12月6日(水)FNS歌謡祭に、真風涼帆率いる新生宙組が出演。

今春、珠城りょうの新生月組が出演した『FNSうたの春まつり』では、最後の最後に出演でした。

今回は、オープニングから登場。
『諸人こぞりて』を歌う真風さんの両隣には、星風まどか、そして芹香斗亜の姿が。
まどかちゃんとキキちゃんは、真風くんに合わせて歌います。

さらに、愛月ひかる、澄輝さやと、蒼羽りく、桜木みなと、和希そら…といった面々が。
こちらは、歌に合わせてダンス。

次いで、郷ひろみ登場。
『ママがサンタにキッスした』を歌うバックで踊る宙組さん達。
そして、芹香斗亜が郷ひろみとデュエット。

キキちゃん、郷ひろみの邪魔をしない歌い方をしていた気がします。
歌唱力アップしてるキキちゃん、抑えた歌唱に配慮を感じました。

『ラスト・クリスマス』は、コラボした歌手の皆さんと、真風さん&まどかちゃんが唱和。

他の女性歌手より、まどかちゃんの方が背が高かったです。
小柄なイメージがありますが、すっきりした印象。
小顔さんですしね。
他の女性歌手たちに、慈愛あふれる笑顔を向けていて。
クリスマスソングに相応しく、マリア様のようでした。

そして、真風さんは他のどの男性歌手より長身でハンサムでした。
引きでも、アップでも…どんなカメラアングルでも、真風が一番男前でしたよ…!

真風くんとまどかちゃんのデュエットダンスは安定感抜群でした。
他の男役さんと娘役さんも含め、デュエットダンスはため息モノでしたね。

テレビですし、舞台メイクではなく、ナチュラルメイクでも充分イケメン&美人に映ったどんな思うなぁ。
テレビ出演の際、メイクの加減は、誰が決めるのかな?

水夏希さん率いる AQUA5が地上波の歌番組に出られた際は、素化粧だった記憶があります。
メンバー全員がとても綺麗でシュッとしてて、印象に残っています。
白っぽいスーツに統一されてたのも素敵でした。
セットはシンプルで、水色っぽいイメージが。
化粧品のCMみたいでした、本当に。
美しく爽やかなイメージが、今も脳裡に焼きついています。

さて、話を2017年に戻しましょう。
ミッチーこと及川光博とのコラボレーションも、セクシーなメンズ対決。

ミッチーはエンターティナーであると同時に、子どもの頃から宝塚観劇してきた筋金入り。
宝塚の男役に対するニーズに合わせたファンサをしてましたね。

ウィンクや投げキッスをバリバリ飛ばしてました、ミッチー。
王子様を名乗ってたころの昔のミッチーならともかく、テレビでは久々では?
ライブではやってるかも、ですが。
宝塚仕様な気がします、ミッチーなりの。

ご存知の方も多いですが、ミッチーの奥様は元・トップ娘役の檀れい。
檀さんは、宙組『王家に捧ぐ歌』再演の際、前夜祭に出席されてました。
真風くんら、宙組生はその時にお会いしてるはず。

「ごはんは、しっかり食べるのよ!」

とアドバイスしていた檀さん。
開演前、必ず卵かけご飯を召し上がってたとか。
(すみれキッチンでお願いしてたのかな)
あの時以来、私は卵かけご飯を見ると、檀れいを思い出します。

ミッチーと真風くんの『勝手にしやがれ』は、ミッチーは花組のジョースターみたいで、真風くんがリアル男子のようなパフォーマンスでした。

ミッチーのサービス精神と、真風くんのリアルイケメンぶりの素敵なコラボレーション。
この組み合わせ、よく考えてくれたよね、フジテレビさん。

余談ですが、昨夜、私にLINEをくれた方々の話題は、明日海さんと高翔組長の稽古場情報に集中。
ブレない花担、ブレない明日海ファン。
……さすがっす…!
AD