コンテンポラリーダンスって必要なの?? | Grace Ballet School

Grace Ballet School

福岡市南区にあるバレエスクールです。


テーマ:
数あるバレエスクールの中から当スクールのブログをご覧頂き、誠にありがとうございますニコニコ
当スタジオのバレエスクール「グラースバレエスクール」は幼児から児童まで、おかげさまで現在250名を超える子ども達が元気に通っています音譜

『コンテンポラリーダンスってなんだろな??』

 

コンテンポラリーダンスを一言で定義するならば・・・『基準がなく何でもありのダンス』という人もいるでしょう。

コンテンポラリーダンスは、バレエとは違い正しいボジションやステップがなく、決まった型やステップの美しさより、その踊りで何を表現しているのか、が大切な要素となります。

『自分の表現したいことを好きに作って踊る』

そこには、正解も不正解もありません。自分の気持ちを解放して自由に踊っていいのです。

けれど、『自分の表現したいことを好きに踊って作る』という『創作』や『即興』といった『自分を表現する』事は、日本人が最も苦手としている所じゃないかな??と思います。

Grace Ballet Schoolではただ踊るだけではなく『表現力』にも力を入れた指導を心がけています。

『表現する事って、とっても楽しい!!』

その気持ちを一度味わうと楽しくて『もっと!もっと!』と子ども達が目をキラキラ輝かせる『バレエリトミック』(未就園〜年長対象)クラス。

そして、さらに一歩進んで、児童バレエ対象の『コンテンポラリーダンス』クラスへ。

バレエとコンテンポラリーでは、重心の使い方も大きく違ってきます。

上へ上へと引き上げるバレエに対して、コンテンポラリーは重心を下へ押し下げ、頭や腕など体の重さを使って体重移動していきます。そして、身体を解放して自由に動いていきます。

『身体を自由に動かす』為には、余分な力を抜く事が不可欠!!なんですが、この余分な力を抜く事を体得すると、バレエのレッスンでも、とってもいい事が!!

例えば、ピルエット。

「さあ!回るぞ!!」と意識すればするほど身体に余分な力が入ってしまし、上手く回れない・・・という経験をした事はありませんか?

「腕は上げて!肩は下げる!!力を抜いて!!」と言われても・・・。

けれど、コンテンポラリーダンスで身体の余分な力を抜く事を覚えると、背中に羽が生えたかのように、美しいピルエットを回る事が出来る様になるのです。

Grace Ballet Schoolでは、大島匡史朗先生をゲスト講師にお招きし、コンテンポラリーダンスのレッスンを行っています。

匡史朗先生のレッスンは、とても丁寧で、子ども達一人一人の個性を引き出し伸ばしていくのもとても上手な先生です!


<コンテンポラリーダンス>

日時:土曜日 14:00~15:00(平均月2回、年間22回)

※発表会のリハなど含め、年間回数に変動あり

場所:平尾スタジオ

 

<講師紹介>

大島匡史朗-おおしまきょうしろう-

幼い頃よりバレエを習い、ヨーロッパに留学。本格的にコンテンポラリーダンスを始める前から作品制作に興味を持ちだし、バレエ学校在籍中に、処女作AsleEp.を発表。

現在、SnCでの公演主催、作品制作の他、バレエ教室への作品提供、後進育成のためのクラスやワークショップの開催など、コンテンポラリーダンス普及のために幅広く活動している。

(先生の詳しい活動はHPをご覧ください→☆☆☆

 

これからの時代、クラシックバレエだけでなく、コンテンポラリーを含むいろんなジャンルのダンスが出来るという事は、自分の持つ幅と可能性を広げ、大きな強みになる事間違いなし!

一緒に、Grace Ballet Schoolで、魅力的で個性的なバレエダンサーを目指しませんか?

 

随時、体験レッスン受け付けています。

お気軽にお問い合わせ下さい。

 

バレエGrace Ballet School(グラースバレエスクール)バレエ

電話高宮校/ 092-791-9877 福岡市南区大楠3-22-5
電話平尾校/ 092-791-8504 福岡市南区高宮1-2-23-2F

電話薬院校/ 092-707-1808 福岡市中央区薬院2-7-7-2F
パソコンスタジオ公式HPはこちら→☆