数奇な半生・小学生(1)

テーマ:
小学生になった私は、トラブルを連発します。

・相手の嫌がる行動や言動をして怒らせる

・空気が読めず、傍若無人に振る舞う

・算数や運動が苦手で、出来ないとかんしゃくを起こす

・食べ物の好き嫌いが激しく、給食をまともに食べられない

etc.

今にして思えば、発達障害の特性に当てはまる所が多いですが。
当時は発達障害と言う診断名すらなく。
学校ではクラスの問題児、家では出来の悪い子どもと、
それなりにハードな日々を送っていました。

いやあ……
我ながらよく踏ん張ったものだ。
気力と反骨心だけで生きていたのかもしれん。

あっという間に3年生になり、
はじめての転校を経験するのでした。