いつもお読みいただきありがとうございます。

grace'nail factoryの高井智美です。



柔らかな秋色。









生活音。
結構好きやなぁ、と思って
部屋を無音にすることがあります。

無音にしたら聞こえてくる
音があって
それが妙に心地いい。


そしたら小説とか読みたくなってきて
今、原田マハさんの書籍を読んでいます。

生きるぼくら



人の再生
人の温もりを感じられる小説。


表紙の絵画、東山魁夷さんの代表作「緑響く」。
はじめはこの絵にひかれて購入しましたが
共感できる言葉がたくさんあって、いい本にめぐりあえました。


小説の中にも出でくる
この絵の場所、信州の湖へ
いつか訪れてみたいなと思いました。





家で
瞑想をしたりしても
外で鳥がチュンチュン鳴いてたりして

都会だけどちゃんと生き物っているっていう
ことがわかります。



最近の音は
野菜をコトコト煮込む音って
いいなって気づきました。


数年前に買ったのを思い出して
懐かしの本をひっぱりだしてきた
隠陽の考えを基にしたレシピ本。




余白をつくるようにして生活していると
不思議と内側に心が向いて

ヨガで身体を整えたいと思ったり
酵素や隠陽の野菜を使った料理に興味が湧いたり


私の中では、一つに繋がっているように思います。




ベランダに置いてる
植物を観察をしてたら
蕾ができていて
癒されました。



夏が過ぎると
一気に葉っぱが落ちて
秋にまたこうやってぶぁって
芽吹くんです。

一瞬ひやっとするけど
植物のパワーってすごいっていつも思います。



こういう心の余白のような
時間。


絵を描く感覚とも似ていて
偉い人の講義や
自己啓発的ななにかを
学びにいくよりも
よっぽど大切なことに気づく。




選ぶ服や家具、家なんかも
大学の頃から
好きなものって
変わってなくて



お客様お手製のはりこの敷物。
手作りの温もりに、すぐに愛着が湧きました。

家の本棚にもぴったり。




好きなものって変わらないのに

社会人になって
いろんなものに憧れて
違うことをやってみたけど
手に入れるほどに
心の虚しさを感じました。


あぁ、そうか
これは違うのか、と気付いて
元の〝好き〟に戻っていくような。


いとおしむ暮らし。

サロンに置いているこちらの
本をもすごく素敵です♩



オーバーワークな日常。
思考過多な日常を手放してみる。



最近ちょっとこころがけていることです。



そうしたら
忘れてはいけない大切な何かを
思い出すような♩


紅葉グラデーション
きれいでした♡








◓━━━━━━━━━◓

大阪 四ツ橋 堀江にある

大人かわいい ネイルサロン

グレースネイルファクトリー

 

▶︎ホームページ

▶︎Instagram ▶︎高井  /  ▶︎松山

▶︎メニュー

▶︎アクセス

▶︎ご予約