”いよいよ冬が到来”

テーマ:

グレース居宅介護支援事業所多摩 ケアマネージャーの荻沼ですニコニコ

 

クリスマスツリー12月は「師走」と呼ばれますが、何故「師走」と呼ばれるのか幾つかの説があるようです。

「師走」の「師」を誰に例えるか?

①    御師…お寺や神社に来る人々の案内をして下さる人や参拝をする人が走り回るアセアセ

②    お坊さん…都会ではなかなか見かけませんが、地方では自宅に来てお経をあげるため、

       お坊さんが走り回るアセアセ

③    先生…テストの作成や採点、冬休み前の行事の準備や生活指導で走り回るアセアセ

「師」と呼ばれる方々が「走」。「師走」と呼ばれる由来です。

 

グレース居宅介護支援事業所は「城南(目黒区)」・「田奈(横浜市青葉区)」・「多摩(西東京市)」・「高津(川崎市高津区)平成30年2月開設予定」と4事業所になります。

ご利用者様、地域にお住まいの方々を「師」と仰ぎ、目一杯「走」り回りたいと思います。 今後とも、宜しくお願い申し上げますニコニコ

 

※現在、ケアマネージャーを募集しています。

求人つきましては、「e介護転職」で「グレース居宅介護支援事業所」とお願いします。

ご応募をお待ちしております爆  笑

 

全く話は変わりますが、冬は寒さや忙しさで心も体も疲れる季節ではありませんか?

“冬に起こりやすい病気や事故”を挙げてみました。

○インフルエンザゲホゲホ

健康管理が難しい季節です。バランスの良い食事・睡眠・適度な運動で免疫力を高めたいですね。それでも一番大切なことは、「手洗い・うがい」です。面倒だと思う気持ちに勝ち、徹底をして元気に過ごしたいですね。

 

○ノロウィルスショック

特に高齢者様が感染をすると重症化することがあります。人や食事を介して感染をしますので調理前、食事前、トイレの後はいつも以上の「手洗い」が予防に繋がります。

 

○入浴事故注意

心筋梗塞、脳卒中が増加します。入浴前にも水を飲み、脱衣場と浴室を暖かくして、温度差をなくしましょう。熱めのお湯に肩まで浸かりたくなりますが、温めのお湯で長湯をしないことが大切です。食事直後や、早朝、深夜の入浴は控えましょう。

 

○転倒えーん

思うように体が動かず、手足の動きが鈍くなりがちです。家の中でも思いがけない場所に体をぶつけたり、躓くことがあります。屋外では、晴れていても路面の凍結で転んでしまうこともあります。目が覚めた時、すぐ布団から出るのではなく、手足の指を動かしたり、膝を曲げたり、肩を回したりすることが良いそうです。

 

○飲みすぎゲロー

私だけでしょうか?年の瀬が迫ってくると、ついつい飲みすぎてしまいます。まっすぐ歩けず、知らないうちに頭部や足をぶつけ大怪我になることも。また、酩酊状態での入浴は体への負担も大きく、溺死の恐れもあるので控えたいです。

 

○低温火傷ハッ

炬燵やホットカーペットなどが大活躍をしてくれます。「熱い」という自覚症状がないまま重症化することも。そのまま寝てしまったり、カイロの取り忘れにも注意です。

 

参考にしていただければ嬉しく思います。 お読みいただき有難うございましたニコニコ