毎月10日更新のVISAメッセージ。
明日海りおの愛に溢れた言葉がちりばめられています。

本文は、主に現在上演中の『MESSIAH』と『Beautiful Garden』のこと。

本拠地千秋楽が終わり、東京へ向けてのお稽古でも、舞台本番と同じく熱量の高い仕上がりになったとか。
すごいですね…!

今週末は、東京千秋楽。
楽しみでもあり、怖くもあり……って、良い意味で。
どんな風に大化けしちゃうのかな、花組は?

そして、退団するの仲間のこと。

本拠地公演の千秋楽で、各自が述べた挨拶をさりげなくフィーチャーしてます、明日海さん。

「私が花組へ来た時には、すでに確固たる『天真みちる』というジャンルを確立していた、たそ(天真)」

…といったように。
たそ自身が「タカラジェンヌらしからぬジェンヌ」である己について悩み、己のカラーを打ち出す事で個性を磨き、観客に「おもろいなぁ」と認められ、『天真みちる』という唯一無二の新ジャンルを確立した…と面白おかしく話してくれた挨拶を踏まえてのコメントですね。

あやこさん(新菜かほ)は、一作品の中で様々な役を演じ分ける話を、退団挨拶で触れていらっしゃいましたね。

通し役をなかなか貰えなかった事を、「沢山のお役を演じさせてもらえる」と解釈し、腕を磨き、豊かな表現力の持ち主に成長した新菜さん。
素晴らしいです…!

そして、りほちゃん(桜舞しおん)
りほちゃんは初舞台が月組で、当時まだ月組生だった明日海さんのお手伝いがしたい!と申し出てたんですね。

花組へ組替した時、りほちゃんがいてくれて心強かった、と明日海さん。
明日海さんも嬉しかったろうけど、りほちゃんも嬉しかったはず。

…ってね、昼休みに読んでて、乾きがちな瞳が潤いました。

ありがとう、たそ。
ありがとう、あやこさん。
ありがとう、りほちゃん。
ありがとう、明日海さん。

※(VISAメッセージより抜粋)
この公演では、3人の仲間が卒業していきます。
私が花組にきたときは、すでに天真みちるという確固たる個性を築いていた、タソ(天真みちる)
花組で初めて出演した大劇場公演のショーでも、水兵さんのセーラー服を着る同じ場面に出ていました。
千秋楽のときに、「もう新入りじゃないよ」というタスキをタソが作ってきてくれて、本番でかけたりしたことも。
舞台や芝居にもすごく熱い思いがあり、作品や役で何を見せるのかをいつも考えていました。
下級生のことを考えてあげる正義感の強い人で、いつもみんなを楽しませてくれましたので、いなくなってしまうのは本当に寂しい。
でもタソなら、新たな夢に向かってすごい情熱をもって進んでいくんだろうなと思って応援しています。 

あやこ(新菜かほ)も、心の温かい優しい人。
歌も踊りにも芝居心があって、頼りになる下級生です。
組がいくつかの劇場にわかれて公演するときも、場面の長の役割を担うことも多いのですが、すごくしっかりしていて、彼女がやってくれることで奥行きが出る。
任せて安心だなといつも感じていました。

りほちゃん(桜舞しおん)は、初舞台が月組『THE SCARLET PIMPERNEL』で、そのときにお手伝いをしたいと言ってくれていろいろとやってもらっていました。
花組に組替えになったときは、りほちゃんがいてくれて良かったな、と。
花組でも毎公演、どこかのシーンで必ず着替えを手伝ってくれたりしていました。
穏やかで爽やかな人で、いつもすごく癒やされていました。
初舞台生だった彼女が立派に卒業していくのが誇らしくもあり、寂しくもあります。

退団者を見送るのはいつもとても寂しいですが、精一杯お見送りしたいと思います。 

(抜粋終わり)※

…と毎月、様々な人について触れてますが、その中でも相手役(仙名彩世)と二番手(柚香光)には毎月何かしらコメントを寄せているような。

第三者の立場で読んでても力づけられるのに、当の本人たちは嬉しいだろうなぁ。

言葉にはチカラがありますね。
ほんとうにね。

『どちらが好き?』のコーナーは、秋の味覚とお花について。

みりおちゃんへの質問って、毎月食べ物とお花の二者択一ですな。
食べるの大好き、お花大好きの明日海さんにぴったりな設問ですね。

『栗とさつまいも』

子どもの頃、昔ながらの籠を背負い、お祖父様と栗拾いに出かけたんだとか。

…それ、どこの山里?!
籠を担いで栗拾いする、みり太郎くん……可愛かっただろうなぁ〜!!

…と言いつつ、私もタケノコ掘ってましたけどね。

栗を焼いて食べてたそうです。
ホクホクして、とっても美味しかった、と。

また、お母様のさつまいもの天ぷらが大好きだそうで。

「どちらも美味しくて大好きですが、料理によるかな…」

…という訳で、僅差でさつまいもに軍配が上がりました。

栗もさつまいもも、家族との思い出があって、優劣はつけられませんよね。
素敵なエピソードをごちそう様でした。

『コスモスか、きんもくせいか』

こちらは、迷う事なく金木犀を選んだ明日海さん。

金木犀は、キキちゃん(芹香斗亜)も大好きだと話してましたね。
学校帰りの道を思い出す…と。

阪急交通社の貸切公演のミニ・インタビューで話してて、明日海さんも隣で聞いてはりました。

明日海さんにとっても、金木犀は懐かしい香りだそうです。
ですが、街ではあまり見かけなくなった…とのこと。

明日海さん、花のみちに植わってるんです、金木犀。
かぐわしい香りで気づきました、つい先日。

ですが、ジェンヌさんと音楽学校生は、花のみちは歩けないんですよね…。
「お客様が通る道」と仰って、遠慮されてるので。

いつか、花のみちを通れるようになったら、この季節にいらして下さい。
その日がまだまだ遠いことを祈っています。


▽ブログ村さんのいいね