月組『カンパニー/BADDY』の個別感想です。
ほぼ毎週観劇しながら(B席Love)感想かけてなかったな、と。

個人的に、とても好きな演目です。
ショー・芝居とも、たまちゃぴの代表作の一つとなるでしょう。

…というか、たまちゃぴコンビはハズレなしだけど。

良作を引き寄せる運もあるし、珠城りょうと愛希れいかの相性の良さもあるでしょう。
愛希れいかの退団が、今から惜しまれてなりません。

今の宝塚で一番好きなコンビです。
友達夫婦みたいな、同志愛で結ばれてるような。
お互いに自由で伸びやかでいられる、強い信頼で結ばれているコンビだと感じます。

そんな2人が紡ぎ出す、たまちゃぴ最後のオリジナル新作。

原作があるのに、当て書きにしか見えない、石田昌也先生の脚色・演出『カンパニー』

上田久美子先生が絶大な信頼をおく珠城りょうと、協働を熱望した愛希れいかはじめ、月組生と創り上げた初めてのショー『BADDY』

どちらも、観た後にほんのり胸が温かくなりました。

では、キャスト別感想に移ります。

★珠城りょう

『カンパニー』では製薬会社勤務でヤモメの青柳誠二役。

真面目で誠実な青柳さんは、弱い立場の人を見捨てません。
とばっちりで左遷の憂き目に遭っても、弱音は吐かず。
共に左遷された瀬川由衣(海乃美月)を気遣います。

畑違いのバレエについて学び、難問を乗り越えていく青柳さん。
実は内心、左遷に腐っていたと吐露しましたが、そうは見えませんでした。
自分を制御できる人なんですね。

珠城りょうが演じると、ハマり過ぎて怖いくらい。
珠城さんの持ち味と重なるんですよね。

「気は優しくて力持ち」
「真面目で忍耐強い」
「丈夫で頑丈」
「男は黙って高倉健」

高崎美波(愛希れいか)でなくとも、結婚したくなるよ。
朴訥として、温かみがあって、頼り甲斐があって。
何があっても、繋いだ手を離さずにいてくれる。
約束なんかしなくても、信じられる気がしてなりません。

珠城さんの持ち味とリンクし過ぎて、「実は本名・青柳誠二なのかな?」…と疑いたくなります。

スーツもめっちゃ似合いますが、浴衣がね…!
浴衣姿のたま様、最高…!
男の人が帯を腰の低い位置で巻くじゃないですか。
あのどっしり感、たまりません…!
ほんっと似合う。
ほんっとカッコイイ。
私も、たま様と一緒にはぐれたい。

スーツのポケットあたりで手を拭いてから、美波(ちゃぴ)似合う手を差し出すところも、青柳さんらしくていいですね。

手をつないでからの、さらに美波から積極的にステップアップしていく様子もいいですね。

本公演では、美波は腕に巻きつきます。
新人公演の美波(美園さくら)は恋人繋ぎ。
どちらも微笑ましくて、ほんわか♡

青柳さん、美波ちゃん、お幸せに…!

BADDYは対照的に、悪党なたま様。
宇宙一の大悪党を名乗るわりに、殺人はしません。
喫煙、銀行強盗はするけどね。

しかも、捜査官GOODY(愛希れいか)が自分以外を追いかけ始めた途端、ショックを受けたり。

「なぜ俺を追いかけて来ない?!俺は宇宙一の大悪党なのに…!」

…って、いやはや、可愛すぎるでしょ?
好きな女の子にチョッカイかける男子小学生みたいな感覚ですよ。
さすがピースフル・プラネット地球に於ける大悪党さんですな。

どこかしら、珠城さん本人の人の好さが滲み出てくるのかな。
ユーモラスで憎めないBADDYさんです♡

あっ、でもね!
銀行強盗の場面、タキシードにオールバックのBADDY、激しくトキメキます…!
めっちゃカッコイイ…!

グッディ愛希はじめ、女装したスイートハート(美弥るりか)、ポッキー巡査(月城かなと)と次々デュエットダンスをかましてくれます。

珠城りょう、圧巻の漢っぷりです。

愛希れいか、美弥るりか、月城かなと、暁千星、早乙女わかば、海乃美月らの感想に続きます。

書ける限り、書き倒したい…!
みんな素晴らしかったので。


▽ぶろぐ村さんのいいね
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村