今日は2019年5月12日。

明日海りおが花組トップスターに就任し、6年目の一日目。
満5年+1日です。

昔々…宝塚が4組体制で、東京公演が常時行われていた訳ではなかった頃に比べ、今はお休みが少なく感じられます。
(当時も決して暇ではなかったでしょうけれど)

5組体制になり、東京公演も常時上演、その常時公演の間に外箱公演を挟み…と、常にハードスケジュール。

トップスターは舞台のお休み期間にも、別の仕事が入り、休む暇なし。

みりお様、ハードなトップスターとして5年以上、私達を楽しませる夢の舞台を率先して創り出して下さって、ありがとうございます。

さて、昨日5月11日(土)から、明日海さんの大切で可愛い仲間・鳳月杏主演ディナーショー東京公演がスタート。

サンテグラスを持参したら、より楽しめるそうです。

ディナーショーの内容は、良い意味で阿鼻叫喚みたいですね。

花娘と星娘(元花娘)をはべらかす月男(元花男)の図…には収まらない、ちなつさんならではの目を瞠るショーのようです。

ちなつさんディナーショー初日、花組と月組それぞれのトップスターはじめ、多くのタカラジェンヌや、同期(OG含む)も駆けつけたとか。

月組は公演中だから、見学者は終演後、ショーに間に合うよう頑張って駆けつけたのでしょうね。

明日海さんは一般客として参加された模様…というのも、お食事も召し上がられたそうな。
(ある意味、ぜんっぜん一般人じゃなかろう…)

お食事に供されたデザートは、抹茶ムースの上に載ったチョコが、ピンクのお花と黄色い月。

その脇に(ピンクと黄を混ぜ合わせた)オレンジ色のほおづき(を象ったスイーツ)が添えられていたそうな。

第一ホテル東京さんの細やかなセンスに乾杯!
宝塚ホテルさんにも期待が高まりますね。

あらためて、5月12日について。

明日海さん、トップ就任6年目のおめでとうございます。

『ポーの一族』原作者の萩尾望都先生、お誕生日おめでとうございます。

エドガーを生み出した萩尾先生が、お生まれになられた日。

そのエドガーを三次元で体現した明日海りおが、トップスターに立った日。

5月12日は、明日海ファンと萩尾ファンにとって、ほんにメモリアルな日。

明日海さんも、萩尾先生も好きなワタシ。
今日はケーキ食べるしかない,
(自分の誕生日やクリスマスにも食べないのに)


▽ちなつさん、明日海さん、萩尾先生、おめでとうございます!
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村