花組・次回大劇場公演『Messiah ー異聞・天草四郎ー』のポスターと一部配役が発表されました。

出すときは一挙ですな、いつもながら。

『ポーの一族』の時、そのあまりのCG感に、「これ以上はないやろ」と思いました。

しかーし!
今回も驚きのCG感……!
あるいは、少女漫画のような……!

これ、生身の人間なの?
本当に??
しかも、3人もいるんですけど。

明日海りおの麗しさと凄み。
仙名彩世の可憐さと天女感。
柚香光の凛々しさと妖しさ。

宝塚歌劇団って、すごいね……!
日本の文化芸術って、すごいね……!

日本の漫画、特に少女漫画はその繊細で美しい絵と物語性は、世界に誇る文化であり、芸術だと思います。

長らく、日本では評価が低く、サブカルチャーという位置づけですが。
そして、私はサブカル大好物なんですが。

フランスはじめヨーロッパでは、日本に先んじて、日本の漫画を高く評価し、愛好してくれました。

古くは、浮世絵から…。
そう、漫画といえば北斎漫画。

…といっても、現代の漫画とは異なりますが。

絵図による情景描写というか。
コミックではなく、スケッチですね。

緻密で洗練された描線による絵は、浮世絵と漫画に共通しますね。

現代のコミックは、感情を揺さぶるドラマまで備えています。

……と、『漫画』の部分を『宝塚』や『タカラジェンヌ』と入れ替えても、互換性がありますね。

幻想的でいて、透徹した孤独と哀しみを体現した、明日海りお率いる花組生たち。

史実を下敷きにした、Another story(異聞)
ビジュアルを見る限り、期待感が増して来ましたよ…!


▽ブログ村さんのいいね
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村