宙組『オーシャンズ11』2019年5月11日(土)15時の部は、阪急交通社貸切公演でした。

アドリブが盛り沢山で、舞台挨拶もあったので、ざっくりレポ。
科白はニュアンスですので、ご容赦を。


◆阪急交通社体操

ベネディクト(桜木みなと)の執務室にて。
ウッズ夫妻(美風舞良&星吹彩翔)を追い詰めていたら、テス(星風まどか)が登場。

テス「何をしているの?」
ベネディクト「…阪急交通社体操だ!」

もちろん、苦し紛れのデタラメ。
思い思いの体操をしだす面々。
その様子を見たテス、シュッシュッポッポと、両腕で汽車の車輪の動きを再現。
それを見た舞台上の面々も、テスを真似はじめる。

ベネディクト「ウッズ夫妻をスペシャルスイート(=拷問軟禁室)へお連れしろ!」

汽車ポッポ状態で、ベネディクトの部下やウッズ夫妻が退場。


◆ソールの演技指導

ベネディクトに一泡吹かせる計画メンバーが集結。
各自の得意分野を生かし、役割分担。
ベネディクトを騙すには演技力も必要ということで、ソール(寿つかさ)に演技指導を全員でお願い。
そこで手本を見せるソール。

ソール「お客様、旅に出るなら、阪急交通社でどうぞ」

ソールを真似て、全員が口々に言い出す。

全員「お客様、旅に出るなら」

そこでピタリと無言になる面々。
沈黙を破ったのは、このひと。

ラスティ「阪急交通社でどうぞ」

本家本元イメージキャラクター・芹香斗亜(ラスティ)がビシッと決めました。
会場も舞台上も拍手。
捌け際に、ソールさん一言、

ソール「トラピッグもよろしくね~」

トラピッグは、阪急交通社のゆるキャラで、南国リゾート旅仕様のブタさん。
ロビーで記念撮影に応じていました。


◆新たなイメキャラ…?

ソール扮する、ロシアの大富豪が突然倒れ、駆けつけたDr.ジョーンズ(芹香)はヨボヨボの老人。

ジョーンズ「私が阪急交通社イメージキャラクターのジョーンズです」
ベネディクト「はぁ??」
ジョーンズ「旅に出るなら、阪急交通社!はい!」

促されたベネディクト、目を白黒。

ジョーンズ「旅に出るなら?!」
ベネディクト「阪急交通社だ!!」

やけっぱちに言い放つベネディクトでした。


◆時間がないんだ!

これはアドリブではなく、ちょっとしたアクシデントを笑いに変えた一コマ。

イエン(秋音光)のヨーヨー技で金庫内の赤外線スイッチを切り、天井から縄梯子を降ろして金庫へ潜入するダニー(真風涼帆)とライナス(和希そら)
秋音くんがサポートし、降ろした縄梯子を床に固定しようとするも上手くいかず、いつもよりタイムオーバー。

ダニー「(ライナスに向かい)急げ、時間がないんだ!」

続いて降りるライナスに、檄を飛ばずダニー。
本気の焦りが伝わり、客席から笑いが沸きました。
(ライナス、とばっちり。可哀想&可愛い…)


◆終演後インタビュー

終演後、幕がもう一度上がり、真風くんとキキちゃん(芹香)が再登場。
司会(達つかさ)の質問に答えました。
ご存知の方も多いと思いますが、達つかささんは寿つかさ組長の実妹です。

司会「ラスベガスへ行かれた事はありますか?」
真風「ありません!」

間髪入れずに即答する真風くん。
行った事ないと答えただけなのに、やたら男前。

芹香「私はさすがに三度も『オーシャンズ11』に出演していますので、もちろん…」

星組(柚希礼音主演)、花組(蘭寿とむ主演)、宙組(真風涼帆主演)…と宝塚歌劇団で最多出演を誇るキキちゃん。

芹香「……ありません!」

会場から、一斉に笑いが沸きました。
真風くん、達さんも受けてる、受けてる。
キキちゃん自身も嬉しそう。

お笑い番長・芹香斗亜の面目躍如。
花組時代は主に、金魚すくいの達人(=フォローの達人)として活躍されていましたが、これが芹香斗亜の本領発揮なのね…!

…それでは、おあとがよろしいようで。

▽通勤通学も阪急でしたよ~
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村