、
マスコミが全社員集会的役割を担っていた、
そう考えることができます。

しかし現在では、テレビや新聞ではなく、
インターネットから情報を拾う、
そんなタイプが出現しています。
さらに、インターネットを利用して、
情報発信までするタイプもいます。
その一方で、新聞も読まず、
テレビも見ることのないタイプが存在します。

基本的にマスコミは受身のメディアです、
よって、情報に対して能動的なタイプであれば、
インターネットの登場をうけて、
情報源をそちらへシフトすることになるでしょう。
一方で情報に対して受動的なタイプであれば、
このような能動的なタイプの友人からの情報だけで、
ある意味十分でもあります。
こちらから探しに行かずとも、
話題は知り合いが教えてくれる状態、
メールもきますし、メッセンジャーもあります。
そうなれば新聞やテレビニュースと疎遠でも、
なんとかやっていけるでしょう。

情報インターフェイスの発達により、
情報源へのアクセスが容易となったことで、
獲得できる情報量が増大しました。
この結果、情報を取捨選択する必要がでてきますが、
この選択をするかしないか、
それが情報のある者とない者を分けている、
そんな風に思います。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-01-31

シーマの件

テーマ:経営
修正情報を流さないといけない事案が多々。
超大型分割の潜在株主が既存株主を食い物にするケースです。

シーマの例を取り上げましたが、
CB保有者と既存株式保有者の権利は同等であった、
とのことです。
ラジオNIKKEIより
その後の情報としては、
株数間違えによる買戻しの可能性とのこと。

ですから、潜在株主が既存株主を食い物にしたケースには、
シーマの場合は当たらない可能性が高まりました。

事実関係がはっきりするのを待つしかないですが、
このままいつのまにか忘れられていくかも。
この辺の事情については、
ぜひとも陽のあたる場所さんのところへ。
3部作になっており、ぜひどうぞ。

それと、やっぱり契約内容によっては、
潜在株主が既存株主を食い物にすることは、
不可能ではないと思われます。
CBの契約や、SOの契約については、
分割も念頭において中身を見れるようになりたいなぁと。
大株主と少数株主、
既存株主と潜在株主、
こういった対比でファイナンスをみてみるのも、
ありなんではないかと。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-01-31

ペイオフ対策の記事より

テーマ:経営
今日の日経の朝刊を読むと、
ペイオフ関係の記事が載っていますね。
相殺するために借入金という記事を書きましたが、
今日の記事を読んでいると、
私募債発行して銀行に引き受けてもらう、
そんな手段もありのようですね。

自治体の主なペイオフ対策を見てみると、
・決済用預金への切り替え
・借り入れとの相殺
・金融機関を選別
と、記事にしてきたところが載っており、
嘘を書いてなくてよかったなぁと。

個人に対しては、
決済用預金
・個人向け国債
とあるようですが、
国債が本当にリスクが無いのかどうか。。。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-01-31

フランクリン・プランナー2年経過して感想

テーマ:雑記
去年ぐらいからでしょうか、
手帳の話題は多いような気がします。
目立ったのは、GMOの熊谷氏の本でしょうね。
あれに触発されて、株を買った覚えがありますが、
大損こきました(笑

自分の手帳は、フランクリン・プランナーです。
おととしの12月に社会人になってすぐに買いましたので、
2年経過しましたね。

使いこなせていないのは100も承知ですが、
間違いなくあってよかったツールです。
どこかで、一度使用法を見直して、
よりよく使いこなせるようにはなりたいのですが。。。

ちなみに、monomonoさんのモンティチェロとか見ると、
かっこいいのがほしいなぁと思ったり。
次のステップアップにあわせて、買い替えも検討ですかね。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-01-31

ペイオフ対策として借入金をおこしてみるのはどうだろう

テーマ:経営
ある銀行の人と話す機会がありまして、
キャッシュリッチ企業のペイオフ対策について、
ちょっと聞いてみたところ。。。

・配当に回すなどの株主還元
オーナー次第でしょうね
・子会社をいっぱい作る
事務管理コストが馬鹿になりませんよ

といわれてしまいました。
まぁこれら自体の難しさはわかっていたので、
この反応は予測範囲内でした。
しかし、「こういう手もあることにはありますね」
とご意見まで頂戴してしまいました。

・借入金を集中させる

つまり、ペイオフの可能性のある預金に対して、
それに見合うだけの借入金を作っておくわけです。
預金と借入金を相殺した残高に対して、
1000万限度額がかけられるようですので、
相殺できる分だけ損が避けられる仕組みですね。

無意味に借金しても意味ないですから、
住宅ローンでも組んだほうがいいのかもしれません。
といっても、ペイオフ対策が必要になるようであれば、
住宅は当然もっていそうな気がしますが。。。

