2019年6月9日(日)月組『夢現無双/クルンテープ~天使の都~』東京千秋楽の幕が閉じました。

新トップコンビ(珠城りょう&美園さくら)大劇場お披露目公演。

そして、2番手男役スター美弥るりか(89期・研17)退団公演でした。

観客席には、美弥ちゃんの初恋ジェンヌ・涼風真世のお姿が。
同期の七海ひろきも、劇場内にはいたそうです。
(お手伝いしてたのかも…?)

己が宝塚を目指したキッカケとなった憧れの人と、優しくてかっこいい同期に見守られてたんですね。

遠く離れた宝塚では、明日海りおが白いトレーナーと帽子をかぶり、白いお稽古バッグを提げて稽古場入りしたとか。

大劇場で『壬生義士伝』上演中の望海風斗と沙月愛奈と凪七瑠海、『オーシャンズ11』東京公演稽古中の純矢ちとせも美弥ちゃんを想っていたことでしょう。

…さて、月組『夢現無双』東京公演の途中から、3番手男役スター月城かなと(95期・研11)が怪我で休演するアクシデントもありました。

当初は部分休演(ショーのみ休演)でしたが、数日後、全部休演に。
この後に続く、夏の外箱公演『チェ・ゲバラ』も全休予定。

相当無理を重ねていたのでしょう…。
月城さんは真面目なので、かなり我慢されていた可能性は高そう。
お怪我が癒えるまで、ゆっくり療養されますように。

美弥さん去りし後、2番手羽根を背負う方は月城さんだと思っている方は多いはず。
期待も責任も重いからこそ、ご自分を責めず、お身体を大切になさって下さい。

千秋楽の挨拶では、珠城さんが月城さんの休演について真剣に謝罪と感謝を述べていました。
ニュアンスですが、こんな感じでしたね…

・月城が怪我のため、途中から休演しました。
・観劇を楽しみにして下さっていたお客様へご迷惑をおかけしました。
・たくさんのご心配、気に懸けて下さるお言葉をいただき、感謝しています。
・本人も今日、この舞台に立ちたかっただろうと思います。

珠城さんは休演に伴う代役公演についても触れ、その旨もお詫びされました。
同時に、代役を務めた組子をねぎらいもしていました。

お客さん側と演じ手側、どちらにも気遣いを忘れない珠城さん。
しかも、心の底からの本気が伝わるんですよね。

千秋楽の挨拶では、初っ端から気持ちが込み上げ、言葉を詰まらせた珠城さん。
その後のカーテンコールで、言葉に詰まった事を謝りました。
「お客様のお気持ちが温かくて…」と。

そこは謝らなくていいのに。
律儀だなぁ、りょうちゃん。

カーテンコールで、退団者4名に囲まれて登場した際、
「さっき泣いたから、大丈夫そうな気がする」と宝塚大劇場のとき同様、退団者一人一人にコメント。
ニュアンスですが、例えばこんな感じでした。

「(音風せいやは)いいものを持ってるのに、いつもちょっと自信なさげで勿体ないと思ってきた。今回の公演では堂々としていたね。音風にしかできない役だったよ」

「(玲実)くれあさんは可愛い娘役も、かっこいい女役もできる。そして何より娘役に最も大事な品がある。素晴らしい娘役さんです」

「(響れおなは)私が入団し、月組に配属された時に色々教えて下さったのは90期さん。その中でも長だった響さんには特に…」

途中で涙が込み上げ、言葉が止まりますが、目を虚空に向けて己の厚い胸板を叩き、

「……セーフです!」

涙を流さず、なんとか持ち堪えました。
その間もずっと、響さんはりょうちゃんを見上げていて。
りょうちゃんを一瞬でも見逃すまい、聴き漏らすまいとされていました。

…そして、美弥ちゃんですよ。
一番の難所・美弥ちゃんです。

たま様はまず、美弥ちゃんに「今のお気持ちをどうぞ」と促しました。
美弥ちゃんは感謝の言葉を述べ、深く長いお辞儀をされました。

そして、りょうちゃんのコメント。
美弥ちゃんとりょうちゃんは互いに見つめ合い、微笑みあっていて。
二人とも、言葉はありふれたチョイスでしたが、その空気感がとてつもなく特別でした。

何これ?
何これ??
実は美弥ちゃんが珠城嫁だったっけ??

…と疑わずにいられないほどの愛と信頼関係。
深い深い絆が培われたんだなぁ…と感じさせる空気は、スクリーンを通しても明らか。
東京宝塚劇場では、どれほどの密度で溢れていたのかな。
その場で見届けた方、よかったら教えて下さい。

鳴りやまないアンコールの中、緞帳前に美弥ちゃんを引っ張り出した珠城りょう。

明日海りおが「究極の男役」について語った際、「許し」というキイワードを挙げていました。

人の弱さ、狡さ、愚かさ…。
様々なものを受けとめ、許容すること。
その器を「男としての器量」と感じるのでしょう。

全方位に向けて、思いやりと包容力に溢れていた珠城りょう。
男らしい、ってそういう事だと思います。

6月9日は「美弥るりか退団記念日」
そして、「珠城りょう男前記念日」でもありました。

▽月城さん、お大事に…!
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村