中京10R・夕月特別(芝2000m)で勝負服サンテローズ(4牝・マンビアの17 父ハーツクライ)<西村>が快勝クラッカー

 

6ヵ月の休み明け。馬体重はプラス10の522キロでしたが、太め感はなく仕上がっていました。単勝1番人気。

最内枠で心配されたゲートはゆっくりでしたが、二の脚がついたので4番手の内につけます。1000m通過1分3秒台のスローペースでかかり気味も、福永騎手がなんとか抑えてスムーズに流れに乗ります。3番手で直線を向くと、1頭分空いたスペースをスッと割って抜け出します。ゴール前は抑える余裕も見せて先頭でフィニッシュ。勝ち時計は2分0秒7。2着とは3馬身半差でした。

 

「ゲートの中で少しうるさいところは見せましたが、比較的落ち着いていたようです。レースは上手に走ってくれました。能力が高いです。課題はありますが、重賞でもチャンスのある馬だと思います」(福永騎手)

 

星楽勝でしたキラキラ休み明けのフレッシュな状態では3戦負けなしと走りますね。力はあるので、ジョッキーがそつなく乗ってくれるかどうかだけ。テン乗りの福永騎手がうまく導いてくれました。早く重賞に出走する日が待ち遠しいです。関係者の皆さんありがとうございました爆笑

imageimageimage