法人であれば、せっかく無借金経営しているところへ、
借入金を起こすというのも変な話です。
ですから、これについては借入金のある会社向けですかね。
借入先の整理を兼ねて実行するのが効果的でしょうか。

とはいっても、一千万の定期を担保にしても、
「一千万までしか貸せませんねぇ」
というような銀行もあるようですから、
なんともいえないですけれども。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-01-31

050131

テーマ:今日のヒトリゴト
今日のヒトリゴトに関しては、
いままではタイトルに年月日を入れてきました。
でも、友達からの意見で、
「わけわからんタイトルやめぃ」
というのがありましたので、
来月からはちゃんとタイトルをつけます。
時系列的に並んでいいと思ったのですが、
読み手からすると、なにがいいたいかわからんので、
パスしたくなるらしいです。
確かにそのとおり。。。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-01-30

キーワードを入れて楽しむページの紹介

テーマ:雑記
おもしろかったのでご紹介を。
「キーワードアドバイスツールプラス」です。

SEO対策用にブログでも使われているようですが、
単純に単語を叩き込んでみてもおもしろいです。
単語を叩き込むといえば、
「日本語自然文検索」ですね。
わけわからない結果がでておもしろいです。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-01-30

みなし有価証券化と税制改正による組合損失の取扱いの関係を考えてみる

テーマ:不動産
今回は、以前予告していた
不動産ファンドのクローズ時の処理について、
しばらく空きましたが書いてみます。

ここで問題にしたいのは、
「ファンドをクローズするときに、
 物件の売却損が発生し、
 最終的に損失分配になるケース」
についてです。

今年度の税制改正により、
組合損失の取扱いが変更になることについては、
何度も書いてきました。
それに加えて、はてな時代のブログにて、
「みなし有価証券化される匿名組合出資持分」
についても書きました。
前者は税金で、後者は証券の話ですが、
まったく別に見える二つの事象が、
実は密接な関係を持っているのかもしれません。

ファンドにおいて損失が発生した場合、
組合方式によるものであれば、
組合損失として出資者(個人を想定)に跳ね返ってきます。
しかしながら、この損失については、
損金算入ができないように制度改正がされました。
レバレッジドリースを対象としたものでしたが、
結果的に私募ファンドにも影響がでそうです。
よって、変な不動産ファンドに出資してしまうと、
元本割れを起こした上に、損金算入が不可能になりかねません。

ところがここで、組合出資持分がみなし有価証券化されると??
最後の最後で発生する損失部分については、
譲渡損失になる可能性がでてきます。
となれば繰越損失として、他の譲渡損益と相殺がかけられそうです。

以上から導き出されるところとして、
みなし有価証券化されるような組合出資については、
・法定監査により外部の目が入ることから、
 わけのわからないスキームである可能性が低くなる
・最終的に最悪損失がでたとしても、
 税務上不利にならないような手当てがされる可能性が高い
・ただしその分、事務コストは高くなり分配がやや低くなる
こんなところになるのかもしれませんね。

一方で、みなし有価証券化されない組合出資については。。。
上記の逆になるといえるかもしれません。
外部の目が入っていない場合には、
以前のブログで指摘したリスクなども、
念頭においておく必要がでてくるのでしょう。
銀行の不良債権処理の一環として利用され、
結局大損するだけにならないようにはしたいものです。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-01-30

050130

テーマ:今日のヒトリゴト
ブログ改造計画実行中。
profileはもちろん変更しましたが、
その他の部分も微妙に変更しました。
でも、カウンタの設置が目立ちますか。

今回の改造では、
igarinさんのところと、
kcmkscさんのところを参考にしました。
ありがとうございました。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-01-29

ブログを書いてて思ったことと欲しいなぁと思ったサービス

テーマ:雑記
ブログを作っていると、
自動的にコミュニティらしきものができます。
でも、たまに外のブロガーの人のところへ、
TBなりコメントなりででかけていくのも、
ネットワークっぽくていいですね。
ハブになろうという気はありませんが、
ハブとつながっておいたほうが、
情報発信の意味では大事なんでしょうね。
そんなことを書いてある本を、
最近読んだような気がしますが。。。

それと、ブログ登録サービスをみて思うこと。
結構登録セグメントがおおざっぱで、
どこに登録しようか迷うことってありませんか?
自分のも、監査・会計とかがあればそこだろうなぁ。
株式投資と一緒になっているのは、
なんか違う気はしてます(笑

専門的なブログだけを依頼して集めて、
その更新情報をアップする。
そんなブログサイトがあってもいいんでしょうね。
会計とか法律とかの専門的な情報が、
リアルタイムで拾えるのっていいと思うんだけどなぁ。
いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。