公式サイトでも、花組『A Fairy T aleー青い薔薇の精ー』制作発表会の様子が紹介されました。

明日海りお&華優希の並び……美しく愛らしく幻想的。
ビジュアル・雰囲気とも、お似合いだと思います。

華ちゃんは芝居力とヒロインの華やぎ・初々しさがあります。
柔和で可憐な風情と、品の良さもある。
実年齢より若々しい明日海さんと並ぶと、しっくり馴染みます。

「明日海さんは華ちゃんに甘く、それは彼女を見限っているから」
と仰る方もいるようです。
なるほど、そういう見方もありますね。

…で、私の見方というか、感じ方なんですが。

明日海さんは上手・下手以前に、努力の姿勢を買う人だと思うんですね。

蘭乃はな、花乃まりあ、仙名彩世。
歴代相手役について送ったメッセージには「とても努力していた」と触れています。

蘭ちゃんに関して、エリザベートの歌稽古について、宝塚グラフか歌劇で語っていました。

花乃ちゃんは退団公演『金色の砂漠』東京千秋楽で、その努力を讃えていました。

ゆきちゃん(仙名彩世)の日々たゆまぬ熱心な姿勢を、就任時のグラフか歌劇で触れていました。

はなちゃんも努力家なのでしょう。
だからこそ、「私がいる間は頼ってほしい」とサポートを表明されているのかと。

私は漫画原作の舞台は、原作ファンとして観ています。
…なので、実はごく一部のキャスト版を除き、某ベルばら宝塚版は苦手です。

『ポーの一族』は、明日海りおでなければエドガーは成立しなかったように、華優希でなければメリーベルは存在しなかったと思っています。

『はいからさんが通る』の花村紅緒も原作の味わいを醸し出していました。

『邪馬台国の風』の新人公演ではマナ(後のヒミコ)役に抜擢。

可憐で無垢な少女・マナ。
連合国家を統べる女王・ヒミコ。
マナの無邪気さも、ヒミコの威厳も、ナチュラルに演じ分けていました。

ヒミコを演じるはなちゃんを観て、落ち着いた大人の役がハマるんだな…と感じました。

まろやかな落ち着いた声を持つ、母性を備えたマドンナタイプのはなちゃん。

『あかねさす紫の花』で、大海人皇子(明日海りお/柚香光の役替り)の妻・鸕野皇女を演じた華優希。
出番は少ないながら、毅然とした印象を受けました。

のちに天皇になるだけある、肚の据わった皇女でした。(持統天皇)

明日海りおと華優希は、芝居に深みを追求する似合いのコンビとなる予感がします。

それだけに、このコンビのお披露目が芝居でなかった事は残念でした。

みりはなコンビには、何作か芝居を共演してほしかった。

…いやいや。
贅沢言ったら、バチが当たりますね。

たとえ一作であっても、トップコンビという最高の形でがっつり組んでくれるのですから。

みりはなコンビが描出してくれる世界を楽しみに待ちたいと思います。

https://kageki.hankyu.co.jp/sp/news/20190705_010.html


▽THE タカラヅカコンビ♡みりはな(*´꒳`*)
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村