新緑が生い茂り、過ごしやすい季節になりましたねおねがい

 

インフルエンザの流行も影を潜め、天候も安定しているため

例年この時期は、病院の重症患者数も落ち着いてくるのでしょう♪

心電図モニタの貸出件数も、例年落ち着いてくる時期となりますニヤリ

 

 

しかし、そんな中、

九州のとある病院から

緊急の貸出依頼を受けましたので、早急な対応を実施して参りました。

 

その病院では

今回、不運にも多剤耐性菌の院内感染が発生してしまったようで、

ICUの一時閉鎖を余儀なくされたようですあせる

 

院内感染は、患者や病院職員、面会人など人を介する場合もありますが、

診療用の器具機材を介して広がる場合もあるため、

機器を外に持ち出すことはできませんえーん

 

そのため、ICU外に搬出した患者さんをモニタリングするためには

他の部署から機器を融通する必要があるのですが、

当然、そんな余裕を持った機器調達ができている医療機関は皆無だと思います。

 

そうなると、ICUに入っていた患者さんにつける機器が絶対的に足りません。

 

そんなとき、「足りないとき足りない分だけの心電図モニタをレンタルできる」

弊社がお役に立てます。

 

 

相談を受けた翌日に現場に赴き、

現地のモニタリング機器の不足数、

チャネル管理やモニタリング動線等の運用状況、

アンテナ工事の配線状況

を、看護師・臨床工学技士と打ち合わせの上、

 

翌々日には、必要な機器をお持ちすることができました。

(最短では当日中に対応可能です。)

 

 

近年では院内感染対策委員会などを常設して、

組織的に予防対策に力を入れている病院が増えていると思います。

 

しかし、どんなに厳しく管理しようとも、

それらを完全に防ぐことはできませんあせる

 

水際対策と並行して、

「実際起こってしまった時、いかに次善の策を講じられるか

がとても重要だと考えます。

 

医療従事者の負担軽減、

そして何より

患者さんの安全確保、

のためにおねがい

 

緊急の際、まずは0120-927-001までお電話ください。

機動力高く、対応させていただきますおねがいビックリマーク

 

 

院内感染時の貸出に際して。

 医療機器の返却は、院内感染の沈静化後、

 機器への菌の付着が無いことを確認した上で、受付させていただきます。

 患者様に接触するリード線等は、リユーザブル品も含め、買取をお願いしておりますので、

 ご了承くださいm(_ _)m

 

**************************

足りないときに足りない分だけの心電図モニタをレンタルしませんか?

株式会社グレイスレンタリース 

代表取締役 小斉平義彦

 

814-0001  福岡県福岡市早良区百道浜1-2-6-1010

733-0002  広島県広島市西区楠木町4717

TEL     0120-927-001

FAX     092-834-3332

Email    kosehira@grace-rental.co.jp

HP        http://www.grace-rental.co.jp/

*************************