今日は 2017年7月10日(水)
毎月10日は、VISAメッセージ更新の日です。

毎月のお楽しみも、残すところあと4回。
VISAメッセージを冊子にまとめてほしい。
淋しくなります…。

今月の話題は、横浜アリーナ・コンサート『恋スルARENA』や、バウ公演『Dream On!』の稽古場の様子。

明日海さんが記事を書かれた(またはインタビューを受けた?)時期は、どちらも開演前。
お稽古場での緊張感が、言葉の端々から伝わってくるようです。

そういえば、「横浜アリーナお誕生会コンサート」という表記をチラッと見かけた記憶が。
「お誕生会」という表現は、小学生時代を彷彿とします。
懐かしくも可愛らしい言い方ですね。
もしかしたら、そういった世代の方なのかな。

誕生日コーナーはありましたが、実際に現地でコンサートを観ていると、色々と盛りだくさん過ぎて、誕生日の要素は、当初予想より薄まっていたような。

会場全体で「Happy Birthday」は歌いましたが、全体の流れではサラッとした印象。
『Rio Asumi Super Time』と銘打ちながら、Birthday Concert  の色合いは意外と淡かったです。

それより、現・月組生の鳳月杏を含めた「花組生のコンサート」という印象が強く残りました。
花組生が一丸となって、広い広い会場を駆け回り、歌い踊った花組の祭典。

回ごとにゲストとして花組生(鳳月を含む)全員をステージに上げた事で、よりその意味合いは強まったと思います。

リベンジ大運動会のコーナーで、「今の花組なら、優勝も狙えるかも」と仰っていましたが、会場中の皆が大きく頷いたことでしょう。

舞浜アンフィシアターの『Delight Holiday』も大好きで、楽曲や構成などは個人的にこちらがよりツボにはまりました。

ですが、横浜アリーナのコンサートは「明日海花組の集大成」の一つのカタチを観られたな、と。
しみじみとした感慨をおぼえました。

一口でコンサートと言っても、意義や在り方が大きく異なるステージ。
なんとも感慨深いものがありました。

なお、うちの愚妹は「明日海さんの淑女姿の為だけにBlu-rayを買いたい」と。
ぜひお買い上げ下さい。
どちらの家でも、明日海さんが見られるね!(←おいおい)

明日海さんは、宙組『オーシャンズ11』を観劇した事にも触れておいででした。
純矢ちとせ、真風涼帆、星風まどかはもちろん、芹香斗亜について。

オーシャンズで退団するせーこちゃん(純矢)の迫力満点のクイーン・ダイアナ。
みりおちゃんも、オーシャンズで演じてみたい役はダイアナだそう。

キキちゃんは誰よりアドリブをしやすい相手だったそうな。
何をしても受け止めてくれる、と。
そして、ゆきちゃん(仙名彩世)もそうだと。

今は花組から離れたキキちゃんとゆきちゃん。
今も、明日海さんにとっては大切な相棒なんですね。  

そして、もちろん今の大切なパートナー華優希にも触れていました。

はなちゃんは、マジメな努力家。
明日海さんのアドバイスに精一杯応えようと努めていると。

加えて、周りを癒すホンワカした空気を醸し出しているそうです。
放っておけなくなるそうな。
それは外から見ていても感じます、明日海さん。

VISAメッセージ・二者択一のコーナーにも、横浜が登場。

『中華街 or 山下公園』

明日海さんは迷いに迷って、中華街をチョイス。
以前、横浜中華街では決まった店にピュンと入って、食べて出ただけだそうなので。
散策とかしてみたいそうな。

私も中華街といえば、横浜と神戸。
どちらも、家族経営の小さなお店で食べるのが好きでした。
幼い頃は、料理店主のお子さん達と遊ぶことも楽しみでした。

そして、『スイカ or パイナップル』

こちらは迷わずスイカを選んだ明日海さん。
実家のお祖父様が育てたスイカを食べたり、スイカの白い皮部分をお祖母様がお漬物にしたり…と、思い出が一杯の模様。

わかります、わかります。
私も夏の思い出は、祖母と共に過ごした事が蘇ってきます。

何かと懐かしい気持ちで、今宵はここまでにしとうございます。

▽子供時代を思い出すよね…
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村