花組『A Fairy Tale-青い薔薇の精-』『シャルム!』宝塚大劇場公演、はやくも3週目に突入。

お芝居は観るたびに気持ちが入り込みやすくなっています。

明日海りお・華優希・柚香光・水美舞斗といったメインキャスト陣ほど変化しているように思います。

2019年9月8日(日)珠城りょう&美園さくらの月組トップコンビ観劇。

珠城さんは濃いブルーのトップスに丸眼鏡。
さくらちゃんは淡いパステルピンクかな?
特に合わせたりはしていないけど、雰囲気がマッチ。
大学生の爽やかカップルみたいでした。

ショーの客席降りにて、明日海さんのアドリブ。

明日海「そこにいるのは、明らかに珠城りょうさんですね?」

その後、続けてさくらちゃんのお名前も仰ったかもしれませんが、大きな拍手に掻き消されて確認できず。

明日海「ご出身はどこですか?」

……ご出身??
新たなるアプローチですね?

珠城「愛知県出身です」

明日海「ダメじゃん」

いきなりのダメ出しですか、明日海先輩!!

明日海「そこは『アイ・アム・フロム・オーストリア』って言わないと!」

あぁあーーー!
そのネタ振りでしたか、先輩!!
…てか、お兄ちゃん!!

(珠城さんにとって、明日海さんは兄貴ですよね)

明日海「せっかくのチャンスなのに。宣伝しておかないと」

りょうちゃんに向けてアドバイスの後、客席に微笑みかけ、

明日海「月組をよろしくお願い致します」

そして、何事もなかったかのように歌い始める明日海さん。

いつも、この切替がスパッとし過ぎてて、笑いが起こるというね。

終演後、珠城さんが涙ぐんでらしたか……それはわかりません。
遠目に見えた限りでは、うつむいてらして。
色々な思いが交錯してらした事でしょう。


▽月組兄弟の絆を感じました
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村